« Toshi Yoroizuka @恵比寿 | トップページ | リース作り 2 と エトセトラ »

2013年6月23日 (日)

ヒペリカムいろいろ

Img_1707002

そろそろ終わりに近づいた ビョウヤナギ(未央柳)です。

雄しべが綺麗ですね♪

雄しべの長さが長くて、私が教えてもらった先生いわく、鼻毛のようにビョウビョウと伸びているから、ビョウヤナギなんですって~~笑 お蔭ですぐ覚えましたぁ☆

ビヨウヤナギ(美容柳)ともいいます。娘には絶対この名が受けるわ~w

この花に似たキンシバイより、あとに咲きますね。

Img_0442_2
たぶんヒペリカム・カリシナム(キンシバイと言ってもいいけど・・・)

キンシバイは雄しべが短いです。

鼻毛が整ってるのね~~

この頃、色々な園芸種が出ていて、普通キンシバイと、私達が言っているものも、花が大きいとヒペリカム・カリシナムという園芸種のことが多くて、枝先に花が垂れていて、大きさは直径3cmぐらいのものが元祖キンシバイです。キンシバイの花はあまり見事でなく花弁は大きく開きません。

一方、

ビョウヤナギの方も似た園芸種があって・・・

Img_1703001_2

ビョウヤナギの葉は互生。

背丈は結構高くて、1mぐらいになります。

↓こちらは

Img_1714001

背丈があまり高くない園芸品種のヒペリカム・ヒドコート。

葯の色が違うでしょ。

Img_1720001

葉も互生ではなく対生。背丈も30~40cmです。

日陰でも良く育つので、うちのマンションでも、色んな種類が見られます。

いずれにしろ ヒペリカムの仲間。

オトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木

ヒペリカムは英語の属名です。オトギリソウ属を英語で言うとヒペリカムなんです。

+++++

そこで、もうひとつ、ヒペリカムというと・・・

あの花屋さんでよく見る赤い実じゃない?と思う方・・・

そうそうそうなんですよね。

私も最初、へーと思っちゃいましたぁ!

あの赤い可愛い実は、このキンシバイやビョウヤナギの仲間だったのですね~

今年は、キンシバイに目が行きました。

覚えたつもりだけど、来年覚えてるかしら

+++++

祝:富士山世界遺産

うーんとうなったサッカー せっかく早起きしたのに駄目じゃん。

祝:ゴールドシップ(お馬です~)私はオルフェーブルとゴールドシップを応援してます~

では

*****

|

« Toshi Yoroizuka @恵比寿 | トップページ | リース作り 2 と エトセトラ »

e2植物・低木」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。