« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

草原の椅子&祝福の谷写真集

「草原の椅子」っていう映画いいわよ! 2か月ぐらい前、onoderaさんから聞いてからずっと気になってました。

その頃、映画を見れる時間が出来て、調べてみたら、残念ながら調度いい上映時間がなくて、仕方なくダイハードを見たのです。おまけに、60歳になったというのに、すっかり忘れてて1800円まともに払っちゃいました。ダイハード、何て面白くなかったの・・・山歩きの時、ダイハードを見たと言っても、何それ?と反応が薄ぅぅう!!! え、まさかダイハードを知らないわきゃないわよね。。。なぬ・・・知らない??? うそーー、あー、なんだか一人浮いてましたぁ。 ま、いずれにしろ、昔興奮してみていたアクションものは、今は私もぜーんぜん興味なくなってました。

と、前置きが長すぎてますが・・・

草原の椅子のポスター

今日、「草原の椅子」見てきました。

ストーリーはなんだか強引って感じでしたが、

心温まる映画でした。

まだの方はぜひDVD出たら、借りてきて見てくさい。

結構泣いちゃいました。

山好き、カメラ好き、子ども好き、陶器好きの私にはぴったりの映画でした。

ロケの行われた世界最後の桃源郷と言われるパキスタンのフンザ。

魅かれますね。

あー、映画を見る前から、とっても気になってますパキスタンのフンザ。

私、フンザ行くぞ~!!

秘境というより、桃源郷と言われるところが好きです。

人の匂いのする場所が・・・好き。

良かったら、公式ホームページで見てみて下さい。フンザを!

↓HPの一番最初のページの「祝福の谷」写真集見て下さい。

http://www.sougennoisu.jp/

でも、何が一番良かったかって・・・

幼子 圭輔のシャツのオレンジ色がずーっと画面を引き締めてました。

貴重なポイントでしたね。

+++++

明日は、また加賀ボタハイに戻ります。

加賀ボタハイで主役だった 

イソスミレやアナマスミレの紹介がまだ出来てない・・・sweat01

では

******

| | コメント (3)

2013年4月28日 (日)

ガンジスの夜明け

Image

日本との時差が3時間半のインド・ベナレス。

今朝のガンジスの夜明けです。

たった今旅行中の息子から写真が届きました。

当たり前のことですが、地球では色んな事が同時進行中なんですね。

では

******

| | コメント (0)

2013年4月27日 (土)

ケイリュウタチツボスミレ@加賀ボタハイ

Img_0717002

獅子吼高原の次は、珍しいケイリュウタチツボスミレを見に行きました。

T先生も、まだ2~3回しか見たことがないという貴重な存在のスミレ。こんな私が見ちゃっていいんでしょうか~?! 

いがりまさしさんの「日本のスミレ」の本によると、このスミレは近年になって認識されたタチツボスミレの渓流型の変種。増水して冠水する河川中流域の河原に生えるそうです。

これが見られた場所は

Img_0728

こんなところ。滝が3つもあって、景色のいい場所です。

このすみれちゃん、けなげにも岩の隙間の砂の所に生えているんです。たとえ水が来ても耐えて生き延びてるって感じ・・・

Img_0725

普通のタチツボスミレの葉の基部のように深い心形になっていない。きっと水が流れ易くなっているのでしょう。

Img_0720

花べんも少し細長いですね♪

Img_0727001_2

熱心に撮影中なり・・・happy01

では

*****

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

ほっと安心

きのうの記事の写真に説明をつけました。暇な時にでもみて下さいね♪

+++++

今日は、訪問医の先生が初めていらして下さいました。

母との対応も言葉を選んで、とても優しくして下さるいい先生で、ほっと安心しました。父の時は、まだ近くに訪問医の先生はなく、遠くからいらして貰うようだったのが、最近近くに出来て便利になりました。それでもまだまだ訪問医の先生の数は少なく24時間対応の訪問医は大忙しで大変そうです。

物事には、色んなステージがあり、ステージが変化する時、戸惑うことが多いですよね。

ちょうど先月、母の食がとても細くなり、何を作っても食べなく、どうしよう~ このままじゃ死んじゃうじゃない~ と、色々しんどさを感じていた時、高橋先生の写真のギャラリートークの催しで久しぶりにUさんに出会ったのです。「おかあさん、どう?」会うなり聞かれ、「私ね、エンディングセミナーに行ってきたのよ。」とのこと。

大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)

そのセミナーとは、「大往生したけりゃ医者とかかわるな。」の著者 中村仁一先生のセミナーとの事。「食べないならあげない方がいいみたいよ。」 「うーん、そう言われても・・・私もその本読んで、そう思ったけど・・・現実にそういう状態になってみると、身内に食べさせないのは難しいよね・・・無理強いするつもりはないけどね。」と、その時は答えました。

人に言うのは簡単で、姉に 「食べないなら無理に食べさせなくてもいいよ。誤嚥すると大変だし・・・」何て、簡単そうにいい(きっと、自分に言い聞かせてたんですね。) 姉の返事も・・・「うーん、難しいよね、食べないと死んじゃうじゃない。」でした。

でも、あの時のUさんとの出会いは、とても大事な出会いでした。

ワンステージ変化した母を受け入れる為にとてもとても大事な出会いでした。

心のどこかにあった、食べさせないと殺すような気になる・・・罪の意識が少しずつ消えていきました。本を読んで頭で分かっても、なかなか難しい部分でイライラしてました。食べてほしいからこんなに頑張ったのに、これも食べれないの~!なんて、叫んだり泣いたりした日もありました。だって、まだまだ表面は元気でニコニコしてるんですものね。頑張ってよ!なんて変なこと言ってしまたりね。。。

+++++++

結構、私の周りには自然に送ったのよ。という人がいて、その話も聞くことができました。特に ネパールでのおじいちゃんの死の迎え方を見て、そのあまりの自然さに感動すら覚えたという方の話も聞くことが出来ました。縁側に座るおじいちゃんの横に食べるものを置いて、家族は普通に仕事に出掛ける。。。留守中におじいちゃんが自分で食べれなくなったら、それで死を迎える。特に変わったことではない。その感覚。変な方向に進み過ぎた老人医療どっぷりの日本人は、失ってしまった何かを思い起こさなくてはならない気がします。

新しいステージで少し力を抜くことができ、私も外に出始めました。食べさせなくちゃという無理な気持ちがなくなった分、楽になりました。ストローで一口飲むのが精いっぱいなので、もちろん、一日中飲ませてはいるんですが・・・母の一番楽なようにして、笑顔が一番ですものね。冗談を言って、手を取り合って笑える日を大切にしたいです。

「僕も最後の点滴は必要あるのだろうかと考え始めました。自然に楽に行きましょう。 本人が苦しまないのが一番だと思います。何かあったら救急車を呼ばずに僕に連絡してください。」 先生にもそういって頂き、同じ考えを持つお医者さんに出会え、今日は本当にホッとしました。

いい出会いが出来、この先生にならお任せできると確信できたいい日でした。

出会いを頂けた日に感謝です。

今日は、いい出会いの日でした。疲れたので寝ますとだけ書くつもりがだらだらとかいてしまいました。

読み返さず寝ます。

おやすみなさい。

では

*****

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

獅子吼高原で@加賀ボタハイ

Img_0365
いたるところでコブシが咲いていて、時が一か月戻ったような感じでした♪

加賀ボタハイの写真が延々と続きます。飽きるかな~?いいかな~?

まだ第一日目始まったばかりのところなの。。。笑

獅子吼(shishiku)高原をロープウェイで登り、スカイ獅子吼に到着。そこからカタクリロードと言われてる道を下りました。ちょっと寒いのでカタクリは閉じ気味、でも道の両脇にたくさん咲いています。オオタチツボスミレ、スミレサイシンなど日本側のスミレ登場に声が上がります♪

遠くの山々には雪が残り、桜も咲いています。遥か遠くにはまだまだ真っ白の白山も・・・

Img_0366

「わー、ツバキ綺麗ね~」 ロープウェイから真っ赤な椿がたくさん見え、ふと声をあげました。関東で見られる「やぶ椿」ではなく、日本海側に咲く「雪椿」だそうです。

Img_0565
ユキツバキ

Img_0391_2 

ユキツバキは、ほわんと開いて咲くんだそうです。 それに雄しべの元の所がヤブツバキのように白でなく黄色です。道の両側はユキツバキが満開。 ユキツバキの中の山歩き、気持ち良かった~!

Img_0518001

あとは、ずっとこんあにしてかがんで写真撮りまくりでした。が・・あんまりいい写真がない。。。獅子吼高原では納得いく写真がないですが・・・一応載せますね。カタクリ、キクザキイチゲ、スミレ、コバイモ、トクワカソウ、キバナイカリソウ・・・などなど、もちろん沢山の珍しい花を堪能できました。スミレ好きのななははmiyoさんは興奮気味でニコニコでしたよね♪

Img_0387 Img_0389
オオタチツボスミレ(日本海側で一番よくみられるスミレ) 距が白いのがタチツボとの大きな違い    

Img_0519_3 Img_0433003
スミレサイシン(日本海側の代表的スミレ)   居が丸っこい 

Img_0464 Img_0476
スミレサイシン(太平洋側にはナガバノスミレサイシンが咲く。もっと細長い葉。) ショウジョウバカマ              

Img_0515 Img_0492
とても気に入った距の細長~いナガハシスミレ 見ての通りで、別名テングスミレという 

Img_0481 Img_0423
イタヤカエデの花                      トクワカソウ(イワウチワの変種)

Img_0489001 Img_0601
オウレン (誰かが言った!オーレン♪オーレン♪オーレン♪) オウレンの実(皆、初めて見て、ほー!!! なるほど!!!花の中心がこんなに広がるのね~) 

Img_0530 Img_0513001
マキノスミレ(勿論牧野博士のマキノ)葉の裏は茶色っぽい  かわいいマル葉のアオイスミレ

Img_0615 Img_0498
コバイモがあっちにもこっちにも! ここのはあまり開かないタイプ見たい  大好き!カタクリ

こんな感じでいいかしら・・・

眠いのであした名前入れます♪

では

******

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

雪の榛名富士

P4240283

今日はNHK講座の山歩きの日でした。このところ、よく出掛けてます♪優しく楽しく介護するためには、自分の生活のバランスが一番大事ですからね。

本当は群馬県水沢山に登る予定でしたが雨で中止。水沢山近くの榛名富士登山に変更になりました。心配だった雨もぱらぱら程度で済みましたが。。。

雨の心配よりも 雪が・・・snow

なんと、4月の末だというのに、北西の登山ルートは雪が残り、まるで雪山登山のようでした。滑らないように集中して歩いたので、写真撮る暇なしでした。いろんな色のレインウエアーオンパレードでなんてカラフルな事!たまにはレインウエアーも着てやらなくてはね。

下山して茶屋の方に聞くと、日曜日に30cm積もったのだそうです。

茶屋でのストーブが嬉しかった!

P4240288001_2

山頂には 榛名富士山神社があって、木花開耶姫(このはなさくやひめ)が祭られてました。初めて知ったわ!コノハナサクヤヒメってこんな方だったのね・・・笑

P4240286001_2

登頂 NO63 榛名富士 1390m やった~!

見晴しがなかったので、あんまり感激もない榛名富士になってしまいましたが、お向かいのスルス岩に登った時に見た榛名山は素敵でした。

その時の写真はこれ♪ 2011年9月の山歩きでした♪

P9286753

でも、足慣らしが出来て良かった!

