« 祭田の藤 | トップページ | これもまた先祖返り? »

2010年5月23日 (日)

コバケンと亜矢乃さん

父の病院通いを姉に託して、久しぶりにオーケストラの演奏を聴きに行ってきましたnotes

コバケンこと小林研一郎指揮日本フィルハーモニー。そしてコバケンの娘の亜矢乃さんのピアノshine 今年はショパン生誕200周年で色々な演奏会が開かれていますね。

コバケンのトーク付きの演奏会。曲目をわかりやすく説明してもらいながらの、演奏会はとても好感が持てました。小林研一郎氏って、謙虚で繊細・・・とても感性豊かな方ですね。指揮者だから当たり前です。はい。。。coldsweats01 繊細な人に会えると嬉しくて、心がワクワクしてきます。

ラッキーなことには、娘の亜矢乃さんのピアノ演奏は、ちょうど手が見れる位置で楽しめました。

柔らかいしなやかさが、とても印象的でした。

帰ってから、一人でピアノ演奏を終える時の手の動きを真似てみた!~~笑

どうも駄目だわ~~笑

でも、あのしなやかさには惚れ惚れ~~

刺激になりました!

私も時々思い出しては、しなやかさを意識してみようーー

そう思ったとてもいい一日でした♪

いつもいい流れの中にいるには、

しなやかな心持ちが大切ですものね♪

グリーグのピアノ協奏曲が良かった。

心の高まりを感じられる瞬間ほど、幸せな時はありません。

炎のコバケンのHPです。http://www.it-japan.co.jp/kobaken/

では

********

|

« 祭田の藤 | トップページ | これもまた先祖返り? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祭田の藤 | トップページ | これもまた先祖返り? »