« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

梅の花咲く里山歩き@曽我山 2

Rimg07281_3

昨日の梅の里山歩きの続きです。梅じゃ~ 梅じゃ~ 去年の二月中旬は河津桜~~って叫んでたけど、今年は梅じゃ~~ 

日本人の生活に必要不可欠な梅ちゃんがいいわ!

さあ、梅の山(浅間山)の頂上から尾根を少しばかり歩き、次の山、不動山の頂上へ。

Rimg08841
やったー!登頂NO.10 不動山327.7m

ここで、三角点が割れてるとか話題になったけれど、たまたま目にしたHPによると、ここの三角点は横倒しになって埋まっているそうなので、この割れた三角点と思ったのは、もしかしたら外国人遊歩規程標石の蓋石だったんじゃないかな?ここには、外国人遊歩規定標石NO.44があります。

知ってれば、皆で掘り起こしてみれば面白かったかもしれませんね。外国人遊歩規定標石については、こちらへ。

Rimg08863

スケッチがしたい!と思う風景に出合いました。 ここです。不動山から少し下ったところ。まるで安野光雅さんの絵みたい!

左側には、大磯、二宮の風景が広がっています♪

Rimg08982_2

気持ちいい風景で、心踊るsatokoさま~~ルンルン気分で歩いておりまする・・・笑

Rimg09042_2

なにげなく置かれたミツバチの箱 みかんの蜂蜜かな?

Rimg0909六本松到着

ぽかぽか陽気ですっかり春気分♪ そういえば、久しぶりに寒い~!と感じずに歩いた山歩きでした。

下ってきたところに、懐かしい二宮尊徳の銅像が・・・ホント懐かしい!私達の世代はどこの小学校にもありました。私も必死で勉強して、二宮尊徳の様に偉くなりたいと、素直~に思ったものでございます。偉くはならなかったけど、二宮にはなっちゃいましたがね~~笑

Rimg0914 Rimg0915
二宮尊徳(我が家のご先祖様~パパさんのワーカホリックはこのお方のお陰???)の遺髪塚です。

さあ、歩くのもそろそろ終わりかな?と思った瞬間、目に留まったのがこの看板。

Rimg0927

 わぉ!買って帰りたい!!!

Rimg09172_2 Rimg09182

ガラス越しに撮ったけど、白い花がかわいいイチゴちゃん。紅ほっぺは600円。うーん、高いから一番安い400円のにしましたが、味はVERY GOOD!!!

Rimg0922_3

私達がお客を呼んだのか、次のグループまでやってきて、直売所は人だかりになっちゃいました♪

   

オーナーのおじさんいわく、昨日杉浦太陽が来たんだよ!

「キッチンが走る」NHKでやってますよね。3月11日に、ここが放映されるらしいです!いちご以外の食材は何かな?料理人は誰かな?

この番組で活躍中の太陽くん。奥さまが怖いそうで、家に入る前に、男のプライドをいったん外に置いてから入るんだそうですよ。素直そうな性格の太陽くん、頑張れ!

NHKだから、シンガでも見れますね~~

Rimg09211

ビニールハウス横の道路脇には枝垂れ梅が綺麗!あと一週間で満開かな?

帰り、トイレ目的で曽我梅林にも立ち寄ってきました。が、観梅よりアイスクリームに惹かれて梅の印象はいまいち。だって、山でいい梅林見たもんで・・・梅アイスクリームの味は、この間の千葉の琵琶ソフトのように実の粒々が入っていて美味美味~~。

Rimg0930_2 Rimg09311
梅とミルクのアイス♪ 小田原牧場のアイス工房です♪

梅のアイスは、超うめ~~~~!!!笑

ということで 、ちゃんちゃん!

では

*********

| | コメント (0)

2011年2月26日 (土)

梅の花咲く里山歩き@曽我山 1

小田原市の北東にある曽我梅林近くの曽我山をのーんびり歩いてきました。

Rimg07001

富士山が何て綺麗なの~~ 暖かい散策日和です

上曽我から林道を登り、まず浅間山→不動山→六本松→下曽我へ下る。ゆっくり歩いて約2時間半の行程。先生は犬の散歩道って言ってらっしゃたので、気楽な感じ~~ 春の気配を楽しみましょう。

歩き始めると梅の枝の剪定をしているおじさんに出会いました。

Rimg0711

梅の木、太い枝から上に向かってたくさんの新しいシュートがびゅんびゅんと出ています。

「おじさん!全部切っちゃうんですか?」

お仕事中すみません。うるさいのがいっぱい来ました!笑

「全部じゃないよ!切るのと切らないのとちゃんと考えて切ってるんだよ。」「この細い枝の先を切ると来年ここに芽が出て、実がなるんだよ!。」 

実際に切りながら、教えて下さいました。

おじさんの頭の中は4Dの世界なんだよね。来年、再来年の姿がちゃんとイメージされてるんだよ! 横でsatokoさんが言ってました。バラに凝ってる彼女は、バラの剪定の仕方と同じだと納得したらしい・・・妙にうきうきしてたわ~~

「まめに切らないと実が出来ないからね。これは十郎梅だよ。」

この辺りで有名なのは、十郎梅。主に梅干し用の梅です。

Rimg07201_3   

Rimg07231

萼の赤い色が目につく、雅な梅ですね♪

十郎梅とは・・・

神奈川県農業試験場(現在の園芸試験場)が在来実生種の中から選び開発したものに、小田原市梅研究会が1960年、曽我物語の主人公・曽我五郎・十郎兄弟にちなんで命名した。去年は50周年だったのね^^。

十郎梅は花粉がまったくないため、梅郷(ばいごう)など花粉の多い品種を受粉樹として栽培するんだそうです。へー、そうなんだ。

Rimg07124

後ろには梅の林が広がっています♪ ここに一日中座っていても飽きない景色だわ~。日本人の心のふるさとですね。あー、ルンルン気分は高まってきました!笑

Rimg0737_2

途中のお店で、梅肉と金柑とゆずをお買い上げ~~安いの~今から歩くんじゃなかったら、みかんも買いたかった!だって、一袋100円だって!

今年はどうも金柑にはまってます!この間、近くのお店で急いでた時、ふと179円っていうのが目に止まったの。179円とは安い!と思って、お金払おうと思ったら、580円だって言われて・・・あちゃー、100gの値段だったのね~~ 急いでたから、しゃーない!高いと思いつつ買ったのね~~おいしかったからいいけど・・・

それなのに、ここは一袋200円ですって!帰って、もの凄い勢いで食べちゃった!笑  梅肉も200円でGOOD!

Rimg07461

宗我神社でお参りして・・・さあ、登り始め~ 両脇にきちんと梅の花が生けてあります。いいな。

Rimg0754_2

登り始めのこの景色にまず感動!

箱根の山並みです。

神奈川50選に入る景色です♪ 左の二つ並んだ山は双子山。貴重な動植物、調査保護のため、一般者の立ち入りは禁止されている特別保護区なんですって

Rimg08672 Rimg08583

梅の実を採るための梅の林が頂上まで続いていて、ほんのり梅の香りが・・・

Rimg07811 

みかんの畑も続いていて、みかんの香りが・・・

Rimg07841_2 Rimg0736
レモンもあったよ!                  こっちは、はまってる金柑です♪

あー、目がキョロキョロの楽しい里山歩きでした♪ 実りっていいですね。

浅間山頂上付近で梅見しながらランチ。浅間山頂上、電波塔裏にはこんな塔がありました。

Rimg0882_2 Rimg0879
仙元塔 1864年建立  

登頂NO.9 浅間山(曽我山)316m

Rimg0874_2

山のお昼はおいしいぃっぃ。 先生が怪我でお昼のお味噌汁は残念ながら無し。先生早く、怪我が完治するとでいいですね。

フレーフレー!さむ先生!

この頃 ブログが一回で終わらぬ・・・私って、好きね!というより、盛りだくさんの楽しい山歩きなんです。

さあ、夕ご飯の準備しなくちゃ~~ 

では続く

********

 

 

 

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

春みーつけた!

Rimg0800

小田原の曽我梅林近くの曽我山を歩いてきました。もちろん梅を堪能して来ましたが、その他にもかわいい春がいっぱいでした♪

オオイヌノフグリはいつ見ても可愛過ぎ~~♪

こやつ、別にピッタリの名前を持っているんですよ。

それは、ホシノヒトミ「星の瞳」 いい名前でしょ。

他に、ルリカラクサ「瑠璃唐草」

どっちもいい名前だなー どっちがいいかな~?なんて考えても仕方ない・・・定着しすぎの名前、オオイヌノフグリですよね。人間って酷なとこがある。。。変な名前ほど愛されるんですもの。

Rimg08176_2

学名 Veronica persica ゴマノハグサ科 越年草
ヨーロッパからの帰化植物 

花言葉は 「清らか」「信頼」「誠実」

どうして、こんな名前がついたかは、牧野富太郎氏が悪いのよ^^ この花の近縁種であるイヌノフグリの実が犬の陰嚢に似てるから、牧野富太郎先生がそう名前を付けたの。イヌノフグリより大きな花だから、オオイヌノフグリなのね。。。

オオイヌノフグリの実は、イヌノフグリの実ほど大きくないのですよ。それなのに・・・誤解を生むってやつですね。かわいそうに・・・

それにしても、昨今かわいいピンクの花のイヌノフグリは見ないな。。。絶滅危惧種になってますね。

Rimg08181_2

カラスノエンドウのピンクの花が加わると、もっと賑やかになりそうですね。もうあと一週間かな~~今年は寒かったから、去年より遅い春。。。暖かい日が待ち遠しいっ!

Rimg0824

ふきのとうの花も咲いてた。

Rimg08271

春よ!早く来ておくれ!

私は寒いのは嫌なのじゃ~ 笑

では

*******

 

| | コメント (2)

2011年2月22日 (火)

エクゾティックプランツ訪問 5

Rimg05461

学名:Tetradenia riparia( = Iboza riparia ) シソ科テトラデニア属
一般名:Jinger Bush  吹雪花(フブキバナ)
原産地:南アフリカ・ナタール 分布は南~中央アフリカ
非耐寒性・多年性低木
雌雄異株

エクゾティックプランツの温室の中で、熱帯では珍しい、こんな優しい姿の花が目に飛び込んできました。初めて見ます。

「これ何ですか?」

「吹雪花(フブキバナ)です。」

へー、イメージそのまんまの名前ですこと。

ひとつひとつの花がかわいかったから、

写真に撮りたかったけど・・・

時間がなかった。

仕方ないので、撮った写真を頑張って拡大してみると、、、

Rimg0545

こんな花です♪

ネットで探してみると、沖縄で綺麗に咲いている写真がありました♪こんなにボリューミーに咲くんだぁ^^ 

沖縄熱帯果樹http://blogs.yahoo.co.jp/koraruhamu/50356079.html

花期が終わると、散った花びらで雪が積もったようになる光景は綺麗でしょうね。

ハルさんが花の写真送ってくれました。ありがとーー!

おー!雌しべが紫だぁ。

Tetradenia_riparia__3_

ーーーーーー

こんな優しい表情の花が好きです♪

何度も何度も同じことを聞く母に、時々冷たくなる自分がいる・・・

母の聞く頻度も数段レベルアップ

ついさっきも聞いたでしょ!ときつく言ってしまう。。。

あっ、また言っちゃった・・・

もっと優しくなれればいいのに・・・

自分でそう思ってるから、

余計に優しい花に惹かれるこの頃なのかも・・・笑

花に力を借りましょう。

では

*********

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

エクゾティックプランツ訪問 4

Rimg0565_2

学名:Sida fallax  アオイ科キンゴジカ属・常緑小低木
一般名:イリマ Ilima
原産地:ハワイ諸島

今日は布哇のお花の話。

布哇って読めた?

漢字で書くハワイなんですよ!

ーーーーー

黄色いかわいい花が目についた。

かわいい~!というと、尾崎さんいわく、

「これはハワイのオアフ島の花ですね。 レイに使われる花です♪」

「へ~、レイに使われるんだぁ。」とは思ったものの、この薄い花弁の花がレイになるって?!プルメリアとか蘭とかなら、レイがすぐに頭に浮かぶんだけど・・・どんなレイだろう?なんて思いながら帰りました。

ハワイの島々にはそれぞれの色があって、オアフ島の色は黄色。それはこのイリマの花の黄色から来ています。

ハワイは何故か縁遠くて、もう30年近く前にアメリカからの帰りに立ち寄った時から行ってません。大好きな島な筈なのに、縁が無かった。。。このところ、妙にハワイ島が呼んでる気がするわ~~そろそろ行きたいな。

植物に興味が湧いたから、きっとまた違うハワイの表情を感じ取れるかもしれません。スピリチュアルな島ハワイ島が呼んでる~~。

そういえば、昔行った時、マウイ島でパパさんがウインドサーフィンしてて戻ってこれなくて、救助隊が飛んでったの~~ふふ、懐かしいずっこけた思い出です♪若い時は色んな無茶なことしたな。笑

*****

イリマのレイって、どんなレイ???

調べてみました。

その結果、あー、あのレイなのね~~ 誰しも知ってるレイですよ、きっと。ハワイらしいレイですね。

イリマのレイは、昔は「王族のレイ」と呼ばれ、上流階級の間で伝統的な贈り物として親しまれていたレイですって。花びらがとても薄いので、一重のレイを作るのに 700枚もの花びらが必要とか・・・花びらを摘むところから気持ちの入った豪華なレイですね♪イルマのレイには 「あなたを誇りに思う」 という意味が込められているとのことです。

どんなレイか興味湧いた方はこちらをクリックして下さいね。いろんなレイが見れますよ^^http://www.visit-oahu.jp/themes/lei.php

イリマは、ほとんどは1.5m以下の低木。ハワイでは海岸線で地を這うように広がっているのが、よく見られるそうです。花びらの色は、時間とともに変化し、黄色→黄金色→橙色→赤になります。花径約3cm。

青い空に黄色のイリマの花は映えそうですね。

ハワイでイリマを見よう~~

また、ひとつ楽しみが増えました。

では

********

| | コメント (2)

2011年2月18日 (金)

エクゾティックプランツ訪問 3

Rimg0552_2
学名:Vigna caracalla ビグナ・カラカラ  マメ科ササゲ属
英名:スネイルフラワー スネイルヴァイン
原産地:南アメリカ

名前はスネイルフラワー。

araさんが、あっ、テレビで見た~!って言ってました。

名前の由来は、中心に向かって、くるくるっと巻いていてスネイル(かたつむり)に似ているから。どうも私には耳の形に見えるけど・・・それじゃぁ、優雅じゃないか 気持ち悪くなってくる?笑

日耐寒性多年草の蔓植物。

冬越しにはは8度以上必要で、室内に入れないといけないですが、夏の緑のカーテンには良さそうですね。

ちょっと変わった豆の花~ですね♪

Rimg0551

変わったやつは気になるたちで・・・笑 今回初めてだたったけど、しっかり覚えました! シンガポールでは見なかったな・・・いくらでも育ちそうなのに・・・

Rimg0561_2 Rimg0562

南国らしい花アブチロンもハイビスカスの類もいっぱい~

Rimg0560

アブチロン属はアオイ科の一つの属で、熱帯から亜熱帯に100種程度が分布。総称してショウジョウカ(猩猩花)と呼ばれることがあります。

エクゾティックプランツ・アブチロンのHPはこちらhttp://www.exoticplants.co.jp/Abutilon/Abutilon_framepage.html

アブチロンのコーナーは花盛りで綺麗でした!

では

もうちょっと続く 

**********

| | コメント (1)

2011年2月16日 (水)

エクゾティックプランツ訪問 2

エクゾティックプランツでは、たくさんの熱帯植物があるので~、歩いて見るのに忙しくて、ゆっくり写真は撮れませんでした。

でも、少しですが見て下さいね♪

Rimg05441

これが綺麗でしたぁ。

斑入りのツンベルギア。日本でも、色々な植物園の温室で、必ずと言っていいほどツンベルギアは見ることが出来ます。でも、斑入りのものは初めて!印象的でした!

Rimg05444

Rimg0490

シンガポールではよく目にしたスタッグスホーンファーン。日本ではビカクシダとか、葉が鹿の角ではなくコウモリの羽に似てると思う人もいるようで、コウモリランともよばれていますね♪ どうして蘭?と思っちゃいますが・・・このところ日本でも評判らしいですよ。観葉植物のお店で意外に売れるとか・・・

この植物については、前に書いた記事 

鹿の角の様なシダhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_7748.htmlを見て下さいね♪

Rimg04762 Rimg04771

これはジャスミン。それも素敵な名前。エンジェルウイング・ジャスミンだそうです。とても甘い香りで、お気に入り~~!!!普通のジャスミンじゃないぞ! 買って帰りました。育てるのが楽しみ!

Rimg04811

これも懐かしいミズレンブ。見た目ほど甘くはないんだけど、つい食べちゃいます!ミズレンブ。これもプーケットで懐かしい思い出があります♪

ミズレンブ@プーケットの記事もどうぞ。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/atv_f11a_1.html

私の好きなトケイソウはざくざく種類がありましたよ。よく見たアカバナトケイソウやクダモノトケイソウ(パッションフルーツ)やもろもろ・・・その種類はエクゾティックプランツのHPのトケイソウのところを見て頂ければわかります。

Rimg0456 Rimg0452

花は咲いてなかったけれど、私が買って帰ったのは、日本では珍しいキミノトケイソウ。ミズレモンとかウォーターレモンとか言います。パッションフルーツの黄色版で甘いんですよ。糖度16度ですって (^_^)ニコニコ 

前にケントリッジパーク(シンガポール)で見た写真を載せますね♪

Rimg0046_2

さすがにシンガで写した写真は太陽の光が綺麗で写りがいいですね。シンガポールの光を感じる・・・暑っそう!!!笑

キミノトケイソウの記事もどうぞ。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_d5bc.html

もしや、あなたさま、パッションフルーツを知らぬ??それならこちらを!

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_57e5.html

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_0d50.html

あー、昔の記事を読んでたら、懐かしくて!美味しそうで!よだれが・・・・・・笑

あー、極楽の様な世界にいたのですね。シンガに今いる皆さん!悔いのないよう果物を!南国の果物を食べまくって帰ってきて下さいね!日本じゃ、めちゃ高くて手が出ません。いちごだって高くて食べれんのよ~~~

そういえば、ピンクバナナと言うのがありました。矮性なのでちっちゃいのですが、雪が降るようなところでも地植えでOKなんですって! うちのマンションの庭に植えちゃおうかな!ピンク色したバナナですって! わぉ~~

では、明日に続く

*********

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

食べ物編@館山

Rimg05731 Rimg0571

千葉の館山に向かうバスの中で、araさんと食べ物の話になりました。二人とも食べること大好き♪ ねっ!araさん! 「何が食べれるかしらね~?」「さんが焼きが有名だよね~」 「ほーっぉお、そうですか?」 聞いた事はあるけど、まだ食べたことないわ。

そんな話をしていた「さんが焼き」 

食べましたよ!

エクゾティックプランツの尾崎さんお薦めのお店「あさみ」

エクゾティックプランツのすぐそばの館山市犬石にあるホームセンター・コメリの向かいにあります♪ ほほ、とってもローカルな話ですね。。。でも、このお店評判いいんですって! 確かに美味しかったですよ^^

Rimg05702

これがさんが焼き。体に良さそう・・・ 父と母にいいなぁーなんて、ついつい考えてしまう。。。毎日、年寄り食の軟らかい食べ物を考えるのに苦労してるから~

名前の由来はこのHPに載ってました。アジのなめろうから発してるお料理なんですね。http://ameblo.jp/dylandon/entry-10376039667.html

Rimg05693

この日食べたのは海鮮丼。 ホント美味しかったですよ。全部食べるのが苦しいぐらいたっぷりの量。アオリイカが柔らかい・・・。一口食べるなり、おいしいおいしいと連呼してたのは私でしたぁ♪

ーーーーーーー

この日、もう一つのヒットは琵琶ソフトクリーム 

房総の事はお任せ~というsadaさんが教えてくれました。ソフトクリーム目指して、レンタカー・ビッツは走る~~

Rimg0590
日本で初めて、本物のびわを使用したソフトクリームなんですよ

道の駅 とみうら 枇杷倶楽部で売ってます

Rimg05911
私が食べたのはこちら。プレミアムのやつ。果肉が入ってます♪想像してた以上においしい。毎日手作りしてるんですって! 

以下、ここの枇杷倶楽部の枇杷ソフトクリームの説明です。

平成7年に、国内初のびわソフトクリームとして、枇杷倶楽部が開発したソフトクリームを、毎日スタッフが,枇杷倶楽部内にあるファクトリーのクリーンルームで、手作りをしております。
原料の枇杷は、富浦特産の【房州びわ】を、5月6月の収穫期に農家から加工用として集荷し、年間を通して加工できるよう半製品としてストックします。この作業も、ファクトリーでしています。
ソフトクリームは、淡いクリーム色をしています。原料のびわの実の色です。
かおりの抽出に大変苦労致しましたが、気化分離して抽出いたしました

価格は350円で、枇杷倶楽部のテイクアウトコーナーのみの販売です

Rimg0588 
こんな枇杷のオブジェもあるの~ なんだかシンガポールチック・・・シンガにはよくこんなオブジェがあるわよね~^^

 

そばに何軒かのお店で同じような枇杷ソフトクリームを売ってるけど、元祖ものを食べてね~~ オリジナルを作った人は、その為に苦労してるんですよね~ すぐに便乗してくるお店が多いけどね。。。オリジナルを作った方に敬意を表したいから、私はいつもどこでも元祖を応援するの~~ お店から発する匂いが違うんです。。。

枇杷倶楽部では、ストックの花束をお土産に買いました。頭も身体も思わしくなくなっている両親へ抱えられるだけの花束を買って帰りました。

Rimg0017

ひと足早い春の香りです~~水仙の香りの次は、ストックの香りで満ちているリビング。

この季節、千葉へ行くのはいいですね。

房総は縁遠い存在だったけど、何かのご縁で、このところ感覚が違ってきました。

これからはちょくちょく足を延ばしてみましょう。

では

*********

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

まるでアカクロサガ?!

エクゾティックプランツのビニールハウスの中には、シンガポールでよく見たお馴染みの植物がざくざくありました♪ 

しかし、あっ、あれ~~ あれよ! なんて思うものの帰国後数年経過するにつれてどんどん忘却の彼方へと消えていった植物の名前・・・

何だっけ? ああ~、あれね~! そうよね、あれよね~~笑 最初はこんな感じの会話ばかりでございました

とはいうものの、5人いれば心強いもので、だんだん思い出しましたよ

いろんなものがご紹介したいのですが、今日はちょっと時間が無いので、これ一つ

Rimg04981

どかーん!

まるでアカクロサガでしょ?!

でも蔓植物なんです、これ。

Rimg05001_4

製薬会社から頂いたものだそうで、名前が分からないので、今詳しい方に問合わせ中だそうです。

Rimg0508

Rimg0496

Rimg0501 Rimg0509

アカクロサガは人気でしたよね。

アカクロサガが懐かしくなって、ネットで検索してみたら、一番に出てきたのがこのブログ。なーーーんと、大きな写真がどんと出てきて、そこにhitomiさんが~~写ってました ishii先生の引率でシンガポールに植物散策にいらした方のブログでした♪http://blogs.yahoo.co.jp/snr_zohsan/39424006.html

わぁ~、hitomiさんだぁ~~ こんなところで会えるなんて~~元気ですか??? ブログにはシンガポールの植物がたくさん紹介されてて、つい全部見ちゃいました!

みなさんも是非どうぞ。。。

私のアカクロサガの記事はこちらです♪

ーーーーーーーー

では 今日はこの辺で  ご飯作らなくちゃ~~あー、今日は忙しかった! 朝ヘルパーさんが来て、午後訪問医のお医者さんがいらして、掃除しまくって・・・

あー、そういえば、昨日は、ひゃー寒かった。ジャカランダがね、とっても心配になって・・・地植えする予定だからこれ位の寒さに耐えられなきゃ~、ほっておこうかな?とは思ったものの・・・雪がどんどん降り出して、横浜もめちゃ寒い・・・やっぱりかわいそうになって、急遽ビニール袋を沢山持ちだして、茎に巻いてやりました。巻いてる私もぶるぶるで、雑だったけどー。。。

大事なジャカランダ、どうか無事でありますように・・・

明日は、シンガポールから一時帰国中のsadaさんとjunさんに会いに行きます~~ レッツゴー浅草です♪

では

********

| | コメント (5)

2011年2月11日 (金)

エクゾティックプランツ訪問@館山

日本では珍しい熱帯植物のナーサリー(育苗場)・エクゾティックプランツに見学に行ってきました♪

千葉県の館山にあるんですよ。

温室の中に、たくさーんの熱帯植物が育ってました。

Rimg05751_2去年、TOMちゃんが南房パラダイスで、シンガポール植物園(シンガポールボタニックガーデン)について講演をした時、このエクゾティックプランツのオーナーの尾崎氏も講演をされたのがご縁。

その様子はこちらの記事を見て下さいね。何とも複雑な胸中の日でしたが・・・ふふ

その時から、エクゾティックプランツを見学したいね!絶対行こうね~!なんて言ってました。

いやはや、その思いはすんなり叶いまして、TOMちゃんと尾崎氏の息子さん(親子で経営してらっしゃるのです。)との赤い糸が、すーっと繋がり、「やったぁ~、行けるわよ~~!!!」と、あいなったのでございます♪

熱帯植物が呼んでる~~!!!

東京駅・朝8時発 「高速バス菜の花3号」に乗り込みルンルン 朝早く起きると、普段遠い~~!!なんて思っているところへでも、さーっと行けるもんですね♪ 

あっという間に館山じゃぁぁ~ 「簡単に来れるんだね~♪」と、隣りでaraさんが言っておりました。笑

今回、星子の旅ではレンタカーを初めて借りました~~ 「駅レンタカー・ドライブ姫プラン」なるキャンペーンで12時間5000円(免責保証込み) 安いっ!。

Rimg0439 Rimg0440_2
わーい、レンタカー楽しそ~~ 私、車大好き~~ 

ま、レンタカーの話はいいとして、

エクゾティックプランツに近づくと、あっ、バンクシアだ!なんだか、館山につくと椰子のお出迎えだし、ますます、ここは日本でなくなってきたね~

Rimg0584
バンクシア

オーストラリア特有の植物で、オーストラリア国内には約76種あります。バンクシアという属名は、18世紀の植物学者でキャプテン・クックに同行したイギリスのナチュラリスト、ジョセフ・バンクス(Joseph Banks)に因みます。筒のような部分は、数百から数千におよぶ花の集合体です♪

息子さんの忠さんがビニールハウスの中をご案内下さいました。それも長い時間お邪魔してしまいましたが、気持ちよく対応して頂き本当にありがとうございました。

Rimg0458

なんだか、家に温室が欲しくなったぁ^^ 

「これ地植え出来ますか?」なんてことばかり聞いてしまったけど、ここは日本なんですよね~ あほな質問と分かっていても聞いてしまう、「外で育ちますか~??」 だから、ここは熱帯じゃないって・・・ 人間の欲は果てしないものだわ・・・珍しいものが育ててみたい!ほほほ

今朝、パパさんが言いましたね。リビングが、だんだん植物園みたいだよ。。。えへ~ あのね、パパさんの大好きなパッションフルーツの苗を買ってきたから~~いいでしょいいでしょ??!!冬の間の我慢よ!笑 「おおー、パッションフルーツか・・・」パパさんも苦笑い・・・パッションフルーツには目がないパパさんどす~

ーーーーーーー

さてさて、エクゾティックプランツの温室の中、そりゃもう、熱帯植物の宝庫です♪

日本の植物園の温室にある植物は、大体がここからお嫁に行ったんじゃないかしら~♪ もちろん個人のお宅にも届きますよ・・・ そうそう、今シンガポールマリーナベイに建設中の植物園には、たくさんのホヤがここから出荷されるそうです 

Rimg0519

へぇ~でしょ?!ホヤの花って、どんなん?っていう方には・・・前に新宿御苑・大温室で見たホヤの花の写真です。

Photo
サクララン 学名:Hoya carnosa ガガイモ科 

ホヤは、茎から気根を出して生長するつる性の植物で、 200種ほどが知られています。 熱帯アジア、オーストラリア、太平洋諸島に分布し、 日本ではサクララン(ホヤ・ カルノーサ)1種が知られています。南西諸島で咲きますね♪英名は花弁が蝋の様なので、ワックスプラント。

そういえば、シンガポールのマクリッチ自然保護区で野生のホヤを見たことがあります。高い所でぶら下ってました。もっとピンクのやつだったな・・・

Rimg1090

その時、その近くにこんなのが落ちてました。これもホヤの仲間かな?

こやつ、何者か~?

話は戻って・・・

このところ、特に今はバレンタインデーの季節だから、ハートの葉っぱが売られてるのを見たことがあるでしょ?!

ラブラブハート

ラブラブハートて言う名で売られてますが、これって根がないからそのうち枯れちゃいますぅ。。。かわいそうに・・・

エクゾティックプラントでも沢山ありましたよ。斑入りのもあったよ^^

Rimg0517

ホヤ・カーリー ガガイモ科ホヤ属の多肉植物

バレンタインデー、あなたはチョコレートを旦那さまにあげますか?いつもあげてないから私は気楽~~! 今年はあげてみようかな~!そんな気分になってます^^

あのね、パパさんの友達で、ずーっと結婚記念日にプレゼントを欠かさずしてた友達がいるのね。だけど、今年は夫婦仲が微妙ってやつで、初めてあげる気にならないんですって・・・シリアスなの~~ プレゼント一つがなんだか重いですね~~ 適当なのが一番・・・ 程よく適当に生きましょう。

熱帯植物紹介がホヤだけで終わってしまった・・・

明日に続く

では

*******

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

美人蕉酒・かんなしゅ

Rimg0005

osugiさんから、こんなものを頂きました♪

いつも色んな珍しいものをありがとう

Rimg00061_2 Rimg0007_2

シリアルナンバーの付いた3000本限りの牧野植物園(高知県)でしか販売されていない限定の焼酎です!

美人蕉酒 ・カンナから作られた焼酎です。ラベルが優しい花の絵でいい感じ。ラベルが素敵だと美味しそうですよね~女性が飛びつきそうな焼酎です。。。パパさん、いいもの頂いたわよ~ おーいいねぇ~~ パパさんも嬉しそう!

Rimg0016

まずは、わたくしが飲んで見ると・・・うん、すっきり、きりっとした味だわ・・・カンナの味はわからんけどね・・・

パパさん、お仕事中失礼~ でも、なかなかだから試してみたら~~??

Rimg0014

朝っぱらからの焼酎でございますが、

乾杯~~ お陰さまで夫婦の会話が出来ましたわ~~

Rimg0010_3 

右の「土佐」の字は牧野富太郎氏のサインですって!

カンナの花はいかにも南国の花のイメージ!シンガポール植物園でも咲いてましたね。ショウガの勉強をした時のことを思い出します。カンナはショウガ目の植物です。

カンナの花の花びらに見えるのは、実は雄しべ。ええーっ?花弁じゃないの?・・・これが雄しべ??って、最初はだれしもが思うんですよね~ 5枚の花びらに見えるのは雄しべ。花粉を出さず、雄しべ本来の機能を持たない雄しべを「仮雄しべ(または仮雄蘂)というんです。ちゃんとした?雄しべ(葯を持っている雄しべ)は一本だけ。その様子はこのHPで大きな画像とともに詳しく見ることが出来ます。是非、見てみて下さい。とても勉強になるHPです。ページの下の方に大きな大きなカンナの写真がありますよ♪

http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/kahi_yakuwari.html

南国の花として知られているカンナ

食用カンナの芋の部分を使用して作られた焼酎です。牧野植物園はカンナの採集・系統保存では世界トップクラス!高知県はカンナが育つ気候に恵まれ、5月に植えつければ8月には鮮やかな赤い花が咲き、秋には芋が収穫出来ます。芋焼酎に多い濃厚な味ではなく、独特な臭みのないすっきりとした味です。シリアルナンバーの付いた3000本限りの牧野植物園でしか販売されていない限定の焼酎です!ラベルには牧野富太郎博士のサインも印刷されています。

内容量:300ml
アルコール度 22度
原材料 食用カンナ・米麹

1,200円(税込)

ーーーーーーー

ネットでも買えますよ!

興味ある方はどうぞ。

では

*********

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

水仙が気になる 追記

この間から気になってること・・・

それは

水仙の花茎と茎のこと 

Rimg0604 Rimg0597

きのう千葉の館山に熱帯植物のナーサリー(エクゾティックプランツ)に見学に行ったついでに、保田の江月水仙ロードへ寄ってきました。そしたら、水仙の事がまたまた気になっちゃいましたの・・・笑 

水仙まつりも一月で終わってしまっているので、水仙の状態はギリギリってところかな?なんだか水仙広場の水仙は横倒しになってるのが多くて、これってイノシシが暴れまわったの~~??なんて、みんなで言ったんだけど・・・真相は分かりませーん。でも、気持ちいい里の景色でしたよ♪

Rimg0596 土手の桜も膨らんで・・・来週は花一杯ですね、きっと♪

帰りにレンタカーの運転を私が替わったら、ナビがね~~ とんでもない道を教えてくれて、踏切で右のサイドミラーがガツンってぶつかってしもうたの~~ TOMちゃんが、「1・3m幅以下の耕運機しか入れません。」って書いてあるよ~~ですって。ナビさま~、私達、耕運機に乗ってませんから~!入ったもんはバック出来ないから行くぞ!!! 無事通過して、ミラーも無事でしたが・・・笑 こういうハプニングも楽しいね~笑 何て言っているのは私一人で、あとの皆は冷や冷やしてたんでしょ~~?!(わかってますよ~ごめん、ごめん)

話は変わって・・・茎と花茎です~~

ニホンスイセンで調べると、

ウイキペディアには

茎 : 茎は、黒い外皮に包まれた鱗茎の内部にある。そのため切断しない限り人の目に触れる事はない。

茎って、普通に花の下の部分かと思ってました。

Rimg00551_2

そこで茎と思っていたところを切ってみると、「中には何にも入ってない~~ あれ~~」と言うことは前の記事に書きました♪色々調べてみると、この部分は花茎っていって、茎ではないんですね。

花茎(かけい、Scape)とは

花のみをつける茎のことである。花軸の一種で、塊茎や鱗茎などから直接伸長し、葉をつくらず花のみをつけるものをいう。

はぁー、そうなんですね。やっとわかりました。

本当のスイセンの茎は、ウイキペディアで説明されているように鱗茎(球根)の中にあるんですね。とっても短い茎なんですね~~

初めて知りました~~^^ 納得です♪

*******

ついでに球根について

球根はすべて鱗茎と言うのではなく、塊茎、塊根、球茎、根茎、鱗茎の5種類に分かれるそうです。ふむふむ、そうなのね~

水仙の球根の場合は

鱗茎(りんけい)といい、

短縮した茎の周囲に養分を蓄えた鱗片葉が多数重なって、球形や卵形になったもので、

さらに外皮のある「層状鱗茎」と外皮のない「鱗状鱗茎」に分けられます。


例)層状鱗茎:チューリップ、スイセン、ヒヤシンスなど。鱗状鱗茎:ユリ

Rimg05992

分かりました~~ すっきりしました♪

今度、チャンスがあったら、球根を切ってみましょう! やたらと切るのはかわいそうですからね。

では

*******

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

やっぱりおいしい・・・幸せの味♪

珍しく娘が家にいる・・・

私も貴重なフリータイム

「ねぇねぇ、鼎泰豐(ディンタイフォン)行かない~?」

「行く!行く~~~!」

爺&婆はデイサービスにお出かけ~と言っても、家から思い切って出ない限り、家事は永遠のごとく続く~~~笑 ホント、ホントってうなづくでしょ~ 

Rimg0402

私達母娘、あっという間に横浜高島屋8F ディンタイフォンの前に立っておりましたぁ。

さすがの人気店ですよね。かなりの待ち列です。

いいじゃん、待ちましょう!

絶対に食べたい小籠包!!!

Rimg0403

Rimg04101
小籠包 6個 819円 シンガポールではいくらだっけ?

私の選んだのは、

ふふふふふ、これですよー。小籠包はこれじゃなくちゃ~ 6個じゃ足りないくらい~

そして、坦々麺。

Rimg04131_2

娘がちょこっと食べていいました。

シンガポールの味がする!

そうなんです!アジアの香り♪懐かしい味^^

あー、心から出た言葉

美味しい~~~~

娘が食べたのはランチのセット。

小籠包4個と蟹チャーハン これもgood!

Rimg04181

毎日毎日暑さギトギトのシンガポールでも最高だったけど、寒い冬に食べる小籠包はもっともっと最高♪ここのは皮の柔らかさが抜群で大好き。。。スープもたっぷり。。。

Rimg0409

もちろんショウロンポウにはこの生姜が欠かせません。この間行った某中華レストランこれがなかったの・・・心残りで・・・あー、これで納得、満足しました。 

日本では全国に11店舗。

高島屋に行ったら ディンタイフォンの小籠包です♪

いつ行っても大満足の鼎泰豐でございます。

本店は台北。

ニューヨークタイムス紙で「世界の10大レストラン」に選ばれた味を日本で再現!ですって。

鼎泰豐http://rt-c.co.jp/business/01dintaipung.html

ーーーーーー

明日は、星子たちが5人集まって、館山に行ってきます♪

熱帯植物のナーサリーにお邪魔しに行くんです。

楽しみです~~!

では

*******

| | コメント (0)

2011年2月 5日 (土)

南山@宮ヶ瀬湖 2

権現平でゆっくりランチ後、南山頂上を目指します♪

冬の山は見るものは少ないけれど、静かな山の中に入ると特別な世界を味わえて幸せです。

この日はボタンヅル(牡丹蔓)の種が素敵でした。

Rimg03602

小さな白い花がたくさん集まっているように見えますが・・・綿毛の白です。

近寄って撮ってみると・・・ 綺麗ですね^^

Rimg03651

Rimg03588_3

もっとアップにしてみてみたいでしょ~?!笑

もちろん、大きくしてみましょう!

Rimg03585

わぁ、ボトルブラシみたい・・・ 

ボタンヅルの花ってどんなんでしょうね。。。

きんぽうげ科の花だそうです。

この花!興味が湧きました!同じように興味が湧いた方、こちらへどうぞ。

とってもかわいい花ですね。見てみたい。。。

Rimg0374

さあ、南山頂上到着^^/ 丹沢の山が一望できます。

Rimg03771_2
南山頂上からの展望 宮ヶ瀬湖って意外に広いのね・・・
私達は晴れてて気持ちいいけど、大山の上は吹雪いてそうです・・・
 2011.01.26

Rimg0375_2 登頂NO8 南山544m

頂上って、やっぱいいわぁ~~。もう8個登っちゃった。いい調子~~^^

では

*********

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

南山@宮ヶ瀬湖 1

Rimg02911
さあ、歩きはじめにワンショット 
2011.01.26

今月の山歩きは、宮ヶ瀬湖を右に見ながら、南山遊歩道を楽しんできました♪

宮ヶ瀬湖(みやがせこ)は神奈川県、東丹沢にある宮ヶ瀬ダム建設によってできたダム湖。丹沢と言えば、この頃は「蛭(ひる)」で話題が盛り上がりますね。蛭がいない今の時期に丹沢を楽しもうということです♪

蛭はマレーシアですよ!と思っていたのに、日本の、うちからすぐ傍の丹沢にもうじゃうじゃいるんだとか。うぇ~~~

私が初めて蛭体験したのは、マレーシア。懐かしいから久しぶりに読んでみたけど、やっぱりシンガポール生活は楽しかったな~。

これが蛭なのねhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_a155.html

続 これが蛭なのねhttp://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_f2ab.html

Rimg0294
赤い点々を南から北へ、韮尾根まで歩きますよ♪ はーい!

Rimg0297

鳥居原ふれあいの館から歩きだし、この入り口から山中へ

Rimg02971

標識の下には、こんな看板が。5月から11月は歩きたくない~蛭じゃとー

Rimg0094

これ棒っきれじゃなく、蛭!!! この日じゃなく、マレーシアで見たやつ。血を吸ってないのでスマート。血を吸うと丸丸ころころと太っちょになるんです。

今は蛭とは縁の少ない冬です♪ きりっとした空気の中、のんびり雑木林を歩きました。

Rimg0303 Rimg03141_3

雪の上も歩けてハッピー!

Rimg0332
権現平展望台

ここで、かわいいものを2個みつけました^^

ひとつは・・・これ・・・

Rimg03333

うさぎの足跡^^ 前足2本で体を支えて、後ろ足がぴょんと前に出てくるんですって・・・

そしてもうひとつは・・・

Rimg0336

微笑ましいカップルの雪だるま

Rimg03381

みんなが冬のソナタだと言ってましたが・・・見てない私には残念!わからん!

どんなカップルが作ったのかな~?

どんなアベックが作ったのかな~?(あー、こっちの表現の方がぴったしくる。笑)

Rimg03442_2 登頂NO7 権現平568.5m

山じゃないけどいいの、いいの。7番目の頂上です。

ここでランチを食べ、南山頂上へ

先生の「特製赤だし」ご馳走さまでしたぁ~

では

************

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

日本水仙が気になる

Rimg00212

この記事、1月中旬に途中まで書いて、アップできないままになってました。やっと書き足してUP出来ます。

千葉の保田で買って帰ったニホンスイセンがそろそろ元気なくなってきました。今のうちにちょっと分解してみよう!

だって、茎が気になるのです。

Rimg10401

ウイキペディアに

茎 : 茎は、黒い外皮に包まれた鱗茎の内部にある。そのため切断しない限り人の目に触れる事はない。

茎が見てみたい!と言う訳で切ってみた!

私は完全に勘違いしてましたね。鞘みたいなのから3~4本出ている花。その鞘みたいなのの中に茎が入っているものとばかり思ってました 上の写真見てもパッと見、そんな感じしません?(後で知りました。鱗茎って、球根の事なんですね。)

切ってみると

Rimg0054 Rimg00551_2

あれー、何にも入ってない!

こんなこと誰でも知ってるのかしら?恥ずかしいけど、私マジで驚いたのー

それにしても、こんなすっからかんの部分(ここって何て言うのかな?他のサイトでは花茎となってました。ウイキペディアの方が信用できないな。)の先っちょが突然成長してこんなに豪華な花がいっぱい咲くの??

凄い!と思いません?!

ええい、花も分解してやれ~ってことで、遊んでみました。

Rimg0026

花被片 6枚

まずはお顔をどアップ!

雌しべ1本、雄しべ6本。雄しべは上下二段構えですね♪

Rimg00302

横から切ってみると、

Rimg0038

雄しべは葯の部分だけ離れてるんだぁ。この前の記事でも書いたけど、黄色い杯のような副花冠の部分は意外に硬いんですよ。

Rimg00651

Rimg0058

Rimg0063

肉眼ではっきり分かる子房?がびっちり。でもニホンスイセンは種は出来ないのですよね。増殖は鱗茎の株分けです。

Rimg00661

葉っぱは扁平(へんぺい)な線形葉。 毒だから、食べないでね^^

こうやって花の分解をするのは面白いですね。私は色とか形とかとても興味があるのでワクワクなんですよ。人の力をはるかに超えた創造物には、文句のつけようがないです。

今度は何を分解しようかな・・・^^

では

********

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

さくらんぼカレーの味は・・・

Rimg0001
そうなんです。固まった残りご飯をチンしました。あたしじゃなく息子ですよいかにも男飯

レトルトの袋から出てきた「さくらんぼカレー」

こんなピンク色

うっ、息子はひきましたね~

引きながらも一口食べての感想は・・・

「あれ?! 意外にうまい!」

そうなんです~~~

さくらんぼの果実の入ったピンク色のカレーの味は

想像を大きく裏切り、まいう~~~

少しばかりのお残りを

味見させてもらいました結果は・・・

「あー、なるほどぉ。」

意外にいいじゃん!

インドカレー系の味

ピリッと、とんがった辛さ?のさくらんぼカレーでした。

山形にいらした折には、試しにご購入下さい。

こち固まった頭を柔らかくするのに抜群かもしれません♪

Rimg0047

いも煮カレーはまだ食べてません。

意外にもさくらんぼカレーに軍配が上がるかも・・・

もしや!と思って、ネットで調べてみると

ありました!さくらんぼカレーを食べている画像が。笑

YOU TUBEhttp://www.youtube.com/watch?v=sLSxlCVWCPk

ここをクリックして見て!

どんなにうまいか~わかりますよ!

やっぱり間違いなく美味しいみたい~~

ご当地カレー頑張ってますね♪

ここで買えます。http://www.gotouya.jp/curry-set.htm 

では

*******

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

さくらんぼカレー?!?!

テニスのコーチをしている息子が、生徒さんからのお土産でこんなものを頂いてきました♪

Rimg0044

「さくらんぼカレー」!!!と、「いも煮カレー」

「いも煮カレー」は想像つくものの「さくらんぼカレー」とは!!!

ええっ~?とは思うものの、少しばかり興味が・・・

得体の知れぬものには惹かれますね。

レトルトの袋を開けてみると~~

さて、どん感じでしょう???笑

それは明日のお楽しみ~~!!

では

*********

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »