« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

めちゃくちゃかわいい、鳩サブレーのマグネット

Img_6716

飯盛山の山頂で、Horiさんからこんな物を貰っちゃいました。

なんて優しいの~~~

可愛いでしょ!

鳩サブレーのマグネット。 超お気に入りです♪

ありがとう!!!Horiさん

Img_6720001

そして、もう一つ、飯盛山の帰りに寄った清泉寮で食べたソフトクリーム記念のマグネット。玄関ドアがまたまた賑やかになりました。

+++++++

さて、今日から 母を連れて 旅に出ています。

今頃は松本の扉温泉にたどり着いてゆったりと温泉につかってます

母にはちょっと遠出だけれど、冒険することにしました。

私が山に行くというと、とても羨ましそうにするので、アルプスでも見れる場所に行こう!と。。。楽しんできます~♪

旅先で、パソコンがあれば更新しますね♪

では

*******

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

忘れるのは嫌です。

きのう病院に行った帰りにパン屋さんによると、

母が珍しくパンを指差して、

「まりちゃん、このパンが欲しいわ!柔らかいでしょ?!」というのでリンゴの入ったパンを買って帰りました。

母から、これが食べたいというのは珍しい事なので、少し嬉しくなって「にこっ

今朝、そのパンを出しても食べないままでいるので、

「このパン昨日買って~って言ったから買ったパンよ。食べたら~?」

というと、「そうなの? そんなことも忘れてるのよ。」と、嘆く母。

「歳だからしょうがないじゃない。歳とるとそんなものよ。」と、私は優しく対応したつもりだったのに、、、、、

いつもなら、「そうねー」と、流す母が、突然とても大きな声で訴えた。

「忘れるのは嫌です!」

母にしては、何もかも忘れてしまう自分に大きな不安を覚えているのでしょう。

心から吐き出すように言った言葉に胸が痛みました。。。

介護をする側も大変だけど、本人が一番つらいんだな~

人だったら、何にも覚えていられないことを苦しんでいないはずはない・・・

そんな簡単な事がちゃんとわかってなかった・・・

「忘れるのは嫌です!」

この言葉が妙に頭について、

同じことを何度も聞かないで! と、簡単に言えなくなりました。

少しずつ、修業させてもらっているのは私の方ですね。

では

*******

| | コメント (2)

2012年8月24日 (金)

そろそろ秋かな…飯盛山(めしもりやま)3

Img_6584

秋の気配を感じる花。それはマツムシソウ。

今年もまた大好きなマツムシソウに出会えました。

Img_6614_2Img_6576001

いつ見ても優しい表情の花ですよね♪

吾亦紅も素敵です。

Img_6619Img_6596
ワレモコウ                          コウリンカ 

「吾も亦(また) 紅(くれない)なりと ひそやかに」 高浜虚子

                      

Img_6582Img_6565
シモツケソウ                       フシグロセンノウ

↓いつものように、足元の方から天を仰いでコオニユリをパチリ

ちょっと面白い写真が撮れたかな。。。

なんだか、いっぱい突き出てるのを一緒に入れてやりました。

どうでしょう?

Img_6605001

Img_6627

しし岩と飯盛山の分岐点で、小学生と一緒になりました。

途端に賑やか♪

一緒に、頂上へ

Img_6629

登山道の周りは花畑♪

Img_6631_2

頂上でのんびりランチタイム

Img_6643_2

実は、ちょっとお腹の調子がすぐれず、休もうかな~~なんて、めげそうになった日だったのでした。やっぱり、来てよかった~~!!そう思った瞬間でした

ランチも控えめに、お握り1個。

でも、帰りには清泉寮のソフトクリームを躊躇わず食べる元気が戻ってましたぁ。

山に行くと、自然霊が応援してくれるみたい

清泉寮のソフトクリーム、長蛇なんてなんのその。

売る側の手際の良さには感心~~♪次から次へと売れまくってました。

Img_6648

飯盛山 1643m 登頂 NO51 やったぁ!

飯盛山という名前の通り、ご飯を盛ったようなまあるい形をしています。

これからの季節、山はますますいいですね♪

花の多い、誰にでも愛される親しみやすい印象の山でした。

では

*******

| | コメント (2)

2012年8月23日 (木)

アサマフウロ咲く飯盛山2

パソコンをつけたまま、画面はブログ作成画面のまま爆睡していました。今日はリビングの絨毯や洗面所の床材を見にサンゲツのショールームまで行ってきました。マンションも古くなってくると、配管工事をしなくてはならず、ついでにリビングと廊下の絨毯を変えようとショールームへ・・・六本木のアークヒルズは、昨日の山から一変、都会の洗練された空間が広がっていました。

山も都会もどっちもいいけど、それにしても東京は横浜より暑い??!! 異常な暑さでドトールコーヒーに水分補給で飛び込みました 抹茶カフェラテ下さい

+++++++

さあて、飯盛山です

気持ちのいい花一杯の山でした。

清里から登りはじめ、野辺山の平沢峠へ降りていくコース。

Img_6539001_2

Img_6540

最初は、こんな感じの涼しい登山道を進みます。苦しくもなく、意外に花が多くて、ツリフネソウ、ヒメキンミズヒキ(花びらが細い)、カメバヒキオコシ、カントウヨメナ、ゲンノショウコなどが咲いています。

一番に覚えたのは、カメバヒキオコシ。噛んだら引き起こしを起こすのね~覚えやすい!どんな花かは・・・

Img_6545 Img_6541

こんな花。噛めば引き起こしじゃなくて、葉っぱが亀さんみたいだからですって。亀さんには悪いけど、なーんだぁ!と、思った花なのでした

先生から、花を選びなさい。汚ーい~と言われた一枚でもありましたぁ。ははは 

いいの、いいの。みんなで歩くとそんなにゆっくり写せないの。名前を覚える目的でパチリだから・・・

程よく歩いたころ、稜線に出ました。おっ、楽しみにしていたアサマフウロが咲いてる!

Img_6546 Img_6553

初めてみたアサマフウロ。特徴は思いっきり開平しています。

Img_6550

そして、毛がいっぱい。

まだまだこれからたくさん出てきますよ!と言われても、初めて見るとついつぃ写したい!こんなところで写した写真なんですよ。

Img_6555

欲が強い、いえいえ、とてもカメラ熱心な友達でございます。横の先生いわく、「まだいっぱい出てくるってば・・・」 はい、その言葉、一応聞こえてます。。。

Img_6557001

ほら、ここまで来たわね。半分はきたかしら・・・? そうやね~~

見上げると気持ちの良さそうな飯盛山の稜線が見えています。

Img_6560002

遠くから元気のいい声が聞こえてきます♪

上の方を大きくしてみると・・・

Img_6560001

林間学校の小学生が歩いています

そういえば、きのうOさんも飯盛山と言えば、学生の時に登ったわ!なんて言ってたけ。。。夏休みらしい景色です。みなさんは林間学校はどこでしたか?私は広島育ち。山と言えば、三瓶山や大山(だいせん)でしたぁ。懐かしいなぁ~

Img_6562

さ、一服して稜線を登りはじめました。

Img_6577

登りつめると、花一杯の草原。

気持ちいい~~

Img_6567001

わっ、ほんとだぁ!

先生のおっしゃた通り、アサマフウロがたくさん可愛く咲いていました。

今日の主役はアサマフウロかな・・・

というところで。。。

寝ます。。。

夜中に目が覚めて書いてしまった・・・寝ねば・・・

では

*******

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

飯盛山1

NHK山歩きで、長野県の八ヶ岳近くの飯盛山へ行ってきました。

空は、ブルースカイ!!!

空の綺麗な日でしたぁ。

詳しくは明日。

これから、近くのお風呂屋さん・極楽の湯に行って来ます

Img_6642

汗流してきますね~~

では

*******

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

紫竹ガーデン@北海道ガーデンめぐり 11

北海道ガーデンめぐり、3日目最終日になりました。最終日は、4つの素敵なお庭を訪れました♪時はさかのぼり、7月4日のことです。

まずは、帯広にある紫竹ガーデンです。

北海道のガーデナーとして人気の双璧をなすのは、若手の上野砂由紀さん、そして先輩者の紫竹照葉さんでしょう。今年、86歳!パワフルな名物おばあちゃん。昔風に表現すればハイカラなおばあちゃんそのものです

まずは、一昨日、後ろ姿で見て頂いたおばあちゃんですが、

いよーっ!登場して頂きましょう♪

Img_3770

いい笑顔ですね♪

Img_3767

でも、一言でいえば、派手~~! ど派手~~!!! きっと何もしゃべらず、ただその姿を見るとすれば、とにっかく、派手というしかないかもしれません! ただ、不思議なことに、紫竹さんがしゃべると、可愛い、明るい、パワフル、その魅力は誰をも引き付ける不思議な魅力があります。憎めない・・・そんな感じの存在かしら。何も知らず、勝手なことを言っております

Img_3776 Img_3784_2

それにしても人気者!周りには人だかりが凄い!クラブツーリズムの花倶楽部のツアーはもちろん紫竹さんの案内つきです♪

といっても、私は途中から離れて、花の写真を撮ってましたがね・・・・・

Img_3929001 Img_3938001

ご主人に先立たれ、悲しみの中から始まったのが、このお庭作りです。

確かなことは、この方も大きな役割を持った人なんだな~と、いうこと。みんなそれぞれ役割を持って生まれてくるんでしょうが、それをちゃんと実現出来ている人はやはり凄いです。

Img_3782
ご自慢のボーダーガーデン

Img_3864

私みたいなのがいますね~~皆カメラ好きそう~~!

上野ファームのボーダーガーデンには高さがあったけど、ここのはだんだんの高さがないのが違うところかな・・・

今は、お嬢様のご主人がガーデニングの主な部分はやっていらして、バスガイドのKさんもこの義息さんは素晴らしい植物の知識だとおっしゃってました。肝心な部分は義息さんが担って続いているのですね。

それにしてもこの広さの庭を、素敵に維持するのは大変なことでしょう。

Img_3908001
パレットガーデン

Img_3883001

Img_3894001

なんせ、18000坪、2000種です。

正直、花が多くて、落ち着かなくて、私は「木陰の庭」というところで、デージーを写しているのが性に合ってました。

Img_3919

Img_3917

なんだか、この広い芝生のお庭が好きでした。

ここで、のんびりしてたら、あらー、もう時間!

最後まで、紫竹のおばあちゃまはおもてなしの精神旺盛で、バスの中までいらして挨拶して下さり、投げキッスでお見送りしてくださいましたぁ!

Img_3952

みなさん、その若さは凄いですね!そのパワーを下さい!と、よく言われるけど、そういう時、私はこう言うの!嫌よ!!!って

みなさん、またお会いしましょう

Img_3955 Img_3954

花より輝いていた紫竹のおばあちゃまでしたぁ

いつまでも、この勢いで突っ走って下さい

では

*******

 

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

名古屋金しゃちビール

昨日は、マンションの防災委員会の暑気払い、いわゆる飲み会でした 

楽しかったんだけど、調子に乗って飲みすぎましたぁ

っていうか、旦那衆に甘いロゼのワインを注がれて、ジュースのように飲んでしまったのが悪かった。

スミマセン!今度はきりっと辛めのお酒を飲ませて下さい!なんて、ここで言っても伝わるわけないけどね~~~今日は、1日中ぼーっとしてました。。。

でも、名古屋の面白いビールに出会いました。

Item_akamiso_2

この赤味噌ラガーというのを手に取ったけど、いやーな予感がしてやめました。もしかしたら、意外に行けたかも・・・あなたは飲む気します? やっぱりひきますよね。

Item_platinum 

それで、金しゃちプレミアムエールというのをトライ!すっきりしていてなかなか良かったですよ。

尾張名古屋の金しゃちビールは、こんなのです。色んなのがあるの!賞をたくさん撮ってるのですね。クリックしてみて!

http://www.kinshachi.jp/

まだ、ぼーっとしてます。

が、1枚くらい紫竹ガーデンでの写真を載せますね。

この写真気に入ってるの。

別に紫竹ガーデンじゃなくても撮れる写真ですが・・・

Img_3913003_2

では

あしたは元気になるかしら?

おやすみなさい

*******

| | コメント (0)

2012年8月17日 (金)

シダルセア’ロザリー’@紫竹ガーデン

マンションの10年に一度の大規模修繕が始まるので、仕方なくベランダの花達を整理しています。ベランダの物をすべてなくさなくちゃいけないの。ふー、今日もベランダの雑多な物と格闘してました。

北海道の紫竹ガーデンを紹介する予定でしたが、眠くてダメ~~

紫竹ガーデンで写した花粉まみれの蜂が可愛いので、きょうはそれであっさりと流します。

Img_3780

この方が、紫竹ガーデンの有名なおばあちゃん、86歳の紫竹昭葉さん。紫竹さんの雰囲気だけ感じてもらって、また明日ということで・・・パワフルなのよ~!!!明日は、ちょっとした飲み会なので明後日になるかも・・・

皆が紫竹さんを追っかけている間、私は蜂を追っかけてましたぁ。

花の名前は

シダルセア’ロザリー’といいます。アオイ科でピンクの優しい花。

Img_3815_2 Img_3816

Img_3819001

Img_3825_2

貞三先生によると、この花の花言葉は

「すっかり忘れていた女房の誕生日」 だそうです。

分かります????

私には・・・

理解不能でございます。

あまり強い主張のない優しい花を女房と感じたのはいいかも・・・

では

*******

 

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

突然の訃報

シンガポール植物園(シンガポールボタニックガーデン)で日本語ガイドをやっていた清水裕子さんの訃報が届きました。

一昨日心筋梗塞で亡くなったそうです。

あまりの突然の出来事に頭が固まってしまいました。まだまだ若い、私と20ぐらい違うのではないかしら。。。

帰国後、月一の星子の散策にも熱心にいらしていて、これからもっともっと一緒に花を見て歩けると楽しみにしていたのに・・・とてつもなく明るい笑顔が浮かんできます。

ご冥福をお祈りいたします。と、書きたくないけど、仕方ないのね。。。

植物の大好きだった彼女を自然の精霊が支えてくれますように。

一緒に見たジャワ更紗の展示会を思い出します。

P4198831

このブログで知る方もいるかもしれないので、お知らせです。

では

*******

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

貞三先生の花言葉@北海道ガーデンめぐり 10

Img_3665

めちゃくちゃ暑い夏の真っ最中に、ふわふわの毛でごめんなさい

一体、この毛はなんでしょう?

羊の・・・何かみたいかな??? 

Img_3667

あれー!自分で質問しといて、今、ホントに実感!!! この写真を見てたら、両方に突き出ているのが羊の耳みたいに見えてきた・・・そう思いません???

