« 安息日 | トップページ | オニシモツケ »

2013年8月 6日 (火)

オゼヌマアザミ

Img_3844004

その場所に行ってみて、初めて、何かをふっと思い出すことがありますよね。

それまでは、まったく思いもしないのに・・・

大江湿原で、前回オゼヌマアザミを見たことを思い出しました。

何となく名前だけ憶えてたんですね。

「星さん、これオゼヌマアザミですか?」

「ううん、それはノアザミ、オゼヌマアザミはこっちだよ。」

と、指差されたアザミは、基部のところがまるで針の様な緑色の総苞片で囲まれていました。葉の棘が凄くて、ちょっと引っかかると痛そうで

ははーん、これだったのね。 

これは、なんと覚えやすいアザミだこと。

Img_3772002 

固有種で尾瀬でしか見れないアザミです。

名前はオゼヌマですが、尾瀬沼だけでなく、尾瀬ヶ原の下田代や上田代でも見られるそうです。

アザミは、スコットランドの国花なんですって。

+++++

スコットランドの花Flower of Scotland)は、スコットランドの非公式な国歌として、今日、広く認められている歌である。スコットランド代表が出場するラグビーやサッカーの国際試合でしばしば歌われ、フラワー・オブ・スコットランドとも呼ばれる。

タイトルともなっている「スコットランドの花」とはスコットランドの国花であるアザミを指している。夜の闇にまぎれてスコットランドを攻撃しようと裸足で身を潜めていたヴァイキングたちが、アザミのとげを踏み、その痛さに思わず声をあげたことによって、スコットランドの人々が侵略の危険を察知した、という言い伝えがある。

ウイキペディアより

+++++

他にノアザミ、エンシュウオニアザミが咲いてました。

Img_3816

↑は、ノアザミ。

エンシュウオニアザミも写しとけばよかった。

どうもいまいち元気がなくてあんまり写せなかったの・・・

あれで元気がなかったの・・・と言われそうですが・・・

脳が働かなくて・・・

元気に脳が働く時は、レンズ変えたり、ささっと出来るけど、駄目な時は動きがぎこちなくて、つい億劫になりますね。色んな事がいっぺんに器用にこなせないと、フィールドで一眼は持てない・・・です 

脳さん、頑張れ~!

では

*****

|

« 安息日 | トップページ | オニシモツケ »

e4高山植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。