« 皇居東御苑さんぽ | トップページ | 皇居東御苑さんぽ その3 »

2010年4月 3日 (土)

皇居東御苑さんぽ その2

皇居東御苑さんぽの続きです♪

大芝生広場周辺の桜を堪能したあと、「雑木林に行かなくちゃね~」というハルさんに案内され、二の丸雑木林に向かいました。皇居の中に雑木林があったとは・・・知らなかった。

Rimg0110_2 Rimg0111

江戸時代、ここには、二の丸御殿があり、火事での焼失と再建を繰り返していましたが、江戸城開城の直前(1867年)に、ついに全焼してしまったそうです。二の丸御殿といえば、4代将軍家綱が幼少の折、竹千代の頃ここに住んでいたんですって・・・!

東御苑開園(昭和43年)以来、ここには大きな芝生庭園が二つありましたが、昭和天皇のご発意により、武蔵野林(雑木林)を造ろうと、昭和58年からと平成14年からと2期に渡り、多くの落葉樹や下草が植えられて、雑木林が造られました。

昭和天皇は、自然の素晴らしさをよくご理解されてたんですね。植物好きの昭和天皇らしいご発想ですね。

Rimg0091

ここが丸の内のオフィスビル群のすぐ傍だなんて。。。あっという間にコンクリートの世界なんて忘れてしまって、心はすっかり武蔵野にタイムスリップしてました。すみれがかわいい・・・

Rimg0119_2

咲いていたのはタチツボスミレ。ふだん一番よく目にするスミレ。丸っこいハート形の葉っぱと立ち上がって咲く花が特徴。

Rimg0092_2

スミレの顔、覗いたことあります?雌しべが面白い。ね。なんか変。変なんていったらいけないわ。個性的~!

中央にある白いのは雌しべの花柱で、その周りを黄褐色の葯をつけた5個の雄しべが囲んでいるんですね♪

Rimg0101_2

やったぁ!お初のイカリソウに出会えましたぁ 

踏みつぶされないよう、小枝で保護されてました♪

Rimg0089

Rimg0086 イカリソウ

名前は花弁が船の錨の形に似てるから。

あー、なんてかわいぃ春植物たち。。。

Rimg0112

あのね、もうひとつ面白いものがあるの~~

何?何?

それはね・・・

ふふ、明日に続く

あっ、ついでに雑木林のそばに、こんな皇居らしいものが・・・

Rimg0107_2

皇居正門石橋旧飾電燈です。

では

********

|

« 皇居東御苑さんぽ | トップページ | 皇居東御苑さんぽ その3 »

e3植物・草本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。