この植物の名前は、ラムズイヤー。

本当は葉っぱに触ると、柔らかいので、その感触から、ラムズイヤー(羊の耳)という名前が付いたそうですが・・・もしかしたら、この白い葉っぱが耳みたいだから~~なんだ。。。

本州では、こんなに白く大きくならないから、緑色に少し白い毛が着いた葉っぱを、彩としてコンテナガーデンとかに使うといったところではないでしょうか。ですよね?私の育て方が悪いからではないですよね? うちではこんなに大きく育ったことはありません。

北海道に行くまで、本当の姿を知らなかったラムズイヤーです。花何て見たことなかったし・・・今回はどこのガーデンでも花盛り。素敵な姿を堪能してきました。

Img_3677001

誰しもが、触ってみたくなりますよね。

風のガーデンの緒方拳さんが演じた貞三先生にいわせると、

この花は、「生まれたばかりの孫の耳たぶ」だそうで・・・

いい表現だぁ・・・なんて、友達共々、この表現が気に入ってしまいました。

ドラマの中でも、色々な花を貞三先生が花言葉として語ってくれるのが良かったですよね。

旅仲間の一人の人が、こんな本があるのよ~~!なんて、みんなにバスの中で紹介してくれたのが、この本。貞三先生の花言葉 365篇」です。もちろん、倉本聡さんの作ですが・・・

P8120219_2

緒方拳さん、懐かしい。。。

P8120222001_2 

さっそく買ってみたのはいいけど、バスでみんな口々に言ってました。倉本先生って、なんか女性に偏見ない?とか、なんか癖あるよね・・・とか、女性は怒ってましたね・・・

本の帯には、「こんな花言葉を作ってみました。お似合いの方の誕生日などに、花に添えておくられてはいかがでしょう。」

などと書かれてはいますが、贈れる言葉が少ないの・・・・・本心かくして純情ぶる少女なんて贈れない最たるものでしょ~~!

ドラマの中で貞三先生が言ってた言葉は素敵だったのにな。

例えば…

知りたいですか?

ちょっとだけ、書き上げますね♪ ちょっとだけよ~~!

Img_3336002_2 アリウム・ギガンチウム 

キャリアウーマンはチカンにおそわれたと吹聴する

Img_3831  ジギタリス・パープレア

口が悪い為に売れ残っている美少女達の合コン

Img_3705 ミソハギ

女の恨みは海より深く 納豆の糸よりネバッコイ

Img_3661 ポテンティラ・メルトンファイヤー

バツイチ女の見果てぬ夢

Img_3342 ルピナス(ミックス)

特売品売場のオバチャマ軍団

Img_3846ゲラニウム・スプリッシュスプラッシュ

ママの下着の控えめな下心

っわぁ、書くの疲れた!

切りないから、この辺で。。。たまーに素敵な言葉があります

+++++

そういえば、本の中にこういう言葉がありますのよ。

この花言葉は、ドラマの中で老医師 白鳥貞三が その時の気分で勝手に創った何の権威もないもので、作者は全く責任を負いません。 倉本聡

うまく逃げてるなぁ・・・・

興味ある人は買ってみて下さいね。

いらぬ言葉がついていますが、365種の花が楽しめますよ~ 

では

*******

| | コメント (2)

2012年8月13日 (月)

風のガーデン@北海道ガーデンめぐり 9

いよいよ、念願の「風のガーデン」のある新富良野プリンスホテルに着きました。

バスが着くなり、倉本聡さんの富良野GROUPの塾生たちが踊りを踊って迎えてくれました。ちょうど公演中の演劇にお客さんを呼ぶためのデモンストレーション。皆、頑張ってますね♪

26年続いた富良野塾は2010年閉塾しましたが、その後OB達によって富良野GROUPが結成され活動は続いています。

以下は、倉本聡さんの富良野塾・起草文です。

++++++++

平易な字体でコピーしましたが、私は倉本さんの字が大好きです。ぜひ、↓をクリックして、倉本聡さんの字を感じてみて下さい。

http://www.furanogroup.jp/furanojyuku/index.html

「富良野塾の起草文」

あなたは文明に麻痺していませんか?

石油と水は
   どっちが大事ですか?

車と足は
   どっちが大事ですか?

知識と智恵は
   どっちが大事ですか?

批評と創造は
   どっちが大事ですか?

理屈と行動は
   どっちが大事ですか?

あなたは感動を忘れていませんか?



あなたは結局
何のかのと云いながら
わが世の春を謳歌していませんか?