それに、それに、ちゃんと「水沢うどん」も食べてきたし・・・

P4240291

P4240296

またまた大満足の楽しい一日でした。

日頃の介護疲れはバスの中で取り戻す如く、今日もまたバスでは、特に先生の講義中は熟睡でしたぁbus (ごめんなさい、先生。)

では

*****

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

ムラサキコマノツメ@加賀ボタハイ

Img_0354

学名:Viola verecunda f. violascens  スミレ科スミレ属
和名:ムラサキコマノツメ (紫駒爪)

イチリンソウのそばで見つけたムラサキコマノツメ(紫駒爪)

写真では白く見えるけど、少し紫がかってました。

ツボスミレ(ニョイスミレ)の紫バージョンとのこと、初めて見ました。

Img_0347

葉は先がとがった心形

花を大きくしてみると・・・

Img_0354002

こんなお顔です♪ 少々毛があります♪

++++++

では、ついでではないですが

ついでに

この母種のニョイスミレを!

2日目最後にニョイスミレの群生を見に行ったので・・・ただ、全然うまく撮れてなかったんですけどね。田んぼに、わぁーっと咲いてました。

Img_1157

ニョイスミレ(ツボスミレ)の群生

Img_1158

こんな小さいのどう撮りゃいいのよ?!

katoさんも悩んでるのかな?

Img_1211001

いえいえ、皆、頑張って田んぼの中でニョイスミレ撮影に取り組んでました。膝つくと濡れるしうまく撮れない・・・

私は早々と退散して、

Img_1231001Img_1263
カラスノエンドウ               スズメノヤリ

Img_1245
Img_1206
たんぼ                     ヒメオドリコソウ

Img_1220Img_1213
ノボロギク 

田んぼが懐かしいな・・・

学校帰りに 

畦道を歩いてはドボンとよく水にはまってたっけ・・・

運動靴の中の水の感覚

今でもよく覚えています

辺りに懐かしい匂いを感じて

田んぼを撮りたくなりました・・・

とんでもなく都会人になってしまったものです。

では

*****

| | コメント (0)

2013年4月22日 (月)

イチリンソウ@加賀ボタハイ

Img_0343003

学名:Anemone nikoensis キンポウゲ科イチリンソウ属
和名:イチリンソウ 一輪草



加賀ボタハイ一日目。

川岸でハマダイコンを撮影後、カタクリやスミレを見に獅子吼(ししく)高原に向かいました。

ゴンドラで上に登る前に駐車場脇のイチリンソウをパチリcamera

キンポウゲ科の花はかわいい~♪

去年、八ヶ岳で見て以来2度目の出会いです。夢中になって撮っていたら、お前さんたち何してるんだ?とばかりに、目の前にカモシカが現れましたぁ。

うわ、びっくり!!!

Img_0305002

花の大きさはこんな感じ。

Img_0345

ぽつりぽつりと可愛く咲いてます。

茎につく葉を見て柄があればイチリンソウ、なければニリンソウ。花の大きさもイチリンソウの方がひとまわり大きいです。

下山して、もう一度見に行ってみたら、、、

Img_0678001_2

午後の陽射しに透けて、

いっそう柔らかさを増していて 

しばし、心を奪われてました・・・

では

*****

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

ハマダイコン@加賀ボタハイ 

加賀ボタハイから無事帰ってきました。

写真を撮ることにだけ集中できる二日間

なんて贅沢な時間だったんでしょう~

沢山の花に出会え、美味しいものを食べ、温泉に入り

なんだか、興奮状態が続き、昨日はよく眠れなかったほどでした♪

Img_0236001

小松で安宅の関を見学後、

その近くのハマダイコンの綺麗な海岸で、

まずは 撮影開始♪

Img_0229

ハマダイコンはダイコンが野生化したもの。

ダイコンは,地中海周辺または中央アジアの原産といわれ,古い時代に中国を経て日本に入ってきた、という説と、最近では もともと日本原産であったという説も出てきています。

Img_0248001

学名 : Raphanus sativus var. raphanistroides
和名 : ハマダイコン(浜大根)

アブラナ科ダイコン属 二年草

花期:4~6月

日本全土の海岸や岩場に見られる

Img_0270

アブラナ科の花は十字型 

根は長いけど、固いので食用にはならないそうです。

Img_0285

今日はよく眠れそう。

寝ますね~

では

*****

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

加賀ボタハイ行ってきます

明日から 一泊で石川県・加賀へボタハイに行ってきます。

お目当てのスミレ見れるかな?

Img_9961001_2

この間 鎌倉山に行った時 ずっと見たいと思っていたツリーハウスのあるお宅をまた見る事が出来ました。さすが、鎌倉山。素敵な家がたくさんありますが、この家が大好き~♪

いいでしょ~!

前に見た時の記事はこちら。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-d966.html

今回も、腰越で「しらす」買って帰りました。

好評でしたよ♪

では

******

| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

横浜・三ッ池公園

Img_0111

以前受講していた樹木医 ishii先生の植物散策講座をまた受けることにしました。 立て板に水の如くしゃべる先生のお話は、わー、懐かしい!そうそう、この調子だわ~ とても詳しい知識なので、その話の量は凄く、いったん耳に入った知識もどんどん外に流れていきます。でも、少しばかりは脳内にとどまることを期待して・・・笑 

それが、集合場所に行ってみると、なんと!山歩き講座で一緒のitaさんがいるではないですか!今までは、違う教室だったのに、今月からitaさんも変更したんですって!わー、良かった!嬉しい~!

今日行ったのは、横浜・三ツ池公園。

長年、横浜に住んでいるのに初めてとは・・・ 私って、なんていう生活してたの・・・ 桜がとてもきれいな公園とは耳にしてました。行きたいな~、と思いながら、ながら、ながら、ながら・・・年月は過ぎて・・・ 

思うだけじゃダメですね。

もったいない事してました。

はやり言葉じゃないけれど、一体、いつ行くの???

今でしょ~~~~~!!

おほほ、やっと行ってきましたhappy01

+++++

色んな木や花を観察しましたが、

今日の一番は、イチョウの芽吹き。 

新芽の緑のなんて綺麗なこと!

