2012年4月20日 (金)

沖縄土産のオヒルギ

Rimg0254 Rimg0512
オヒルギ                          マッドスキッパー@シンガポール

久し振りにマングローブの話題です。

minoriちゃんが沖縄からマングローブを持って帰ってきてくれました。わぁー!嬉しい! 悲しいかな、どんどん熱帯植物の記憶は消えていっております。ただでさえ、忘れやすいお歳になっておりますのに、普段目にしないものをいつまで覚えていられるか・・・しゃーない、しゃーないでございますね。

それでもこうやって、久しぶりにマンゴローブに出会うと、やっぱりにんまり~~happy01 癒しでございます。

P4208842

やってきたのは、沖縄あたりで一番多い種類のオヒルギ。赤い花が特徴です。シンガポールでもたくさん見られましたね。我が家にやって来たはいいけど、大丈夫かな? こんな10階のベランダにやってきて、おまえさん、なんていう運命??? 思いっきり愛してやらねば・・・

椰子の木に、ジャカランダに、マングローブまでいる我が家のリビング。娘がジャングル化してると言っております~~笑

P4208844

まるで葉巻のような形のオヒルギの種。胎生種子と言って、育っていく栄養は種の中にしっかり溜まっています。だから、そんなに栄養は与えなくてもいい筈。水をたっぷりやらなくちゃいけませんね。上の方から可愛い芽が出るはずbud 

まだまだ寒いから、部屋の中に入れてやりました。

若い20代のminoriちゃんとマングロ-ブとの出会いは私と一緒に行ったビンタン島でのこと。初めてのマングローブツアーは思ったより楽しかったみたいで、今では私よりアジアをうろつくようになっちゃってます。私の方が羨ましい・・・。

ビンタン島のマングローブツアーの記事。よかったら、見てみて下さい。マングローブについての知識も少し書いてあります。

では

*******

| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

ボルネオの青い蘭

世界らん展日本大賞2012

東京ドームで今日までらん展が開催されてました。今回はボルネオの青い蘭」が話題だったようですね。行きたかったけど、私は駄目でした。

オスギさんが行ってきたわよ~~と、写真を送ってくれて、皆さんにもぜひご紹介下さい!とのことなので、嬉しく紹介させて頂きます。

オスギさんありがとう。

以下、彼女からのメールです♪

ーーーーーー

青いランは、ガラスケースでカバーされ、ちょっとライトアップなんかされていて、」ガラス越し20cm~30cmくらい離れている上、押すな押すなの大行列、例の『立ち止まらずお進みくださ~い』なので、じっくり撮影はできませんでしたが、何とか撮った写真をご覧ください。

世界に青いランはこの3種しかないそうで、それぞれ色は違います。

現地の高地では青色は濃くなるそうです。

日本初のゴクシンギーが一番青系で、極薄青色です。

アバシーは、青紫色。

メリリアナムは、薄紫色といった感じ。

ガラス越しでどうしても厚みのある葉にピントがあってしまい、難しかったです。

ホワイトバランスを変えても花の色が当たっているライトの関係で白めに写っています。

ジュエルオーキッドは、ほとんど皆素通りだったので、ガラス越しでしたが、ゆっくりよく撮れて、実物とほぼ同じ色です。

では~♪

メリリアナム

Photo

Photo_2

ゴクシンギー

Photo_3

Photo_4

Photo_5

アバシー

Photo_6

1

↓デンドロビューム2012年大賞

Photo_7

↓ジュエルオーキッド

Photo_8

今回のボルネオの蘭は、マレーシア・サバ州野生生物局から、特別に許可を得て蘭保護施設から日本へ持ち込まれ、自然保護の観点から、本展終了後にはボルネオに返還されるそうです。

青いケシは知ってるけど、青い蘭があるんですね。

目で見ないと本当の色はわからないですよね。どうもこの頃人混みを避けてます。今度は頑張ってらん展行ってみることにしようかな。。。。。。うーーん、やっぱりボルネオ行きたい!!!

オスギさんありがとう!

では

*******

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

うっとりする造形美@ココ椰子の葉

Img_9134

この間から、綺麗だなーと思っている、我が家のリビングのココナツ椰子の若い葉っぱ。切り絵細工みたい。椰子の葉が広がっていくのって楽しいですよね。。。シンガポールにいる時は実生のココナツを道端で拾ってきて、家のリビングにおいてました。あのカンタベリーココちゃんは今も元気で育ってるかな?

↓シンガポールでココ椰子を拾った時の記事です、懐かしいです。見てみて下さい。

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_a6a7.html

Img_9081

じつは、父が先週の日曜日に救急入院したので、ブログが書けないままになってました。誤嚥性肺炎です。元気復活して、また我が家に帰って来てくれればいいのですが・・・父は入院したままですが、私も普段の生活を取り戻すため、明日は散策して来ます。ヤマラッキョウが綺麗に咲いているらしいです♪ 楽しみ~!

では

*******

| | コメント (4)

2011年10月20日 (木)

こばちゃん、お帰りなさい会

Img_0097

シンガポールからこばちゃんが本帰国になって帰ってきたので、今日は「お帰りなさい会」をしてきました。久しぶりの仲間が揃い楽しかったぁ。こばちゃんはシンガポール植物園ガイド仲間、シンガポール日本人会自然友の会仲間、それになんといっても、私が帰国した後、植物園で「ボタ歩きの会」を引き継いでやってくれた大事な友達です。

今では、ズンバのkeikoとも呼ばれておりますが・・・ヽ(´▽`)/

場所は、六本木駅から徒歩10分、六本木ヒルズ近くの重慶飯店・麻布賓館(西麻布)。住宅街の中の隠れ家的存在のレストラン。横浜中華街・重慶飯店の支店です。こじんまりとした素敵なインテリアのお店で、料理の味もあっさりしていておいしかったですよ。なんといっても、お料理の飾りつけが美しいし、楽しいんです。かわいいし・・・

Img_0098

インテリアの基調は黒。それにゴールドとオレンジがお洒落に演出してくれています。今回利用したのは、「一休.comレストラン」のスペシャルプラン いつもは4900円のコースがなんと2700円!!!という企画。お店の知名度を広げたいという狙いの企画らしいので、お得した分、宣伝しますね~~笑 税・サービス料込、ワンドリンク付きなんですよ!アルコールでもOK。

Img_0108_2

手作りソーセージとチャーシュウが入った中華風サラダ

こうメニューには書いてあって、色々想像したけど、想像を超えたかわいいサラダににんまり。

Img_01131

帆立とちっちゃい蛸ちゃん。塩味炒め。美味しい~~♪

Img_01191

なすとひき肉のはさみ揚げ このメニューの名前だけで、こんなかわいい花が出てくるとは想像できます? タイ風チリソースがかけてあります。

Img_01201

蟹肉とふかヒレ入りコーンスープ

Img_01241

四川料理代表。麻ボウ豆腐&チャーハン

Img_01251

ひよこがかわいいでしょー このひよこちゃんがおいしかった♪外さくさくでイメージと違ってました。右上はゴマ団子が入ってるお汁粉。左は杏仁豆腐。 

それに私はスパークリングワインを頂きました。

もう超お得感いっぱいだねーみんなお腹も一杯満たされ大満足。お薦めですよ!

いつまでこのキャンペーンやってるのかな?一休.comレストラン見てみて下さい。 

+++++

今日は植物仲間の集まり。

こばちゃんが、こんなものを持って来てくれました。彼女が帰国の時にプレゼントされたものだそうです。

Img_0105

熱帯植物好きの人はおおーっ!というに違いない。。。かな? というこの種の面々。全部ヤシの実です。下の左側のニッパヤシからぐるっと右上に・・・あとは、下の写真を見て下さい。

Img_0104

いいな、いいな。。。シンガポールは楽しかった!熱帯植物も楽しかった!一つ一つの実を眺めるだけで、色んな風景が浮かんできます。椰子の実を見ても沢山の思い出があるから楽しいんですよね。あの人と一緒に、あそこでこの実を見た・・・とかね♪

Junkoさんが懐かしい写真をプリントアウトして持って来てくれました。あらまー、皆、若いわ~~笑

また、皆で歩こう~! 意見が一致して、次回の約束をして帰りました。次回散策場所は新宿御苑です♪

Img_0144_2

では

********

| | コメント (4)

2011年9月 9日 (金)

思いがけずアケボノソウに・・・

おととい、白馬に行ってきました。白馬の植物を知りつくそう。」という9回シリーズのツアー第1回目でした。日帰りで白馬とか、乗鞍岳登山とか、色々楽しんでます。

やればできるものですね。もちろん時間のある人は、ゆっくり1~2泊するに越したことはない素晴らしい白馬ですが、私みたいに時間のとれない立場の者には嬉しいツアーです。

家でなーんとなく過ごしてるとあっという間に過ぎる一日。有効に使えば、こんなにも沢山の事が出来るんですね。

紀伊半島では、まだまだ雨が大変そうですが、日本列島、長かった台風も遠くへ過ぎ去り、やっと晴天が戻ってきました。特に、おとといは稀にみる上天気sun 中央高速から両側にみえ る山々。雲が一つもかかっていない・・・!ずっと、白馬までそんな状態でした。素晴らしい景色でした。4時間と言えば長そうですが、日頃の寝不足解消にピッタリ~~のツアーでもあり、素晴らしい景色に勝った眠気~~寝た寝た寝ましたぁ~~bussleepy おじいちゃんに何食べさせよう、おばあちゃんに何食べさせよう・・・子どもたちに、パパさんに・・・なーんて、なーんにも考えないで寝れることが、なんて、なんて、なんて嬉しいの~~

Img_7094_3Img_70981_2
安曇野・スイス村特製、歩荷(ぼっか)弁当 

ふふ、それはさておき、第一回は姫川源流・親海湿原散策でした。白馬駅のずっと手前、木崎湖・青木湖を過ぎたさのさかスキー場の近くです。ガイドは藤井猛さん。前に一度お世話になった事があります。

Img_70991
そろそろ白馬も近く、信濃大町まで来ました。山を写そうとしたけど、タイミング悪し・・

Img_7355

白馬のマンホール かわいい

Img_7100

さあ、歩き始め。。。約3時間の散策です。

Img_72132
白い花はオオバセンキュウ シシウドとの違いは茎がイナバウワーしてるんです。

雨傘、今日は日傘

親海湿原およみしつげんと読むんだそう。まだ覚えられない。。。

かなりの数の植物を楽しめましたが、これが見れたので、私は大満足!

これとは・・・アケボノソウです♪ 前の方でアケボノソウ!の声が聞こえて~、キャー!心が踊りました!それまで、暑くてぼんやーりしてたんです。久しぶりの植物散策。歩みがのろい~~~次から次への説明のおしゃべりに、頭はぱんぱん。わたしゃ、花は適当で歩く方が性に合ってるかも・・・ あ、それはいいとして、アケボノソウです!

もうずっと見たかった花、ナンバー1。見れました。めちゃくちゃハッピー!!!

たった一株だったけど、もうこの日はそれでOK!大満足!

Img_71881
学名:Swertia bimaculata
和名:アケボノソウ 曙草 リンドウ科

花弁に大きな薄緑色の蜜線が目立ちますよね。リンドウ科なんですって。アケボノソウの名前は、5枚の星の形をした花びらを夜明けの空(曙)に例え、丸い斑点を明けの空の星に見たてたとも、 黄緑の丸い模様を月、細かい点々を星に例えたともいいます。いずれにしろ綺麗なたとえですよね。二つの蜜腺が目玉の様でもあり・・・それぞれの花弁が様々な表情をしています。かわいいな。。。

Img_7180
背丈は50~80cm

湿った場所が好きな2年草で、1年目は葉を広げるだけで、2年目に花が咲くんだそうです。見てみると、納得。リンドウ科らしいしっかりとした姿でした。もっと柔らかい印象を持ってましたが、花弁も葉もとんがってました。蜜腺があそこにあると、どうやって雌しべに花粉がつくのかな?

虫さんがいるところを見てみたいものです。

ちなみに

あけぼの(曙)とは・・・夜明けの、空が明るくなってきたときのことです♪

枕草子では、春は曙(夜明け)がいい。だんだんと白くなっていく、山ぎわが少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている(のがいい)。といってますね。。。

では

*******

| | コメント (0)

2011年6月24日 (金)

マンゴスチン見つけた!

ダイエーでマンゴスチンが売ってました。

4個で398円。398ならいいじゃないですか!!ちょっと貧弱なマンゴスチンだけど、もちろんそれでもハッピー!即籠に入れました。

娘がテーブルの上にマンゴスチンを見つけて飛びつきました。わぁ!マンゴスチン!さすが幼少期をシンガポールで過ごした娘です。写真撮るからねーー!すかさず言ったけど、当然あの娘には母の言葉は耳に入りませんでしたね~。だから3個になりました。2個じゃなくて良かったわ。2個じゃ写真にならないって・・・

Img_38862

このところ、父の事で家からあまり出られません。花の写真も撮りに行けないので、何かを撮らねば・・・そこでマンゴスチンもちょっとお洒落にテーブルフォトみたいに撮れないものかと、タイ産だからタイの象さんを入れて撮ってみました。

次は、バックに色をつけて・・・

Img_38943

なんだかどっちもいまいちじゃん

なんか手りゅう弾が2個置いてあるみたい。。。笑

Img_38821

これがいいです。うん、これこれ。。。と、納得。

あっ、分かって貰えなくて大丈夫。自己満足の世界ですから・・・好みですから・・・

中を切ると・・・

Img_39081

色んな食べ方があるけど、私はこうやって半分に切って、半分全部をフォークで突き刺して、くりっと出して、がぶっと食べます。

美味しい!甘酸っぱくて、きっと誰もに愛される味ですよ。

シンガポールの植物園でガイドをしていた時は、マンゴスチンの季節には、よくお客さまに木から一つ失礼して、ちょこっと食べて貰ってました。

マンゴスチンについては、↓をクリックして見て下さい。

私が初めてマンゴスチンの木」を見た時の記事です。

懐かしいな。

http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_371e.html

では

******

| | コメント (6)

2011年3月10日 (木)

スマトラオオコンニャク again!@シンガポール

Titan_arum_003

こばちゃんからスマトラオオコンニャクの写真が送られてきました♪

こばちゃんありがとう!

シンガポール・ボタニックガーデン、去年に続き、またまたスマトラオオコンニャクちゃん登場です。

でも、、、以下こばちゃんによると・・・

ーーーーーーー

今回は、ぜんぜん開かず、次の日萎れてしまったそうです。
わあー、植物園側もがっかりでしょうね。

展示した場所は、ラン園。直射日光が良くなかったかな?涼しいせいかな?
涼しいといっても日本の涼しいとは訳がちがいますよね。。。あー、シンガであったまりたい~

今回も開いたとこが見れなくて残念でした。
ーーーーーーー

sadaさんからも情報頂いてました。

いつもありがとうございます!
シンガポール情報待ってますね~heart04
シンガポールの話を聞くと、めちゃハッピーになる人が一杯~~
今日も5度の横浜です。ぶるぶるぶるぶるでございます。。。bearing

では

*********

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

ジャスミンが咲いた!

Img_04471_2

学名:Jasminum nitidum  モクセイ科ソケイ属
一般名:エンジェルウイングジャスミン(オオシロソケイ)

原産地:ニューギニア

きのう我が家で初めてのエンジェルウイングジャスミンが咲きました。天使の羽根のジャスミン。いい名前でしょ?!

先月、千葉のエクゾティックプランツで買ってきたジャスミンです。

今朝は6輪も咲いてましたbud

父が少しボケてきた頃、一番使いやすいカメラを求めて買った一眼レフのカメラ。駄目になっていたバッテリーを買ってきて写してみました。何度教えても、なかなかデジカメがうまく使えなくて、何て不器用な父なの~なんて呆れてしまったのは、実は認知症初期だったのかもしれません・・・今思えばかわいそうだでした!

写真は父の若い頃からの趣味だったけど・・・デジカメになって、めちゃ戸惑ってました。。。それでも、最後まで写してて、どうにかプリントアウトしてたのは、懐かしい姿です。

このジャスミン、原産地がニューギニアとは知りませんでした。そう言われれば、ニューギニアらしい(?)ものすごく濃い甘~い香り。いいような悪いような・・・

Img_04972_2

なんだか動物の頭を思わせるような先端の蕾。

萼がユニークな形です。

Img_04621

まだまだ小さな株ですが、大きくなるのが楽しみです♪

Img_05062

久しぶりに、一眼レフで撮って思った事。

光が違うわ~!

Img_04932_2

これからは、少しずつ一眼レフでも写してみます。

この初心者用の一眼レフでどこまで写せるかしら?

もちろん、リコーカプリオR7 とても便利で手放せません。

愛してますもん!笑

では

********

| | コメント (2)

2011年3月 3日 (木)

ロザリービーン

[2月12日・まるでアカクロサガ?]の記事にタイのSandoさんから、名前判明!のコメントを頂きました。Sandoさん、ありがとうございますheart04

自分では探しだせないでいたので、正体がわかってとてもすっきりしました。昨今、もしや、トウアズキにクズとか他の蔓が絡まっていたのではないか・・・とか考えたりもしていたんです。

エクゾティックプランツで見たこの子の正体は・・・

リンコシア・ファセオロイデスでした!

Rimg0508

学名:Rhynchosia phaseoloides  マメ科
英名:Rozary Bean (ロザリービーン) Crab's Eye (蟹の目玉)

原産地:中南米の熱帯地域 多年草つる植物

Rimg0501 Rimg0509

詳しくは 日本新薬のこのHPをどうぞ。http://www.nippon-shinyaku.co.jp/herb/db/flower/2005/rhynchosia_phaseoloides.html

そういえば、この子は日本新薬さんから頂いたと言ってらしたの・・・どうしても会社名が思い出せなくて・・・

一般名はロザリービーン。それは、この豆でロザリオ(カトリックの信者が祈りに使う)を作るから。

愛される名前がついてますね。

これで、赤と黒い色の豆は、

・アカクロサガAdenanthera bicolor
トウアズキ Abrus precatorius
リンコシア(Rhynchosia phaseoloides

の3種類を覚えました。

トウアズキとの違いは、豆のへそがトウアズキは黒い所にあり、このリンコシアは赤い所にあるそうです。じゃー、アカクロサガも赤い所におへそがあるから、リンコシアの違いは??? うーん、私が見た限りでは、ツヤが全然違いましたね。色もちょっと違う・・・リンコシアは少し朱色かな??でも、リンコシアは一回しか見たことないから・・・何とも言えません。笑

Rimg03781

↑ 左の大きい一個は、アカクロサガの実です♪ 右のは頂いたので、たぶんアカクロサガ、もしかしてトウアズキ? 確かな先輩から頂いたので、きっと赤黒さが。。。おへそはどこじゃ???・・・この写真からでは何とも言えませんね。

Rimg0327

↑シンガポールボタニックガーデンのアカクロサガの木

サガだけは、真っ赤だからすぐわかりますね♪

Rimg0350

昔、シンガポールでインド菩提樹のヘリテージツリーを見に行った時、サガの実が一杯の木を見つけパチリcamera 

シンガポ-ルに行って間もない、まだサガの木もめずらし~~いと思っていた頃のことです。その時、鳥と会話してるおじさんに遭遇!!! そのおじさんが手に名前を書いて教えてくれました。いやーー、自分のブログを検索してて思い出したぁあああ。

Rimg0365

Rimg0484

↑2006年に鳥おじさんに貰ったサガの実

その時のブログはこちら。http://sketchdiary.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_40df.html

話はずいぶん飛びましたが、タイのSandoさんのお陰で名前がわかったリンコシア・ファセオロイデス。日本のタンキリマメ(リンコシア ウォルビリス)に近いですね。同じ属ですものね。

タンキリマメは赤い莢に黒い豆。こちらも赤黒で粋だわ^^♪

植物の色って、ホント楽しい~~

では

*******

| | コメント (2)

2011年2月22日 (火)

エクゾティックプランツ訪問 5

Rimg05461

学名:Tetradenia riparia( = Iboza riparia ) シソ科テトラデニア属
一般名:Jinger Bush  吹雪花(フブキバナ)
原産地:南アフリカ・ナタール 分布は南~中央アフリカ
非耐寒性・多年性低木
雌雄異株

エクゾティックプランツの温室の中で、熱帯では珍しい、こんな優しい姿の花が目に飛び込んできました。初めて見ます。

「これ何ですか?」

「吹雪花(フブキバナ)です。」

へー、イメージそのまんまの名前ですこと。

ひとつひとつの花がかわいかったから、

写真に撮りたかったけど・・・

時間がなかった。

仕方ないので、撮った写真を頑張って拡大してみると、、、

Rimg0545

こんな花です♪

ネットで探してみると、沖縄で綺麗に咲いている写真がありました♪こんなにボリューミーに咲くんだぁ^^ 

沖縄熱帯果樹http://blogs.yahoo.co.jp/koraruhamu/50356079.html

花期が終わると、散った花びらで雪が積もったようになる光景は綺麗でしょうね。

ハルさんが花の写真送ってくれました。ありがとーー!

おー!雌しべが紫だぁ。

Tetradenia_riparia__3_

ーーーーーー

こんな優しい表情の花が好きです♪

何度も何度も同じことを聞く母に、時々冷たくなる自分がいる・・・

母の聞く頻度も数段レベルアップsweat01

ついさっきも聞いたでしょ!ときつく言ってしまう。。。

あっ、また言っちゃった・・・

もっと優しくなれればいいのに・・・

自分でそう思ってるから、

余計に優しい花に惹かれるこの頃なのかも・・・笑

花に力を借りましょう。

では

*********

| | コメント (0)