          聰

+++++++++

たまには、こういうのを読んでピリッと刺激を受けるのはいいことですね。

ぶれない生き方は魅力的です。

さあ、話は戻って、「風のガーデン」のお庭の話。

Img_3647
ドラマを思い出す「グリーンハウス」 いろんな場面が浮かんできますね♪2012.7.3

お庭は、プリンスホテルからシャトルバスが運送されていて、5分ぐらいで行くことができます。風のガーデンはミニゴルフ場の片隅にあります。ガーデンも以前はゴルフ場だった場所で、ガーデンの周りを囲む土塀は、芝生を重ねて作ったんだそうですよ♪

Img_3640 Img_3649_2 

風のガーデンは、フジテレビ50周年記念の倉本総さんのドラマ「風のガーデン」のロケ地。上野ファームの上野砂由紀さんが、2年かかって作り上げたお庭です。

Img_3264

砂由紀さんの話によると、2000㎡の庭に、2万株の植物の植え付けを手伝ってくれたのは、ゴルフ場のキャディーさん達。花の名前もみんな知らないので、一つ一つの植物に番号を振り、お庭を区切り、ここには何番の花を植えるという風に図を作り、その通りに植えていったそうです。

Img_3673001

砂由紀さんは、今でも、月に一度は訪れ、管理しています。

Img_3684

この庭に来ると、ガーデナー・ルイ役の黒木メイサさんの姿が浮かびますが、実際に上野ファームでガーデニングの修業をしたんですって。

Img_3676001 Img_3689

ドラマ撮影にもよくご一緒したという砂由紀さん、「倉本総さんも凄い方ですが、緒方拳さんはとてつもなくオーラの凄い方で、雑草の抜き方を緒方さんに教えて下さいと言われ、緊張して何を言ったか覚えてない・・・!」と言ってらっしゃいました。

Img_3711

ガーデンには365品種、およそ2万株の花々が咲き乱れ、季節ごとに美しい光景を演出してくれます。と、言うとおり様々な花が目を楽しませてくれます。

Img_3712 Img_3713

丈の高めの花の使い方が上手。

風が吹くと、丈の高い草、花が揺れ、名前通り、風のガーデンであることを感じます。

花に囲まれるって、幸せ~~♪

と、ここで花に囲まれて幸せな私の写真でも載せようかな~~なんて、改めて探してみたら、、、けっ!太ってる・・・載せるわけにはいかん写真だったので、やめにしときます

そういえば、最近ちょっと痩せましたの~~!!!

Img_3668

それは、また短い間のことでしょうから、声高には言えないので、いいとして・・・

Img_3638

入口から曲線の道がグリーンハウスまで続き、ハウス内はこんな感じでした。思ったより狭かった。。。カメラというのは、うまく表現するものですね。もっともっと広い空間かと思っていました。

Img_3650001

優しい色合いの花々の中、渋い色合いに惹かれ・・・ぱちり

Img_3657001 Img_3724001

花好きにはたまらない♪

珍しい花がたくさんあって、目がきょろきょろです。

そういえば、あとから知ったのですが、ドラマに使ったキャンピングカーもグリーンハウスの後ろの方にあったんですって。キャンピングカーの周りに咲いたエゾエンゴサクの群生。強烈に印象に残っています。涙が出て出て、仕方なかった・・・涙のエゾエンゴサク、これも見なくちゃ~~

「風のガーデン」は緒方拳さんの遺作です。中井貴一さんも素晴らしい演技でした。

また見てみなくちゃーー

うちのマンションも、お庭に少しは花が欲しいな~~

少しずつ、少しずつ植えれば、いつかは花盛りなのにな。。。

上野砂由紀さん、今は上川町の旭ヶ丘フォレストガーデンの2013年オープンに向けて動いています。これまた楽しみです♪

あっ、ついでにミーハーな私達、上野ファームで砂由紀さんと一緒に撮って貰った写真です♪

Img_0030_4 

では

***********

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

ぼけーっとする日です!

朝起きるなり、娘に聞かれました。

娘:「ママー、今日は何する日?」

私:「ぼけーっとする日!」

娘:「最高ね~!!!」

娘も今日は休みらしく、

二人して、今日はぼけーっとする日に決まりましたぁ!

娘なんて、ソファーで足広げて眠ってます~~(*≧m≦*)

でも、それが我が家だから。。。

そういう姿を見るのはいいです~~!!!

P8120223

お盆は我が家にはあまり関係ないですが、

家族や親せきが集まって、楽しい(大変?)な方もいらっしゃるでしょう。

暑さに負けないで下さいね~~♪

そうだ!バレーボール勝ちましたね。良かったぁ!!!

では

*******

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

喫茶店「森の時計」@北海道ガーデンめぐり 8

北海道ガーデンめぐりの旅の続きです♪

前の記事はここ

Img_3629
六花亭富良野店から見た十勝岳連峰♪

今、2泊3日の旅の2日目の午後でございます♪ 

自分でも、頭を1か月前に時間を戻さないと・・・ ほほほ。。。

さあて、、、午前中は上野ファームで花に囲まれ、幸せ気分~~その後、美瑛の丘から富良野に行き、美味しいランチを食べ、富田ファームでラベンダーの香りに包まれ、メロン農園であまーいメロンを食べました。メロンの農園も、あー、試食用のメロンが甘かった~~そりゃそうでしょう~KINOKUNIYAが仕入れているのは、ここのメロンだそうで、他の人達はいっぱい買って、宅急便で配達してもらってました。