感動。。。

おかしい今年は、まだ椿が咲いています。。。

それは何故かというと、遅くまで零下という寒い日が続いたので、咲く暇がなかったんですよね。

だから、めったに見れない椿とイチョウの新緑

そのコラボを撮りたくて・・・

Img_0113

シャッターを切りましたが、

どうもカメラが調子悪くて・・・画面が白飛びしてしまうの・・・

なだめながら使ってるんだけど、ちょっと新緑の緑がね・・・

ま、雰囲気を読み取って下さいね♪

Img_0168004

椿が咲き、菜の花が咲き、桜が咲き、ツツジが咲き、

Img_0123001

おまけにもう藤が・・・

ごちゃまぜの春。どーんと一度に来た春。

あっという間に過ぎ去ってしまいそうで、心がせわしくなってしまいますね。

では

*****

| | コメント (0)

2013年4月16日 (火)

花菜ガーデン

Img_0095

ランチの後、平塚にある花菜ガーデンに行ってきました♪

花菜ガーデンは、2010年3月にオープンしてからずっと気になってたところ。

正式名称:「神奈川県立 花とみどりのふれあいセンター」 

広さ東京ドーム3.5倍の広さがあり、約3200種の花が植えられている「フラワーゾーン」と田植えや野菜の収穫が体験できる「アグリゾーン」、そして 「めぐみの研究棟ゾーン」 の3つのゾーンから成り立っています。

Img_0047

入って真正面、向こーの方に見えるのが三日月山。 

何てかわいいの~~

何百メートルもの空間がワイルドフラワーでいっぱいでした。

自然の感じがいいし彩りが可愛い。。。

Img_0049

北海道の上野ファームに行った時、上野早由紀さんが花菜ガーデンの話をしてらして、このガーデンのオープンの時にお手伝いされた話をしてらっしゃいました。

早由紀さんに話しかけてみると、様子はもう変わってるかもしれないけど、ぜひ行ってみて下さい!と、言われたのを思い出しました。このワイルドフラワーの感じって、早由紀さんのお庭の感じだよね~~ うん、うん、そうだね~~! 

皆で納得しました~happy01

Img_0075

~12種類の種をまきました~

高さ、色合い、形がよく考えられてます。 

Img_0068001

これから、クレマチス園とバラ園が素敵な空間を作ってくれそうです♪

出来て3年目、木々がまだ小さくて、木陰が少ないですが、これからが楽しみですね。

北海道の銀河庭園とか真似て欲しいな・・・

もう少し人を引きつけるアイデアが欲しいかな・・・

ただ花や木を並べてるだけじゃね・・・

神奈川県!頑張ってほしい!

Img_0082

隣に JA湘南があって新鮮野菜もたーくさん買って帰りました。

Img_0104

また北海道のガーデン見に行きたいね~~

行きたい! 私も~~

みんな笑顔いっぱいになってました♪

また来ようっと!

花菜ガーデンHP→***

では

*******

| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

お洒落な酒蔵でのんびりランチ@茅ケ崎

Main_image_2

今日は暑かったですね。

久しぶりにランチしない?

嬉しいお誘いを受け、湘南ビールで有名な熊澤酒造の敷地内にある素敵な和食レストラン天青に行ってきました。場所は、茅ヶ崎市香川。相模線で茅ヶ崎から2個目の駅です。

ここにビールを飲みに来たことのある娘が、「ママー、素敵な場所だから期待していってくるといいよ~!」と、送り出してくれました。 

Img_0042_2

ここが入口。

敷地内にはパン屋さんやピザやビールが楽しめるトラットリア・MOKICHI、ギャラリー&ショップOKEBA、そして「蔵元料理の和食レストラン天星」があります。

わー、緑が多くて素敵~!

皆も口々に、いい感じだね~

お店開店まで少し時間があるので、まずはパン屋さんでお買い物

Img_9992_2

お買いものする暇がないので、こういう時に買いまくり~

パンが・・・おいしそう・・・帰って食べてみると、かなりおいしかったぁbread

Img_9989_2 

↓この奥にあるショップ・OKEBAでは素敵な雑貨が楽しめます♪

Img_9995_2

大正時代の酒蔵を改装して作られた 蔵元料理「天青」

中は暗くて写真が撮れなかったけど、期待以上の落ち着いたお洒落な空間でした。

私好み。。。

平日限定 2700円のお料理も大満足でした。

Img_0036

お料理は暗くて写真はボケボケ・・・ぐしゅんsweat01

どうにか2枚ご紹介~♪

Img_0023001

朝採り筍ご飯はお代わり~ しましたheart04 

デザート 小さいのが一品かと思ったら、凄い! 

3品も出てきて皆ニコニコ

Img_0029

すだちのシャーベット

シフォンケーキ 玉砂糖のソース

黒米と小豆のゼリー(?)

Img_0028

Img_0041

気楽に ビール&ソーセージを楽しむのも良さそうですね~♪

これから ビールのおいしい季節、是非いらしてみて下さい。

もちろん、日本酒もいいですね。

美味しいランチを食べた後は平塚の「花菜ガーデン」へ向いましたrvcar

ここから 車で20分です。

熊澤酒蔵株式会社 HP→***

では

******

| | コメント (0)

2013年4月14日 (日)

花の筑波山 4

Img_9886001

スプリング・エフェメラル(春の妖精)の名前ぴったり・・・

筑波山北側で見つけたキクザキイチゲ。

Img_9700002

光を透過した花びらの柔らかさに惹かれて・・・

Img_9845001

カタクリたちが野山を抱く・・・そんな世界が続きますように。

Img_9827005

薄暗い中、ランタンの光の如く見えたカタクリ達

Img_9725001

エイザンスミレさん

あなたのような乙女らしさを忘れたくないものです♪

Img_9622001 Img_9748001

木々もそれぞれにかわいい花をつけ・・・

Img_9739002 Img_9835

筑波の山はパワフルに活動を始めていました。

筑波山、あっという間に身近な山になっちゃいました。

また行きます~♪

++++++

Img_9870

登頂 NO62 筑波山・女体山 877m やっほー!

では

*******

| | コメント (0)

2013年4月13日 (土)

お好み焼き 津久井@鎌倉

久しぶりに食べ物ネタです♪

今日は、emiちゃんと極楽寺~鎌倉山~広町緑地~腰越~江の島を歩いてきました。新緑が眩しくて気持ちのいい散歩でしたshoe 人の多い鎌倉の土曜日。でもこのコースは相変わらず、人の少ないいいコースです。

お腹空いたから、散策前にお昼にしない?

鎌倉西口を出て、すぐ斜め左前のお好み焼の津久井に行くことに決めました。

ここは、onoderaさんに教えてもらったお店なんです。美味しいかな? onoderaさん!行ってきましたよ~

Img_9944001

いらっしゃいませ~♪ 開店の11時半です。

「あの、二人なんですが・・・ 」「今日はね、団体さんの予約が入ってるんですよ・・・」あちゃ、駄目か・・・と思った途端、「二人なら大丈夫ですよ、一席だけ空いてるから~」 

わー、ラッキー!!!

という訳で運よく入れました。

Img_9934001

これは 津久井天990円。 色々入ってました。 牛肉、えび、いか、もやし、キャベツ、なめたけ、人参、珍しいことに、さつま芋~

よく混ぜて下さいね、あまり薄くしないでね~ 最初7分、裏返して5分、また裏返して5分焼いて下さいね。至れり尽くせりの対応で結局焼いて貰っちゃいましたぁ。 まだお客さんいなくて暇だから・・・と、奥さまに優しく楽しく対応して頂きました。

Img_9940001

味もGOOD!!! さつま芋や人参の入ったお好み焼きほわほわっとした食感で美味しい。。。 また食べたいな。

焼きそばがまた珍しい麺で・・・・・

Img_9931

最初から 茶色いの。でもこの時点では 味はないんです。 蒸したらこんな色になるんですって・・・ 上はバター これも珍しい。 

私は意外に好き。 でもemiちゃんは普通の蕎麦麺の方が良かったみたい・・・好みですね。

Img_9925 

駅からすぐそばだから行きやすいですね。御成通りに入って、すぐ右の路地を入ります。

お店を開いて、もう40年になるそうですよ。

ぜひ、一度いらしてみて下さい。

津久井天は超お薦めです♪ 気に入りました♪

Img_9937_3

お好み焼き 津久井HPhttp://www.291.co.jp/about.html

+++++

では

******

| | コメント (2)

2013年4月12日 (金)

花の筑波山 3

きのうからの続きです

Img_9712001

いい感じのすみれの階段が続きます。

岩場をえんやこらさと登って、男体山頂上に着きました。

Img_9608_2 Img_9600
登頂 NO61 筑波・男体山 871m やっほー

筑波山は山自体がご神体。

男体山、女体山には 筑波神社の本殿がありました。 

Img_9627_2

さ、自然研究路を歩きましょう。 と、思えど、自然研究路ってどこ? 入口はどこ? 一人歩きって、こんな感じの繰り返し。でも、それがいんですけどね~ ぼけ防止だわよ。笑

Img_9663002
タチツボスミレがいっぱい 
ここのは高尾・木下沢のより小さかった。2/3位の大きさ。

この自然研究路は 小さな子ども連れにもいいですね♪

花もたくさん咲いてるし、ちょうどいい散歩道♪ おお、うちのパパさんでも歩けるっ!今度誘ってみよう~~ 筑波には宇宙センターもあるよって!

(帰って誘ってみました。ケーブルカーだから大丈夫よ、子どもでも大丈夫だから!で、半分ぐらい乗り気。でも きっと駄目。次の宇宙センター!あるわよ!で俄然乗り気になりました。笑 奥さまは旦那のツボは知ってるからね~~) 今度一緒に行ってみるかな・・・

研究路、一周約一時間 写真撮るために、色んな格好して大奮闘しました。スミレもカタクリもうつむいてるから、這いつくばって撮ってると、あー、お腹のお肉がよじれて戻らない~~~必死でお腹さすっちゃった・・・笑 どうも母とずっと家に籠ってたから、色々鍛え直さなくちゃならない個所が出てきてますわ。(はい、すべて母のせいにしてます。)

+++++++

さてさて、それがカタクリなんですが・・・

Img_9645

最初は開いていたカタクリ。だんだんお天気が曇ってきて閉じちゃいました。

↓せいぜいこんな感じ

Img_9810001

でも、ほとんどはこんな感じ ↓

Img_9764001

↑ニリンソウの中のカタクリ この二つがコラボすると、きっと綺麗ですよね。今年はニリンソウが少し遅いかな~? なんて、途中で会った方がいってらっしゃいました。

Img_9711001_2

カタクリは撮るのが難しい・・・

++++++

今日は母を連れて病院に行ったので疲れました。それに筑波山の筋肉痛が・・・

今かかっているクリニックから訪問医の先生に代わるためです。呑み込みが悪くなってきて、一日 3~400cc位しか飲めなくなっているので歩くのもおぼつかなくなってきて、体重も35k位になってきて・・・訪問医の先生と訪問看護婦さんにお願いするのに紹介状をお願いしたら、連れてきなさいと・・・

紹介状書くのに、心電図とレントゲンを撮りますね・・・

はー、そんなのがいるのね。

ちゃんとしたデータを渡さないといけないのね。

この歳(89歳)になって、それもこんなに弱ってる人にレントゲンですか?

レントゲン結果は 横隔膜の所に少し影が・・・

(そりゃ、少しは誤嚥してるでしょ・・・とは、心の中で思ったこと。)

医者「すみません、この間取ったけど再度血液検査しましょう。

炎症反応みて、数値がこの位だったら、抗生物質を出すことになります。」

私「あー、はい。」

内心、えっ、また血液取るの?

一日がかりで300cc飲ませるのに・・・そんなに血を取るの?

この時期になって、病気を発見してどうなるの? と、正直思いました。

が、拒否しては訪問医の先生を紹介してもらえない。

訪問医の先生にお願いしたいのは、いざという時に死亡確認をしてほしいのです。

それだけ、それ以外は自然に任せたいのです。

なのに、お医者さんは・・・

何の為に放射能浴びさせて、血を抜き取るの?

?????と、正直思いました。

今日の母は帰ってから、あまり元気なく 

いつもだったらもう少し飲めるのにほとんど飲めずに寝ちゃいました。

おまけに言われたことは

イライラしませんか?

えっ、母がですか? とても穏やかでいつもありがとうとしかいいませんが・・・

いえ、あなたです。あなたはイライラしてませんか?

看護してて、殴っちゃう人も多いんですよ。

(大変だろうと心配してもらったのもわかるし、医者の都合もわかるんですよ。でも・・・をちょっと思っちゃうのです。)

:::::::

ここまで弱ってきた母にどうしてイライラするのでしょう?

食べるのが減った時はそんなこともありました。

何で食べないの!それじゃ死んじゃうじゃないと。。。

でも、そんな時期はもう過ぎました。とっくに・・・

全然大丈夫です。と言い返しましたが・・・

父、母の介護を通じて 多くのことを体験しました。

母はゆっくりと我が家で看取りたいと思っています。

なるべく救急車を呼ばずに、自然に任せて。。。

では

*******

| | コメント (2)

2013年4月11日 (木)

花の筑波山 2

一人で山に行く!そう決めたはいいけど、どこへ行こう? 

ほぼ高尾山に決めてました。高尾山行ったことがないんです。昔々、大学時代に合ハイで行きましたっけ・・・それでもって、帰りに東大・建築科の人に言い寄られて・・・へへ、そんな話はいいか~~impact

それとも、弘法山にしようかな。。。近いし・・・何て考えてました。

でも、ちょっと聞いてみよう・・・と、T先生にメール。

「どこかいいとこないですか?」 

さすが、T先生、色々教えて頂きました。 うーん、どうしよう~と迷っていると再度メールが・・・筑波山もいいですよ。花が多いから。

即、思いました。「えっ、それはないでしょ。」 遠いよ、、、 なのになのに、惹かれはじめたのです。何故か惹かれる・・・直観人間の私はその感覚を無視するわけにはいかぬのです・・・どんどんどんどん気持ちが向き始め、どんどん元気が出始めています。

よっしゃー!!! 何が何でも行くぞ~~!!!笑

目的は カタクリ、青い色のキクザキイチゲ。

今年は諦めていたカタクリが見れる。 それに、青いキクザキイチゲが見れる。 青いキクザキイチゲは箱根で見たことがあります。でも、ほんの2輪。 おー、なんとなんと、知らなかった・・・筑波山では結構咲いてるらしい。先生に教えて頂いた何となくの場所を頭に入れて、いざ出発!!!

++++++

・ケーブルカーで登る

・男体山&女体山の頂上に立つ

・自然研究路散策

・先生に教えて頂いた道を下り、青いキクザキイチゲの群生を見たらまた引き返す。その道をちゃんと確認するために、インフォメンションセンターで地図をもらい、教えてもらう。

・ガマの油を買う (いや、これはないです。笑 ガマの油って何に使うの?

以上を達成すること。

+++++++

Img_9563

観光気分でパチリ。 皆さんも乗った気分になってね~ お客さんいっぱいでしたよ。

Img_9565

さあ、着いたぁ♪

周りを見渡せば、もう斜面にカタクリとニリンソウがたくさん。 周りで観光客の方達の歓喜の声が上がってます♪

Img_9564001

一応分かりやすくパチリ。 8分で山頂駅到着train

このケーブルカー、大正14年10月に、関東地方では、箱根ケーブルカーについで2番目、全国でも5番目に開業したという歴史を持ってるんだそうです。今年88歳だわ~!母より1歳年下だからすぐわかる・・・

(久しぶりにガイドブックみたいなブログ書いてるぞ・・・笑 )

ご存知とは思いますが、筑波山には2つのピークがあります。

標高871mの男体山頂と標高877mの女体山。それにね、嬉しいことに100名山。。。

とにかく、目指すは山頂! まずは、男体山。大変かな~~?

が、、、しかし、、、駅を出てみると、左、目の前に男体山頂が。 あれっ、こんなもの? 目の前じゃん。 嬉しい~!簡単に頂上GETだわ~~fuji 

Img_9579004
ブルーというより紫の濃いキクザキイチゲ発見

キクザキイチゲ(菊咲一華、学名:Anemone pseudoaltaica
キンポウゲ科 イチリンソウ属 多年草

左側の男体山頂上目指して歩き出した途端、わぁ、もう咲いてます青いキクザキイチゲが・・・登り道の両脇は青いキクザキイチゲとカタクリ、スミレがたくさん。ほんの入り口で止まっちゃいました。

かわいい。。。

Img_9574Img_9772001_2 


Img_9598_4
八重咲の花も・・・花びらの様なのは正しくは萼だから八重をはいわないですね。

イチゲの仲間は柔らかくて優しくていいですね。

近くには ハルトラノオも。

Img_9582

さ、そろそろ頂上に行かねば・・・ですね。

普通に歩いたら 5分ぐらいかな。

では

******

| | コメント (2)

2013年4月10日 (水)

花の筑波山

ぶらり一人山旅、

行ってきました筑波山。

家を6時半に出発。

つくば駅に9時前に到着train つくば駅のスタバでのんびりコーヒー休憩。

つくば駅9時半出発のバスで筑波山に向かいました。バスは30分おきに出ています。

私、意外に一人旅好きなんです。

わくわくドキドキ感がたまらない・・・

でも、疲れたぁ。 

Img_9551_2

まずは、筑波神社入り口からケーブルカーに乗り込みました。えっ?ケーブルカー?なんて言わないでね。時間がないの。ゆっくり写真撮りたいから・・・

Img_9558

筑波神社は枝垂桜が綺麗でしたよ。

Img_9908

眠いので今日はここまで。

筑波山は期待以上のたくさんの花が咲いていて、正直びっくり。

わー、こんなに花に会える山だったのね~

しあわせ~幸せ~で、もうお昼なんて食べてる暇はない・・・忙しかったぁ。

疲れました。寝ますねー。

では

******

 

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

今年もジャカランダに期待

Img_9540001

我が家の3本のジャカランダみんな無事でした!!!

今年は冬の寒さが厳しくて、ベランダのジャカランダの養生が大変でした。 何度夜中にビニールやタオルを巻きに極寒のベランダで奮闘したことか・・・

お陰様で、今年も無事新しい葉芽が出てきています♪

Img_9538_2

Img_9547

今は丸坊主。

これからが楽しみです。

また今年もご期待あれ~~!

++++++

明日は気まぐれで筑波山まで行ってきます。

最初は近所の山でもお散歩と思ってたのが・・・だんだん欲が出て、カタクリとキクザキイチゲを見に一人旅に行ってきます~日帰りだけどね。母は姉にお任せ~~宜しくね。

さ、寝なきゃ~

では

*******

| | コメント (0)

2013年4月 8日 (月)

ヒメオドリコソウとホトケノザ

Img_9333
ヒメオドリコソウ

道端でよく見る

ヒメオドリコソウホトケノザ

二つの違いがきちんとイメージできない・・・なんてことないですか?

ホトケノザは、葉が、仏像で仏様が座っているあの蓮の花みたいな蓮華座に似ているので、葉は何となくイメージできるけど、花は・・・??? なんかすっごく似てるような・・・

あやふやにしかイメージできないので、この際、きちんと比べてみることに・・・

ホトケノザ→*** (いがりまさしさんの植物図鑑・撮れたてドットコムで比べて見てみて下さい。)

ヒメオドリコソウは花は葉に隠れるように咲いてるけど、ホトケノザの花はしっかりと見えて立ち上がってるんですね。

これでしっかり分かりました!!!

ね、わかったでしょ~~! 

え?それぐらい知ってるって???それは失礼しましたぁ~~~

Img_0642

木下沢で 変わった色のオオイヌノフグリを見ましたよ。

紫色。

珍しいかも。

では

******

 

| | コメント (0)

2013年4月 7日 (日)

アオイスミレ

Img_9462001
アオイスミレ@日影沢 (Viola hondoensis ) 
スミレ科スミレ属  2013.04.01

思っていたより雨はすぐに上がり、今日は輝くようないいお天気でしたね。

昨日も今日も一歩も外に出ていないので、、、もしかしたらその前の日も、その前の日も・・・考えてみると5日間、外の空気を吸ってないぞ~~coldsweats02

そんな生活になってしまっています。

日常品はネット注文生活してます。(おーい、ダイエーさんもっといい野菜持ってきて~!)

でも、昨日、思ったんです。出ればいいじゃん、朝、母がまだ寝ているうちに早起きして、、、自分の自覚次第だわ~~と。

へへへ、思っただけで、今日も母と一緒に遅く起きてしまいましたがね・・・

そのうち突然早起きして歩き出すかもしれません。

じゃないと、

少し高い夏山に登れなくなるから・・・少し真面目に考えてます。

+++++++

さあて、

なので、スミレのまとめです

書くと覚えるかな…と思って。

そうそう、スミレの特徴がすっきりとまとめられているHPがありました。→***

ぜひどうぞ。。。

今日はアオイスミレ

今年初めてしっかりと覚えられたスミレです。

アオイスミレは真っ先に咲くスミレの一つ。今まで葉っぱしか見たことがなく今年初めて見る事が出来ました。

それでもあまり咲いてませんでした。

もっといい写真が撮りたいな・・・

++++++

上弁がウサギの耳みたいに立ってますね。

Img_0732
木下沢にて 2013.03.29

葉っぱは丸っこく、『葵の御紋』のモデルであるフタバアオイの葉に似ていることからアオイスミレと言います。写真からわかるかな?匍匐茎をのばして増えていくんです。地上茎は持ちません。一番下から、葉や花がでてるでしょ?!

Img_0731001_2

よーく見てみると毛の多い子です。

葉は丸まって出てくるんですね~

Img_0713

この写真ではわからないのですが、大きな特徴として、柱頭の先がかぎ型に曲がっているんですって。。。来年はその写真を撮らねば・・・写真ではクリーム色の柱頭が見えないので、見えないという事は下に曲がってるんですよね、きっと。。。

Img_0708001

スミレとは、大工さんが木材に字を書く時に使う墨入れ(墨ツボ)の形に似ているから名前が付けられたといわれていますが、まったくその通りですね。

建築家の父にくっついてよく建築現場に行っていたので、大工さんの墨入れは懐かしいナ~~

では

*******

| | コメント (2)

2013年4月 5日 (金)

エイザンスミレ

Img_0884001
エイザンスミレ(Viola eizanensis) スミレ科 スミレ属
別名:エゾスミレ

他のスミレと違って、葉に切れ込みがあって一番に覚えたスミレ。

覚えやすいのでホッとしますよね。

私にも覚えられる!って感じでねー笑

Img_0929003

花は淡紅色。でも花弁の形も色も、個性がありますね。

葉の切れ方は、普通深く3裂するのが普通。でもさらに分かれて、一見5裂に見えるものもありますね。上の写真の葉を見てもらえればその感じが分かるかな?!

Img_0808001

この子は顎が尖がってるしね・・・

Img_9386002

あれ、この子はもっと尖がってる・・・

Img_9397

この子が一番よく見るお顔かな・・・・・ 

Img_0898001

柱頭はカマキリの頭型です。

毛が多いなぁ~~~

Img_9400001
先生から横顔もちゃんと撮りなさいと言われたもので・・・一応載せときますぅっ。

ちなみに、葉に切れ込みがあるスミレは、日本には3種類。他にはヒゴスミレナンザンスミレがあります。

ヒゴスミレはもっと葉が細い感じで5裂です。

ナンザンスミレは見たことないので分からない・・・

では

*******

| | コメント (2)

2013年4月 4日 (木)

心にとまった。

Img_0688001         
タチツボスミレ@木下沢

↓今日、ふと心にとまった言葉です。

       「あの人が来てくれたら、明るくなる」
    「あの人と会うと、元気になる」
    「あの人がいてくれるだけで、なんとかなりそう」
    

    周りから、そう思われている人は
    経験があるからでも自信があるからでも能力があるからでもない
    

    ちょっとでも明るくしよう 少しでも元気づけてあげよう
    できる限りひっぱっていこうと心がけているだけ 
             

         小田真嘉 

では

******

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

ネコノメ いろいろ

Img_9369004_2
ヨゴレネコノメ

皆からちょっとかわいそうな名前ね!と、いつも同情を向けてもらえて、本当はそう可哀そうでもないヨゴレネコノメ?も咲いていました。が、まだあまり花が開いていませんでした。葯は濃い深い紅色で、もっと開くとなかなかシックなお顔なのに。。。

色んなネコノメソウ達のことを考えていると、たか女さんから「シロバナネコノメ」の写真を送っていただきました。島根県の立久恵峡で這いつくばって撮ったんですって!!

+++++++

001

シロバナネコノメは、近畿・中国地方~四国・九州に分布。

葉が毛で覆われているのが特徴らしいです。確かに剛毛っぽいのが生えてますね~。笑  萼片がハナネコノメより細くて尖がっているらしいですが、それぞれ色々な個体があるので顕著な違いにはなりにくいですよね。

じゃー、大きな違いは???

ハナネコノメとの一番の違いは、

花粉が白いこと。これは間違えられない違いだわ~。

シロバナも見てみたいナ!


↓↑シロバナネコノメ たか女さんより

002 

↑花粉が白い (シロバナネコノメ)

Img_0785001

↑花粉が黄色い (ハナネコノメ) 

+++++++

今日は、ヨゴレネコノメの紹介

そして、シロバナネコノメとハナネコノメの違いでした~。

たか女さん ありがとうございました♪

では

******* 

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

心は、いまだに木下沢そして日影沢

Img_9487003_2 
コチャルメルソウ  Mitella pauciflora

ユキノシタ科 チャルメルソウ属

今日はまた寒い日でしたね。

姉や姪っ子たちが遊びに来たので賑やかな一日でした。

ちょっと眠くなってしまったので、この写真だけ載せて寝ることにしますね。

きのうの散策の最後、やっぱりコチャルメルソウだけは見て帰りましょう!と、日影沢・木道下の川沿いに行きました。

わー、こんなに咲いてるのね~♪ 

思わずにっこりしちゃいます♪

Img_9489001

あー、でもいつもながら小さい小さいコチャルメルちゃん。

背丈は 15cmぐらい、花の直径は2~3mm 

散策の最後に撮るには、少々集中力が足りないかも・・・・・

しかし、まるで宇宙との通信機器のようなユーモラスな姿を逃すわけにはいかぬ。と、頑張って撮ってみました。

が・・・相変わらず難しい。

Img_9491002

沢山咲いてるでしょ~

今年も見れて、し・あ・わ・せ♪ 

またまた必死にカメラを向けたひと時でした。

心は、いまだに木下沢、日影沢。

このし・あ・わ・せ感は、まだまだ持ちそうです。

では

******

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

よく歩いたぁ

今日は、星子の散策で、裏高尾の木下沢&日影沢を歩いてきました。

日影沢を歩くというので、「木下沢も歩かない? 金曜日に歩いたばかりだから、案内バッチリよ!」なんて半分無理やり歩かせちゃいました。笑 でも、赤い葯の付いたハナネコノメも見れたし・・・スミレも色々咲いてたし・・・みんな満足してくれたみたいで良かった。

このところ、急に3回も歩いたので、腰が痛いcoldsweats02

ヨワッチクなったものです。

今日から、新しい若いメンバーSさんが一緒に歩いてくれました。

私も頑張らねば~~foot Sさん宜しくお願いしますね。

Img_9431001 

きょうは珍しいこんな萼(がく)の赤いハナネコノメが見れました。

記念撮影をお願いした方が教えて下さいました。ラッキー!

Img_9433

↓そして、薄いグリーンに変化したハナネコノメも。

Img_9453

↓そして、ツルネコノメも発見!

Img_9443001

↑緑色のがツルネコノメ

その後、日影沢で 偶然、筒井先生にお会いして、

聞いてみたら、

グリーンのは 「退化して、色が白からグリーンに変化したんでしょうね。」

赤いのは 「何か意味があるんでしょうが、分からないわね~」と、おっしゃっていました。

+++++++

araiさんは ハナネコノメって、こんなに小さかったんだ~~って、声をあげてましたねー

junkoさんは、初高尾なの!って嬉しそうでしたねー

そうだ、今日は びっくり!utsumiさんがっ!高尾駅で!現れた!久しぶりに会えて嬉しい~~!一緒にあるこうと思ってたのに、孫が生まれちゃったのよ~~ですって、高尾駅から5分の所にお譲さんがお住まいなのだそうです。小仏行のバスを見送って下さいました。ありがとうutsumiさん。

ハルさんも満足そうでよかった~heart04

いやー、またまた色んなハプニングがあったり、ガイドして下さる方や帰りに高尾駅まで車で送って下さる方や嬉しいめぐりあわせが信じられないくらいあって、楽しい楽しい散策でした。

なんだか不思議なくらいガイドさんが現れてくれるのです~~!

アリガタヤ~~~

では

*******

| | コメント (4)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »