« ジャカランダを育てる 10 | トップページ | しだれ桜@六義園 »

2010年3月24日 (水)

アズマイチゲとキクザキイチゲ@高尾山日影沢

昨日は、裏高尾の日影沢で、春植物(スプリングエフェメラル)を見てきました。またまたかわいい植物にたくさん出会えて興奮しまくった一日でした。高尾の駅は、バスで日影に向かう人であふれてました。

セツブンソウを見に行った時に、まだ蕾だったアズマイチゲもたくさん咲いてました。わー、見れた見れた!

Rimg01311

学名:Anemone raddeana キンポウゲ科イチリンソウ属
和名:アズマイチゲ(東一華)
多年草

アズマイチゲって、「東一華」って書くんですね。高貴なイメージに変わりました。

北海道~四国・九州の山地や山麓の日当たりの良い場所に生育する。高さは15cmほど。花期は3~5月。直径3cmほどの白い萼片を持つ花をつける。春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種。(ウイキペディアより)

Rimg0035 Rimg0037_2

Rimg0132

「あらぁ!キクザキイチゲも咲いてるわ~!」という声がそばで聞こえて・・・むむっ、菊咲きっていうのもあるのね~~どれどれ??なんせ、私は日本の植物は超初心者。この講座の方たちは素晴らしい植物オタクの先生ばかりなので、私の耳はいつもダンボちゃんの耳~~笑 

Rimg00671

学名:Anemone pseudoaltaica キンポウゲ科イチリンソウ属
和名:キクザキイチゲ(菊咲一華)
多年草

おー、綺麗じゃないですかーー!どこがどう違うの~~??

よーく見ると、葉っぱの形が違う。キクザキイチゲの方が切れ込みが深いですね。先がとんがっているし・・・

アズマイチゲの葉は、丸みを帯びてて、先が三つに分かれてるのが多かったみたい。

Rimg01231
アズマイチゲ

パッと見るととても似ているけれど、よーく覗いてみると花のお顔はこんなに違ってました。

Rimg00371_2 Rimg0044_2 
アズマイチゲ               キクザキイチゲ

帰って、家でパソコンを覗き込んで発見したお顔でした!実物は小さくて小さくて、それに初めてこんなに咲いてるとこに行ったから、ゆっくり覗き込む余裕なんてなかった・・・老眼だしね~~笑 本当はルーペを忘れてった~~

では

*********     

 

|

« ジャカランダを育てる 10 | トップページ | しだれ桜@六義園 »

e3植物・草本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。