ごめんなさい~~! そんなにリッチでない私は、試食用をたくさん頂いただけになってしまい、食べるのに忙しくて写真1枚撮りませんでしたぁ

あっ、たくさん頂いたから、名前だけでも宣伝しなくちゃ~~

吉田農園です♪000046508201a

特に、ここの人気はメロン半分の上にソフトクリームののった【ふらのの夢】700円!ですよ~~

+++++++

お腹いっぱい~~♪ ルンルン気分の私達一行を乗せたバスは、いよいよこの日の第2のハイライト「風のガーデン」を見に、富良野プリンスホテルに向かったのでした。

Img_3637

じゃんじゃん~~いよいよ、風のガーデンだわ~~気分は高揚しますね~~

Img_3643002

と、ここで風のガーデンを紹介するのが当然でしょうが、今日はまたまたサッカーでございます。だから、早く寝て、4時前に起きなくちゃ~~~

なので、風のガーデンは明日にして、とっておきの喫茶店のご紹介♪ 同じ富良野プリンスホテルの森の中にある喫茶店、「森の時計」。

倉本聡さんのドラマ「優しい時間」 をご存知ですか?

富良野プリンスホテルに着くなり、kazueさんとnaokoさんに言いましたぁ。ごめ~ん!風のガーデンも行きたいけど、この喫茶店にも行きたい~~!!! 行こう~~!!無理やり連れて行きましたぁ!

私にとっては、とても大事なドラマだったの。

新富良野プリンスホテルに隣接するニングルテラスに、ロケ用の喫茶店「森の時計」が建てられ、撮影終了後から営業されています。

行けて幸せだった=

Img_3733

これは汚れた都会ではなく、
忘れられたような清らかな田舎の
一軒の喫茶店の物語である。

Img_3735

優しい時間』(やさしいじかん)は、2005年1月13日から3月24日までフジテレビ系列で放送された全11回のテレビドラマ。

主演は 寺田聡・二宮和也・長澤まさみさん など

Img_3738 Img_3744

ちょうど、シンガポールにいた時なので、帰国してからTSUTAYAで一度に借りてきて、すごい勢いでみた懐かしいドラマです。

カウンター席に座ると、ドラマと同じように コーヒーミルで豆をひけるのですが、満席で残念!!!でも、期待通り素敵な空間でした♪

ドラマを見たことのない方は、ぜひぜひ見てみて下さい♪

私もこんな喫茶店を経営してみたいな。

ゆっくりとコーヒーを入れてくれる喫茶店、この頃少なくなりましたね。

カフェもいいけど、喫茶店の匂いの恋しい私です。

では

*******

| | コメント (2)

2012年8月 8日 (水)

寝不足ですよね。

おりんぴっくきのうは、サッカー負けましたね。 メキシコは強かった!

サッカー好きの私にとっては、続く男女の試合に興奮気味の毎日ではありますが。。。寝不足ですよね。なんだか、お昼、動いてはいるものの、ピシッとしていません。明日なんて、どうなるの~~テレビが2台いるわ~~!男女同時にやるのですね。(違ってました。良かったぁ。男子は11日明け方でした。でも、女子バレーが同じ時間なんだぁ~ 相手はブラジルだわっ)それも3時過ぎですよ。気持ちは熱心でも目がつむっちゃうかも・・・

    

さあて、実(み)の話です♪

秋田駒が岳で、こんな実を発見!

Img_5844

カエルの顔みたいでしょ!

Img_5842

山の花の詳しい方には珍しくもない話題なのかもしれないけれど、初めて見た時には、へーって、絶対思ったに違いない。。。

この実、シラネアオイの実なんですって!!!

へー!ですよね!

Img_2505001

この淡い、可憐なイメージの花の実が、こんな形とは・・・ネットで見てみたら、もっとごつごつした形のものが多かったかな。。。いずれにしろ、2個に分かれてます。キョウチクトウ科の実みたい。。。

Img_2504002

インパクトのあるシラネアオイの実でしたぁ♪

明日から、少し前に戻って、北海道の記事にしようかな・・・素敵なガーデンがまだまだ紹介できてなくて心残りだから。。。

8月は後半まであまり出かけません。お盆の最中は人ごみは避けて、家の近くでごそごそごそしてます。お盆明けたら、またお出かけ再開。今度は、飯盛山かな♪

では

*******

では

********

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

サンカヨウの実はおいしそう

尾瀬裏燧林道で、サンカヨウの実を見ました。

上高地で花芽に出会い、白馬猿倉遊歩道で花を見て、今度は尾瀬で実を。

一つの花でいろんな思い出が浮かびます♪

楽しい、楽しい♪

Img_6110 Img_6113
7月30日 尾瀬裏燧林道で

いい色で美味しそう。食べてみればよかった・・・

+++++++

それにしても、初めて見たサンカヨウの花は輝いてました♪それに、その日出会えるとは思ってもいなかったので、突然の出会いに感激しましたっけ・・・

Img_2376001_2 Img_2380002

学名:Diphylleia grayi   メギ科 サンカヨウ属の多年草
一般名:サンカヨウ(山荷葉) 

亜高山帯~高山帯のやや湿った場所に生える。

Img_2377
6月18日、白馬で

+++++++

もっとさかのぼって、5月16日の上高地では

Img_0379

初めてサンカヨウを見て、葉っぱの特徴を教えてもらいました。

サンカヨウの赤ちゃんはエネルギーの塊のようでした。

Img_0366_2

サンカヨウの葉は茎の付け根の反対側もくびれてるのが、特徴なんですって!

それを聞いてから、とってもわかりやすい親しみのある葉になりました。この葉だけは誰に聞かれてもOKです♪

araiさんは、尾瀬でサンカヨウが初めてだったみたいね。ぜひぜひ、また一緒に登って、素敵なサンカヨウの花を見ましょう。一緒に見たいな~~

実と言えば、秋田駒が岳で、これまた面白い特徴のある実を見ました。

そのことはまた明日~♪

では

*******

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

異型花柱性からの考察

サクラソウで思い出すのは、田島が原に行った時に畔上先生から教えて頂いた異型花柱性のこと。

今回のハクサンコザクラにも 雌しべの短い花と長い花がありました。

Img_6511002

雌しべが飛び出しているので、めしべが長い長花柱花

Img_6480001_2

めしべが短い短花柱花

生物は、自分とは違うタイプのものと遺伝子を交換しないと健全な子孫を残せません。サクラソウは両性花ですが、異型花柱性という特別な性の在り方をしているんですね。実はこれを見つけたのはダーウィンなんですって。

この辺のことが、中村桂子さんと鷲谷いずみさん(素晴らしい組み合わせでしょ?!)の対話の中でテーマにされています。

面白いので、ぜひ読んでみて下さい♪

+++++++

生命誌ジャーナル 2009年 春号

一つ一つの生きものを見つめる眼差し:鷲谷いづみ×中村桂子

鷲谷いづみ(東京大学教授)
中村桂子(JT生命誌研究館館長)

http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/060/talk_index.html

+++++++

今から母が行きたいというので、お墓参りに行ってきます~~

鎌倉方面です♪

暑そうですけどね~

では

*******

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

ハクサンコザクラ@会津駒が岳

Img_6451003
ハクサンコザクラ in 会津駒が岳

この写真を撮るの、結構大変でした! 木道にザックとストックをほおり投げて、木道に寝そべってます。体も相当いかれちゃってますしね。寝そべった体を木道上で立て直すのも大変なのですよ~~ハクサンコザクラ、せいぜい高さ15cmほど。花も木道からそんなに近くにないしね。手前の草は邪魔だしね~~

撮りたかった青空バックのハクサンコザクラ。ぎりぎり撮れましたぁ!

いかがでしょう?

+++++++

ハクサンコザクラは中部山岳を代表するサクラソウ属の高山植物。雪解けとともに湿地帯に咲き、雪田をバックに群生になって咲き乱れます。長い冬から目覚めた山に、一度に明るさをもたらし、その光景を目にした人は誰しも心を奪われるであろう。。。そう、耳にしていたハクサンコザクラ。

白山はもとより、火打山などでも有名みたいですね。

+++++++

えんやこらさ、と、やっと駒の小屋にたどり着き、そばの駒の大池のほとりを見ると、わぁーー!咲いてる!!! 会えた~~!!!ハクサンコザクラに!!!

興奮でございましたぁ。

でも、ちょっと、トイレ!

トイレから出てくると、星さんが、「ひとまず、山頂に行きましょう~~。そして、中門岳も行けるとこまで行きましょう。」

「あっ、はい。」

あー、気になるハクサンコザクラちゃん。 

皆歩き出してます

写真が撮りたいわたくし、念を押しました! 「星さーん、写真とる時間ありますか?」

これだけは言っておかねばね・・・・・笑

絶対写真撮りたいもん!

でも頂上だけは行かねばね。。。 だって、記念の50回目の登頂になるのです!

大丈夫、写真撮る時間ありますよ~~ 

ふふふ、よかった!

Img_6404002

たくさん、咲いているように見えた子桜ちゃん。よーく見ると、実際には前の日に降った雨で結構痛んでいるのが多かったんです。だから、いい被写体が見つからない・・・

Img_6375

結構、苦労しました。

Img_6441001 

Img_6480001_2 Img_6511002 

花の大きさは直径2cmぐらいで可愛い。

花弁は5枚。今まで見てきたサクラソウの中で一番小さいかも・・・・この間白馬で見たユキワリソウに似ているけれど、パッと見てわかったのは、花弁一枚の切れ込みが深いの。まるで10枚の花弁みたいですね。10枚じゃなくて、5枚なの。

ここで比較のため、良く似ているといわれる白馬・八方尾根のユキワリソウに登場してもらいましょう♪

Img_4844001 Img_4748001
ユキワリソウ in 八方尾根

ねっ、花弁の形が違うでしょ。切れ込みが浅いですね。花弁の元の方もへこんでる。。。

納得。。。

でしょ?!

うん、ここで色々見てみたい気になりました。

今まで見たサクラソウ科 サクラソウ属の仲間を色々並べてみますね♪

Rimg0376 Img_3189
サクラソウ@田島が原               サクラソウ in 軽井沢・離山

Img_2750 
カッコソウ@鳴神山 

Img_9947
コイワザクラ in 箱根駒が岳

それぞれみんな個性がありますね♪ サクラソウの総復習が出来ました。

Img_6492001 Img_6475

学名:Primula cuneifolia Ledeb. var. hakusanensis Makino
和名:ハクサンコザクラ 白山子桜
花期:6~7月 

Img_6526001

また再開したいハクサンコザクラです♪

会津駒でまた再開するか・・・うーーん、それは疑問!でも、登りが大変でも、あの山小屋は雰囲気良さそうだだったし・・・泊まるなら、また行きたいな・・・

大変だったことはすぐ忘れて、簡単そうなことを言っております。笑

でも不思議と引力のある山であるようで。。。

またいつか登ろうっと!

では

******

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

祝50山!会津駒が岳 

Img_6348001

会津駒が岳は日本のスイス?

駒の小屋付近は、まるでスイス・チロル地方にいると錯覚しそうな風景が広がっていました。

頑張れば、この風景に出会える、そしてハクサンコザクラに出会える。 

自からは決して行こうとしないであろう、標高差1000mという会津駒が岳に、仲間に誘われ登ってきました。

今回は、シンガポールに住んでいた時の友達がメイン、ほとんどの人が山は「ど素人」。そんな中、大将などという名を頂き、「苦しいよ~~」なんていうと、「冗談でしょ~~!」などと言われ、トホホホホ・・・ 

わたしゃ、標高差600m以上は登ったことないですから・・・

早く樹林帯を抜けたいよ~~~抜けたいよ~~

Img_6330

ダケカンバとオオシラビソからなる樹林帯。樹林帯も素敵だけど、やはり森林限界を抜けた風景が見たいの~~

まだかいな~まだかいな~~

星さん(ガイドさん)~、まだぁ? ですかぁ?

もうちょっとです・・・・・

と言われつつ、全然ちょっとじゃなかった会津駒が岳。

長い登りが忘れられん!!!笑

Img_6352

でもまぁ、どうにかなりました! いつも思うけど、仲間と登るから、登れるのかもしれませんね。いつもより、ザックが重く感じられたのは・・・あんた、遊びすぎでしょ~~! です。

疲れが・・・

おほほほほ

Img_6355

駒の大池のほとりには、念願のハクサンコザクラが咲いていました。おおー、可愛い コノサクラソウ系の花には弱い。可愛いすぎです。

駒の小屋のブログによると、今年は雪解けが遅く、ハクサンコザクラ遅刻してたそうで・・・ぎりぎり間に合いました。良かった!

Img_6384

一番右が燧が岳。東北以北で一番高い山です。そして、その左が至仏山。その間に尾瀬ヶ原が広がってるんですね~~

さ、いよいよ。頂上です

Img_6391

登頂 NO50 会津駒が岳 2133m やったぁ!祝50山♪

会津駒ヶ岳滝沢登山口~水場(2時間)~駒の小屋(2時間)~
山頂(20分)

日本百名山会津駒ケ岳は尾瀬国立公園特別保護地区内に位置し、
その山頂は一等三角点としては福島県最高地点となります。

朝7時から登り始めて、なんとかコースタイムに近い時間で登れました。っていうか、この日は家までたどり着かないといけないから、ゆっくりできないの。。。。。

Img_6393

何て良い日なんだろう~~!

Img_6410

お隣の中門岳も行きたかったけど、時間がなくて、途中の雪があるところまで行って、雪で遊んできました。

O0533030012109861746

雪を投げてはしゃいでいた人もいましたっけ・・・ その方のイニシャルは、MN ???といことは・・・ワタクシです~~笑 

Img_6451_2

可愛い、ハクサンコザクラ♪

Img_6376002

色が濃い紫色からピンクまでありました。

白馬で見たユキワリソウより、濃いめの色ですね。

+++++++

今回は、会津高原リゾート(アストリアホテル)のハイキングプログラムを利用しました。

3年前の尾瀬から、ガイドの星さんにはとてもお世話になっています。

Img_6297_2 

会津高原尾瀬口まで迎えに来ていただけるし、細かい心遣いにいつも感心させられます。もし、尾瀬や田代山、会津駒が岳へ興味ある方はお勧めですよ♪ ぜひぜひ、ご利用ください。星さん、ありがとうございました。きゅうりとみかんが美味しかった~!

星さんのブログはこちらhttp://ameblo.jp/eco-farm/entry-11317157360.html

昨日は、オコジョが出てきたみたいで、可愛い写真が載ってます♪

では

*********

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »