« 日本でローヘイ! | トップページ | 水仙の香りに包まれて@嵯峨山 2 »

2011年1月18日 (火)

水仙の香りに包まれて@嵯峨山 1

Rimg08451
2011.01.12

何て気持ちのいい一日だったのでしょう~!

むせかえるほどの水仙の香りに包まれて、大満足な一日でした。

朝東京を7時半発の「さざなみ1号」に乗り込み、目指すは千葉県内房・木更津をさらに南下した保田(ほた)という駅。

Map_chiba

あまり房総半島に行ったことがないので、行く前に地図を眺め、ほほー、保田ってここなのね。。。こんなところに行くのね~と、確認。 最近,南房総の鋸南町の水仙ロードの特集をテレビでよくやっていますね~。その水仙ロードで有名な保田駅(ほたえき)です。

でも、私達の目的地は水仙ロードではなく、そこはタクシーで飛ばして、目指すは保田と富津の境にある嵯峨山。日本でも有数の水仙が見れるコース。上の方まで水仙が見れる300mほどの山です。水仙の状態はいいかな~?

Rimg0841
駅舎の看板のかわいいこと。

タクシーに乗ってる間も、右に左に水仙があっちにもこっちにも・・・思わずニンマリ♪これは期待できるかも・・・笑 「ここって、のこぎりみなみまち(鋸南町)ていうんですか?」と聞いたら、一緒に乗ってる仲間に笑われてしまいました。「きょなんちょうだよ~~」ですってだって、知らない名前を聞くときは、まず素直に訓読みしません??へへ

さて、小保田のバスの停留所を左折し、山の中に入って行って駐車場でタクシーはSTOP。わぁ~、水仙の園だ~~朝の空気は気持ちいい~それにそれに、何ていい香りなの~水仙の香も朝はさわやかだわ~

ここの水仙は観光用に植えられた水仙でなく、水仙の畑なのがいいですね。売るために栽培している畑なのです。

Rimg08461Rimg0868  Rimg08551 Rimg0843

看板に従って、さあ、出発!

Rimg08921

あらー、梅も咲いてて和やかな空気でいいな。

Rimg0897

水仙を掻き分けて、進むと水仙畑が広がっていて・・・

Rimg09182

さらに進むと、またまた水仙畑が続く・・・目の前に次々と現れる水仙畑に感嘆の声があがる 「わぉ~~!」

畑の表情がそれぞれ違うの~

Rimg1092

そりゃもう必死でパチパチとシャッターを切ったけど・・・帰ってPCで見てみると、あの美しさのかけらほども表わせていない写真にがっかり。。。

カメラのせいか、腕のせいか・・・どっちもに決まってるじゃん でも自然の姿に勝るものは無しですね。心に残しとくのが一番。ですね。。。

Rimg0939 Rimg0940

途中、この分岐点から登りが激しくなりましたが、どうにか水仙ピークへ 

Rimg09461

水仙ピーク 見降ろすと下の方まで水仙が続いています♪

Rimg09492 Rimg0951_2

斜面は急で覗き込むのが結構怖い~  ↑何気なく木を持っているのではないの 必死で滑り落ちない様に木への依存度大です^^(satokoだよ^^)

Rimg09451_2

遠く伊豆半島まで見えました♪

Rimg0884 麓から見た水仙ピーク(一番高いところ)

この水仙ピーク辺りでカンアオイがあっちこっちに! satokoさんが「なんじゃこの子は~?初めて見た!」と喜んでました。わかるわかる!初めて見た時はね~ 変わった子だよね。

Rimg0959 Rimg0965

ここでカンアオイについて学んで、頂上へ

Rimg0977 Rimg0955
フレッシュなカンアオイは紫色                        そばにはヒガンバナ

頂上まで、あと15分か~ 頑張ろう! 

Rimg0981

ヨッシャー、 登頂NO.6 嵯峨山(315.49m) 登ったよ~!

続く~~

では

*********

|

« 日本でローヘイ! | トップページ | 水仙の香りに包まれて@嵯峨山 2 »

e3植物・草本」カテゴリの記事

c山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。