« 水仙の香りに包まれて@嵯峨山 1 | トップページ | 水仙の香りに包まれて@嵯峨山 番外編 »

2011年1月19日 (水)

水仙の香りに包まれて@嵯峨山 2

昨日の続き

嵯峨山頂上でお弁当。T先生の入れて下さったコーヒーがめちゃくちゃ美味しい。丁寧にドリップされたコーヒー 写真を撮ればよかったな・・・残念 山で食べると何でもおいしいけれど、先生の心配りのコーヒーの味は最高。。。ホント感謝です。

この日の山歩きはT先生のボタハイ(ボタニック・ハイキング)でした。ちなみに、先生のブログはこちら。私の長っちいブログと違って簡潔に書かれています。笑 先生のブログの一番下の水仙の花の写真が大好きです。 ちなみに先生のブログに「げそ大根」の写真が!!! 是非ご覧あれ!!!

Rimg09861

頂上からは東京湾の見晴らしがGOOD。

T先生は、植物写真家なので写真もゆっくり撮れて嬉しい。今のところ、まだ歩くのに必死なので一眼レフどころじゃないですが、そのうち頑張ってみるぞ!でも、現実は右膝が今でも痛い。とほっ!

さてさて、白い水仙を撮るのは難しい・・・いつもながら数撮りゃ当る作戦でパチパチ撮りまくったけれど・・・けれど・・・けれど・・・うーmmmmm

山を降りていく途中には、釜ケ谷という集落があり、みかん畑と水仙のコントラストがとてもいい感じだったのに。。。。。ま、これから少しずつ頑張りまする。

Rimg10451_3 Rimg1016
                                  ↑氷が張ってます~

水仙の真ん中の副花冠(中心にある筒状の部分)の黄色が、みかんの黄色と重なって、白と黄色の世界がなかなかいい。

Rimg0996 Rimg10122

このミカンが食べたかった。八朔かな~? 

そういえば、水仙の真ん中の黄色い部分、触ったことがなかったな・・・と、触って見ると、

ありゃ、ゴムみたい!

この感触は・・・あれだわ~ガガイモ科の花のGiant Milkweed 学名:Calotropis gigantea・・・タイとかでよく首飾りになっている花と同じ感触だ~~あー懐かしい感触!

Calotropis_gigantea1_2 Rimg0369_2

これこれ、プーケっトで貰ったウエルカム・ネックレス。色は違うけど、左の花の中心部分でネックレスを作ります。

ーーーーーーーーーー

話は戻って・・・水仙の黄色い部分、へー、こんなに硬かったのねー。筒みたいなのからたくさんの花が顔を出すし、出てきた花は突然横を向くし、雄しべ、雌しべを守るように硬い副花冠を持っているし、雄しべ6本は上下3本ずつ二段構えだし、おまえさんなかなか守りが堅いねぇ。といいたい。面白いですよね。。花は近くに固まってるしね。虫さんに寄ってもらう効率もいいですよね。

Rimg1024

学名:Narcissus tazetta var. chinensis ヒガンバナ科 スイセン属
一般名:ニホンズイセン
原産国:地中海沿岸
花期:12月から翌2月まで

日本には中国から球根が海を渡ってきたと言われています。耐寒性多年草、球根で増えます。全草、特に球根に毒があります。にらと間違えて食べた~とかいうニュース聞きますね。そういえば、茎って見えませんね。筒の中~~今度切って見よう!

Rimg10357 Rimg1040
後ろ姿                        横顔

Rimg11244

Rimg08783

また水仙畑を眺めながら、るんるんで下山。ホントはステッキに頼って、ヨロヨロ~~笑 朝はさわやかだった香りもむせかえる程の強烈な甘い香りに変化していました♪ お強い香りもまたいいわね~~

Rimg1133

青い空に月が・・・ 見えます?

あー、水仙堪能しました。

大満足でしたぁー!

でも、我らの旅はそれでは終わらず、食事だよーー!

先生はわれらの為にお土産の新鮮な水仙を求めて走る、走る~~

先生、感謝です~~

お陰さまで、その水仙が我が家のリビングでいい匂い 母がとても喜んでました。

では

**********

|

« 水仙の香りに包まれて@嵯峨山 1 | トップページ | 水仙の香りに包まれて@嵯峨山 番外編 »

e3植物・草本」カテゴリの記事

hグルメ」カテゴリの記事

c山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。