« ミスミソウ@房総半島 | トップページ | 懐かしい仲間と自然教育園 »

2011年3月 5日 (土)

ひとりで口悦へ@北鎌倉

きのうは、久しぶりに北鎌倉へお散歩に行ってきました。

・東慶寺の緑の萼の梅。

Rimg14351

・おいしい懐石料理のお店「かまくら口悦」が移転。

この二つの話題が気になっていたのです^^

体の不自由な父を立たせたり、歩かせたりするのに、こっちの身体がやばい!腰が!肩が!ほほ、肩のこりこりはPCし過ぎ~~もございますがね。さあ、気分転換ということで、北鎌倉へ。

Rimg00661
北鎌倉 かつての近為 2009.05

2年前に星子さん達(シンガポールに住んだことがる人を勝手にこう呼んでいます。)でお昼を食べに行った京漬物の近為。懐かしいね~と言ってくれる人も多いかと思いますが、去年の7月で閉店になったんです。実は私も知らなかった・・・凄く残念 その時の記事はここ。楽しかったね!http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-7711.html

その後へ入ったのが、かまくら口悦。ご主人が描かれるイラストが素敵なお店。もちろんお料理もとてもとてもおいしいお店。どんなになったのかしら?近為が無くなったのは残念だけど、口悦が入ってくれたのがせめてもの慰めです。

Rimg1356

今年の1月からここで営業しています。

Kouetu_2

ご主人の描かれるイラスト素敵でしょ^^

ここの代表的なお料理は 姫御膳 3600円 3週間で内容が変わるそうですが、今は雛の膳でした♪

隣りの人もこれを食べてて、めちゃくちゃ美味しそうでした。盛り付けが美しいです。隣りで見てるだけで、心が躍ります。

私は、移転してから新しく加わったという新メニュー、精進風膳 浄味 2000円を食べてみました。

ママ、昨日これ食べちゃった!って、娘に言ったら、一人で行ったの? なんか楽しそうだね~~ですって。ふふふ、実に楽しいですわ~~ 今度は一緒に行こうね~

Rimg1347

Rimg1348

一の膳 

一つ一つ口に入れてはにんまり~ 一つ一つを口にするのが楽しかった!疲れた体にほっこり伝わるおいしさでした。 店主の嘉山伸二さんいわく、お店のコンセプトは「品格」だそうで、手を抜いていない繊細で優しい味。心から満足できました。

Rimg13521

Rimg1354_4 

二の膳

食べていると、奥さまがいらして、ナスの田楽は、ナスのまわりも皮も食べれますので、味噌が無くなっちゃわないように、調節ししながら食べて下さいね^^ と、優しい微笑みでアドバイス頂きました。ナスと一緒に粟麩がはいっていて、大格闘しながらほおばって食べたけど VERY GOOD!

それなら、何だろうと~?と疑問に思っていた、ナスの横の和え物を聞いてみました。「これ何ですか?」 答えはなんと!「白菜です。」「ええーーーー!? これが白菜!!!」これが、我が家でよく残っちまってる白菜かい~~~ なんてこった、白菜ちゃんもここでは幸せだわ~~笑

奥さまが、優しく話しかけて下さるので、一人でも気楽に楽しめました!

近為さんが作りのいい建物を残して下さったので、簡単に直して入らせて頂いたんですよ。にっこり笑って、そうおっしゃってました。

私のお薦めのお店・懐石料理のかまくら口悦です。

またここで長く息づいて行きますように・・・

Rimg1359

建物としては、いまいち色々気になりました。が、今から少しづつ味が出てくればいいですね。昔を懐かしむばかりがいい訳ではありませんが、近為の建物の良さをもっともっと生かして欲しいです。日本の伝統的な美しさが消えてました。無くなってました。

うーん、お店を広く使うために入り口をあっちに持っていったのですね・・・どうして???大きく開くべきところが開いてない。パッと見てすぐにそう思いました。

格子や障子を生かせればもっと味が出そうなのに・・・和風建築の設計の出来る人が少ないんでしょうね。できれば、表左側部分に小さなお庭でしっとりした雰囲気を出して欲しいな。。。もう少し、植木を置いて欲しいな、なんて勝手な思いを抱いて帰りました。実は私和風建築家の娘なもので・・・

昔の近為の建物にはちゃんとシンメトリーの美しさがあって、二階の窓と一階の玄関の線がきちんと合っていて、正面から見ても綺麗だったのに・・・う~ん。。。

お料理が素晴らしくおいしいだけに、とても残念でした。。。

でも、これからどうなっていくのか楽しみでもありますが・・・

ーーーーーーーー

それともうひとつ

とても残念な話題が。。。

もうひとつ私の大好きな北鎌倉の懐石料理のお店、松が岡も閉店

Rimg1360

閉店のお知らせの貼り紙が・・・・・あー、とてもとても残念です。ここはよく両親といったお店。父の大好きなお店。思い出の空間がまたひとつ消えてしまいます。

Rimg1367 Rimg1366

最後に両親といった時、忘れられない優しさを下さった奥さま。あの時の事は、大事な思い出として私の中にしっかりと残っています。今までご苦労様でした。そして、ありがとうございました。

よかったら、その時の記事を読んで、松が岡のお店を続けてきて下さった奥様にあたたかいパワーを差し上げて下さい。あたたかい空間という記事です。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-36d3.html

時代の変化が激しい時ですね。

お店も変わり、私達のまわりの環境も変わる・・・

人として、

心も技も

美しいものが永遠に続きますように。。。

帰り道、ショッピングセンターで、めちゃくちゃど派手なピンク色のネクタイをつけたマネキンがずらりと並んでいるスーツ屋さんがありました。ディスプレイ用だけでなく、本当に売ってるのね。ピンク、それも濃淡さまざま・・・蛍光色のピンクのネクタイ。ひぇー。。。演歌歌手じゃないんだよーーー

ディスプレイも、ただただ目を引けばいいの???物の質なんて分からない若者が増えるのも仕方ないですね。ぺランぺランな洋服しかない世界に変わりそう・・・あー。そうだ、30年前にアメリカに行った時、同じことを思いましたっけ・・・

では

********

|

« ミスミソウ@房総半島 | トップページ | 懐かしい仲間と自然教育園 »

hグルメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。