2013年10月29日 (火)

アルバニー・デイジー@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_7406001

今回の写真展に出したアルバニーデイジーの写真です。

花も愛らしいし、土や水の色が日本では見られない色をしているので目をひくみたいです。お褒めの言葉を頂き嬉しかったです。

Img_7379

みなさんの印象に残っているうちにご紹介しますね♪(と書きつつ、もう超超眠い・・・coldsweats02

もう半分眠ってる状態~~sleepy) でも書いちゃいたい。。。

何事も少しずつこつこつです・・・なんちゃってheart04

アルバニーと言う名前が頭についているということは、ここアルバにーでしか咲かない花。この子もかわいすぎるほどかわいい、し・あ・わ・せーな子。目をひき、人は思わず駆け寄ります。

Img_7363
学名:Actinodium calocephalum , Actinodium cunninghamii
Albany Daisy , Swamp Daisy アルバニー・デイジー , スワンプ・デイジー

デイジーという名前ですが、キク科ではなくフトモモ科

アルバニー近郊にだけ自生します。 花の直径は 約2.5cm

Img_7351001

この辺りによくある塩湖のほとりの湿地にも咲くので、スワンプデイジーとも呼ばれるそうです。一番上の写真からもその光景がイメージできますね。

Img_7365 Img_7370_2

Img_7342 Img_7402_4    

ピンク一色のアルバニーデイジーも咲いてました。葉の様子から、水の少ない土地に生き延びる知恵を感じますね。草本じゃなく木ですね。。。

おまえさん、一体あなたはどのくらい昔から生きてるの?

かなり昔の植物の様な気がしますが・・・

この松の様な風貌とこの艶やかな花。

そのミスマッチがいいですね~

(オヤスミナサイ・・・・・wobbly 寝てきます・・・・・shock ベッドへいくである・・・・・sleepy

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

海外の山 初3登頂@西オーストラリア・ワイルドフラワー

昨日に続いてキャッスルロックです。

豆の花やサザンクロスの花いっぱいのスカイウォークを歩いて、キャッスルロックまで行きました。お散歩っていう感じですが、最後が少しスリル満点!

岩が見えてきました。

Img_6023

到着~! と、思ったら、これはバランシングロックという岩で、キャッスルロックではないみたい。

上を見上げると、人が・・・

Img_6027

この右の大きな岩がキャッスルロックなのね。行かなくちゃ~!ちょっと頑張れる人だけ行ってくださいね~、えっ、どういう意味? 階段とか色々あって、ちょっと冒険心が必要なの~ って???

Img_6031001

行ってみてわかりました。

杭を伝って岩登り~ 日本人のサイズじゃないから、懸垂力が要求されます~ってほどでもないけど・・・オーストラリア人とは脚の長さが違うワイdenim 

ええ~!まじっ~! いやーん!

と叫びつつ・・・

岩の間を潜り抜けたら、こんな階段が・・・

Img_6029 Img_6051

Img_6036 Img_6037001

なんか大人版のフィールドアスレチック・・・でも、脚滑らせるとまともに怪我しますが。。。

Img_6039

ちょっとゆるーい判定ですが、高橋先生より登頂と認めて頂きました。

海外初登頂NO1 登頂NO65 キャッスルロックImg_6042_2

そして、海外登頂NO2 登頂NO66は ブラフノールhttp://sin-yokosketch2.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/kaigaino.html 2013.09.25

そして、海外登頂NO3はCaldyanup Trail のこれまた岩のサミット(Mt.Frankland) 風にぶっ飛ばされそうで記念撮影なし 早く降りよ~2013.09.28 海外登頂NO3 登頂NO67はMt.Frankland

Img_8100 

この岩、じつはめちゃくちゃ大きい。

頂上まで階段が続きます。階段の入り口にはこんな看板が。

Img_8148001

ここから200m上に登ります。上に行くと 素晴らしい自然が体感できますが、体力、運動力に自信がある人だけどうぞ。300段の急な階段があります。 そんなことが書いてある。

めちゃくちゃ、風がtyphoontyphoontyphoon

Img_8131

Mt.Frankland、頂上。

Img_8134001

おー、またまたオーストラリア大陸は広いの~~!

Img_8124_2

オーストラリアの三角点?

ここもまた生物多様性の宝庫。 花いっぱいでした。

Img_8104001

クレマチスと赤い豆の花

Img_8075004 Img_8153
Flame Pea                                           White Clematis クレマチス

Img_8169
ワトル

Img_8087 Img_8092

Img_8083001 Img_8162
                                                         Tree Hovea

Img_8225

Img_8209001 Img_8217

途中の湿地には ドンキーオーキッドが・・・

Img_8115 Img_8112

こんな白いランの蕾も・・・

Img_8121 Img_8117

また名前はゆっくり載せます♪

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月15日 (火)

豆の花とサザンクロスのスカイウォーク 1@西オーストラリア・ワイルドフラワー

7日目、ひたすらバスは南下し、いよいよスターリングレンジ・ナショナルパークに到着しました。

ひたすら荒野だった大地に山が現れました。 山の少ないオーストラリア、スターリングレンジの山並みはオーストラリア人がおおー!と叫ぶ景色だそうです。

Img_5923

今日より、パースより南側南氷洋の街、アルバニーに3泊です。

ウェーブロックのあるセルバンテスという町からひたすら南下し、午後キャッスルロックという岩山に登りました。海外初登山!その景色は明日にして、紹介したいのはこの山の豆の花です。綺麗でした!色んな花が咲いてたけれど、とにかくピー(豆)の花が綺麗で輝いてました。

特に紫の豆の花 があたり一面。

パープルワールドに大感激でした♪ こんなに花いっぱいの山は初めて~

今日はとにかく豆の花を眺めてみて下さい♪ 時間がないので、名前はまたゆっくりと載せますね。

Img_6171 

Img_5961_2

ポロンガラップ・レンジGranite Skywalk グラナイト・スカイウォークというトレイルを歩きました。日本人はまだあまり歩いたことないかも・・・

Img_5973

Img_5969

Img_6012

Img_6165001 Img_6128
Tree Hovea
学名:Hovea elliptica

Img_6169 Img_5976

Img_6167

Img_5982 Img_6001 

旅行中、色んな所で豆の花を見ました。一体何種類みたんでしょう?! 

ついでにこんな子も・・・

Img_5818 Img_5406
球状に咲いてるのが不思議

豆の花特集でした。

キャッスルロック、面白かったです! 

どんなところかお楽しみに~!

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月13日 (日)

ウェーブロック

Img_5781001

ウェーブロックとは

「パースから、片道350km、ピナクルズと並ぶ、人気観光スポットで、高さ15Mにも及ぶ巨大な岩です。この壁は一定方向から吹いてくる風、風が運んでくる砂、雨、熱などで浸食しできあがったもの。岩の表面には縞模様があり、これは、雨に含まれる沈殿物が傾斜して岩の表面に流れ込んだものらしい。自然が創り出す芸術である。

しかし、この岩だけ見るのに片道5時間かけてくるのは、ちょっとしんどいかも・・・ワイルドフラワーの時期に花を見ながら立ち寄るのがいいですね。」

なんて、某会社のパース旅行ガイドに書いてありました。

ぃぇい! その通りの旅をしました~♪

ワイルドフラワーを見る旅のついでに寄りました。でも、この岩なかなか面白かったです。ウェーブのところは、じつは大きな巨大な岩の一部分。ウェーブの部分を見るだけでなく、岩を登ってきましたよ。

恐怖心に勝る好奇心だ~~coldsweats01 っていうほど怖くないです。

さ、登りましょう~foot

でも、見た目より急ですよ。

Img_5625001_2

あれ、岩登りだけかと思ったら、岩の上にも植物があるじゃないですか!

植物あるところでは、どこでも私達時間とっちゃうのよね~~

Img_5631003

こんな風にすぐに観察しちゃいます。観察というよりは写真撮りたい欲に駆られてるだけ・・・?!coldsweats01

でも、色々面白い植物が見れました。

とくに、モウセンゴケがいっぱい。

Img_5733001

一面のモウセンゴケです。 囚われの身になってる虫がみえますか?

Img_5726001

↓こんなタイプのモウセンゴケも。。。

Img_5657

そして、こんな素敵なオーキッドも。。。

Img_5676 Img_5678001
ライラックサンオーキッド 

Img_5690001
ジャック・イン・ザボックス(Jack's in the Orchid) または アリオーキッド

Img_5688001 Img_5665
                                                         イエローサンオーキッド

Img_5643001_3

わー、風が~typhoontyphoontyphoon

Img_5684002

頑張って登った先では。。。

Img_5737

素晴らしい眺望が。。。待ってました。。。感動。。。

Img_5743001

やっほー! と叫んでも、周りに高い場所がないので木霊はなしだよ~でも、叫んでみたい!

ここは山の上でなく、1個の岩の上・・・凄いことだ!

ところで、あの有名な縦じま模様のところはどこ?

下へ降りてみると

ありました、縦じまのウェーブが!

Img_5769_2

この写真に写ってる右側のHさん、身軽なんですよー。あという間にウェーブの上に行って顔だけ出して笑ってましたぁ。

私達も行ってみる?

Img_5771001

かなり急坂を登ってみました。

Img_5772

あら、凄い風ね~ あら、私、落っこちそう・・・ もうひとり、黄色いガイドさんは陽気にヤッホー!平気で立ってらっしゃいます~

最後に到着したT先生達、もう遅くなるから行きますよ~というのに、やっぱり登っちゃいました。

Img_5779_3

みんな、やんちゃな子どもに返ってるみたいでしたね。

楽しかった。。。

Img_5766001

バスに戻ると、そばに綺麗なワトル(アカシア・ミモザ科)が咲いてました。

Img_5783001

Img_5783002

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

車窓からは・・・@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_5355003

さあて、気合を入れなくちゃ、忘れそう~ どんどん続けますね。でも、肩も凝りますです・・・think 

バスで移動中、車窓からよく見たのがこの風景。

一面が黄色。黄色・黄色・黄色~~~ 感嘆の声が上がります!ただただ綺麗です。でもね、この花はケープウィードと言って、アフリカの花なんです。残念ながら帰化植物。仕方ないのかな・・・強いものが生き残るってやつですね。今までも、こうやって歴史は繰り返されているのでしょうから・・・

それにしても、綺麗♪

時には、一面菜の花の事もありました。

あとは、ひたすら小麦畑が続きます。小麦・小麦・小麦~って、眺めてたら、宙にパンケーキがいっぱい浮かんで見えました。笑 これじゃ、日本の農業は太刀打ちできなわーと、言ったT先生の言葉が嫌に頭に残っています。全くです。

小麦・荒野・黄色の繰り返し・・・

そして、そこには 羊・ヒツジ・ひつじ 時々 馬 時々 牛。そんな感じですね。

いうまでもなく、ひたすらひたすら大地は続く~~~でしたねbus

Img_5942002
ケープウィード Capeweed (Arctotheca calendula )

ケープウィードは初日から毎日のように見られました。

Img_5377

この時、そばにいたKさんが「あれ何の花?」 数メートル先にピンクの花が咲いているではないですか?! 「なにあれ~!大きいね~」と答えた私。 答えながら、はっと気がつきました。「あれ、犬のお墓の造花じゃない?」 きゃははははーhappy02 二人で大笑いした瞬間でした! 

そばに羊を守る番犬のお墓があったんです。きっと、家族同様の大事な犬なんですよね。大輪の造花がたくさん飾ってあって、日本では見れない光景でした。

Img_5478

道の反対側には、また鮮やかなピンクや紫の花が・・・

Img_5391002_2 Img_5455001
ナロウスパイクド・ダンピエラ Narrow-spiked Dampiera サイネフィア Synaphea
学名:Dampiera stenostachya         

この紫色が、この間、間違えたダンピエラですよね~?

黄色やピンクのフェザーフラワーもたくさん咲いていました。

Img_5456
Painted featherflower ペインティッド・フェザーフラワー
学名: Verticordia picta

フェザーフラワー大好き~!ふわふわっとしたさまに心惹かれます。

Img_5459 Img_5451002_2

Img_5445001 Img_5462003

↓小さいバージョンのグラスツリーが見れました。

Img_5476001
ドゥワーフ・グラスツリー Dwarf Grasstree

うっとりの花々でした。まだまだ、新しい花は見れるのかな?

「まだまだ序盤ですから~~!」 Emikoさんの張り切った声が聞こえてきました。

そして、そして、次にバスが止まったのは・・・期待を裏切らない花達、ランランランでした♪

明日をお楽しみに♪

+++++

ふー、だんだん花の名前探しが大変になってきました。

バリ島の色んな予約メール入れたり、ブログ書いたり・・・忙しい~

久しぶりに水着を着てみました。 げっ!

Please help Emiko さーん!

大丈夫! 頼もしいお方ですから~ね~!

ゆっくりでいいので、これから、もし名前を書いてない花があったら、名前教えて下さいね。

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

インフォメーションセンター@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_5131001

広大な大陸オーストラリア、移動手段は車だからなのでしょう。各町には必ずと言っていいほどインフォメーションセンターがあり、そばには必ずトイレ施設が整い、ちょっとしたお土産も買えるという場所になっています。ちっちゃな道の駅かな?イメージが全然違うけどね・・・

Img_8623

↑インフォメーションセンターのマーク バスに乗っててもよく目立ちました。

Img_5132002 

特に、ワイルドフラワーカントリーで有名なペレンジョリーの街には、ワイルドフラワーの情報を教えてもらえる貴重な存在のツーリストインフォメーションセンターがありました。私達もリース・レシュノルティアの咲いている場所を教えて貰ったり、色んな情報をゲットできました。お茶も飲めたり、きっとオーストラリアの花好きの人達に愛されてる存在なんですね♪

Img_5130_2 Img_5133
ごめん下さい~♪

念願のリース・レシュノルティアの場所も教えてもらったし、Let's GO!GO!

楽しみ~~♪ 

リース・レシュノルティアについては前の記事をみて下さいね。

念願のリース・レシュノルティアhttp://sin-yokosketch2.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-aced.html

Img_5285

めちゃくちゃ嬉しかった日でした。

+++++

この日は他にもこんな花を見ましたよ。

綺麗な紫と黄色の一日でした。

Img_5097002

光の透過した紫色に惹かれました。

美しさの虜になって、パチパチパチパチ、シャッターを切りました。

素敵な花でしたダンピエラ

(ダンピエラと書きましたが、Emikoさんに指摘して頂き、ティンセルフラワーでした。ありがとうございます。)

Img_5025_2 Img_5095_2
ティンセルフラワー(学名Cyanostegia angustifolia)

薄紫の部分はガクで濃い紫の部分が花弁。受粉が終わるとこの花弁だけが落ちてしまいますが、ガクは長く残るので花が長く咲いてるように見えます。by Emiko

Img_5069 Img_5092

紫の濃淡に、突然黄色の雄しべですか・・・!

こりゃ、きっと虫さんにはたまらん色に見えるんでしょうね。

Img_5060001

ダンピエラの下には

かわいい黄色のエバーラスティングが広がっていました。

Img_5085001

Img_5108

花を見つつ、開拓者への宣教の為に作られた修道院の街ニューノーシア(new norcia)を訪れて、ヨークに向かいました。

Img_5341

Img_5351

ニューノーシア(New Norcia)は、厳格な風情を持つ、がっしりとした古い建物の並ぶ歴史的な町でした。ホテルもあるみたい・・・今度泊まってみたいな。

その後、バスはガンガン走りまくり、暗くなってヨークの街に着きました。

この町は 金鉱で栄えた町。

昔はさぞ、賑わいを見せた町だったことでしょうねdollardollardollar

キャッスルホテルというクラシックなホテルに泊まりました。

Img_9850_2

Img_9821

夕食も優雅でしたね。

内容はともかくね♪

Img_9830

行った人にだけわかる思い出のスープcoldsweats01 単刀直入にまずかったcoldsweats01 写真では普通に見えるお皿、でかーい!洗面器じゃないし・・・

朝の散歩で藤の花をみつけました。

Img_9848001

こんなとこに藤だぁ~

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

レシュール・ナショナルパーク@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_4253001
朝一で、インド洋を見に・・・ジュリアン ベイへ
このずっと先はアフリカのどのあたりでしょう?
やっぱり空が高い。

夜中、物凄い雨の音で目覚めました。かなり降っている様子、例年、9月に入ると雨は少なくなるのですが、今年は8月あまり降らず、9月に入ってから雨が多いのだそうです。旅では お天気が気になりますよね。

朝起きてみると、どうにか雨は止んでました。

よっしゃー、この調子でお願いね!思わず天気の神様と交信です?!

私、晴れ女だから~!!!と、大きな声で豪語するTさん。

私も~! と、Mさん。

ほー、私の他に、晴れ女が2人もいるのね。じゃー、大丈夫だぁ!笑

さ、みんな笑顔で出発です~bus

Img_4320 Img_4299001
レッド&グリーンカンガルポー WAの州花です        キャッツポーCat's Paw

初めて野生のレッド&グリーンカンガルーポーを見ました。

花壇に並んだカンガルーポーもいいけど、どんな花でも、やはり本当の姿を見てやりたいものです。おおー、おまえさんはこんな所で生きてきたのね。荒野に吹く風に揺れる姿は頼もしいものでした。

右はキャッツポー 背丈はせいぜい20cm程度、色んな所で見れました。

どちらもハエモドルム科 ご親戚です。

Img_4353
ウインターベル  Winter Bell

もう一つ、これもご親戚。 少し枯れかけかな? 本当は赤い花かな?

Img_4354001

花の開き方が似てますね。このカンガルーポーの仲間は大きく分けて12種類あるみたいです。

さぁて、この日は レシュール・ナショナルパークに行きました。貴重な植物が自生する保護地域で、ジュリアンベイの東に広がっている国立公園です。

Img_4332

Img_4327

ここ、私大好きでした!こんなまっすぐの道がマウント・レシュールに向かって続きます。振り返ると遥か彼方にインド洋です~!周りは広野あるのみ。わぉっ!凄いよ~!凄いよ~!凄い景色だ~!と、皆の顔が輝きます!パチパチ写しましたが、その迫力を出せた写真は一枚もありませんでした。

Img_4527002

↓マウント・レシュールというのはこんな台形の山です。

Img_4650

今日も下を覗きこみながら、ブッシュの中を歩きます~shoe

Img_4339

辺りは、白いスモークブッシュと花序を突き出したグラスツリーで埋め尽くされ、独特な風景。わぁー、オーストラリアっぽい!感嘆の声ばかりあげてました。up

Img_4448002

いかにもカンガルーやエミューが出てきそうですね♪

Img_4528002

看板のカーボーイハットをかぶったおじさんのイラストいいでしょ~?! 日本の看板はこうはいかない・・・

ここでもたくさんの花を見ましたよ。

Img_4349
ピクシーモップPixie Mops ( Petrophile linearis )
妖精のモップという意味
 

Proteaceaeヤマモガシ科 Petrophile ペトロフィリの仲間です。

Petroはギリシャ語のpetra(岩)とphileo(愛する)から

Img_4441003

黄色い種類もありました。

Img_4648
ペトロフィリ・ブレビフォリア (Petrophile Brevifolia)

花が咲いてる写真が欲しいですね。誰かないかな?

Img_4446001 Img_4428001
Winged Stakkuhousia ウイングド・スタックホウシア 飛べるホウシアかな?

Img_4426
バイオレット エレメア Violet Eremaea  フトモモ

Img_4411001
ポージー トリガープラント 

トリガープラントって面白い仕掛けを持っている花なんですよ~。詳しくはまたね。

Img_4519
キャッツポー

Img_4676 Img_4684
ベルフラワー

あー、さすがに載せるの、疲れてきました。

この辺で

+++++

オーストラリアでは、「今は春。早春よ!」と、皆で言い合ってました。じゃないと、どうも感覚が慣れません。なのに、帰ってくると、いつの間にか 夏だった横浜も秋に変化していました。

今日は、目の前の小学校で大運動会。 賑やかな歓声を聴きながら、ブログを書いています。木々も少し色付いてきています。気分を秋に変えなくちゃ~です。

でもでも、日曜日からバリ島に行きます。

また今度は夏に戻らねば・・・

体に気をつけます。

今年は夏が異常に暑かったから、みんな体が弱ってます。

皆さまも 秋バテしないようにお過ごし下さいね。

長旅だったのに、不思議なほど疲れていません。

このままの元気をバリ島まで繋げる予定です~annoy

+++++

そうそう、パースのガイドのEmikoさんからメールを頂きました。余りの植物熱心なお客にお疲れの様子でしたが、彼女らしく元気復活してらっしゃるみたいでした。

もし間違っている名前があったら、ご指摘頂けると期待してます~♪

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

ブラックカンガルーポー@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_4178001

次の観察場所はここ。風力発電所のそば。雄大だぁー!この旅で数か所の風力発電所(ウインド ファーム)を見る機会がありました。オーストラリアは土地がいくらでもありますものね。どんどん作ること可能ですね。

暫し、廻る羽に見とれてましたが、あっちの方で湧き上がる声に我に返り・・・うん?! 何々~ ブラックカンガルーポーですって??!!!

見たい~~run

Img_4120

見えます? ひょろ長ーいのがブラックカンガルーポーです。まだ蕾ですね。

Img_4136_2
学名:  Macropidia fuliginosa
英名: Black Kangaroo Paw  ヒモドラム科
     ブラックカンガルーポー

蕾が膨らむとだんだん薄緑になるんですね。

ここでの撮影は特に大変でした。風が・・・広い大陸オーストラリア、どこにいっても風が・・・写すの苦労したんですよ。自分も植物になって植物の波動と合わせる、茎が揺れて、戻ったところをすかさずパチリcamera 写すチャンスを逃すと、息を止めてる時間が長くて、ふーーーdash 苦しい~ なんて感じの連続でした。

Img_4134 Img_4136001

あー残念、いい写真がないです。ブラックカンガルーポーはここでしか見れなかったのに・・・グリーン&レッドよりも、蕊(しべ)がうんと長く飛び出してました。落ち着いた大人色でいいですね。

ほほほ、では、動かない葉を写しておこう。

Img_4115

風の中、写し疲れて、写しやすい花に心が動きました。

えい!大きく撮っちゃえ~ 気が向いたのは、黄色いコットンヘッド。

これもカンガルーポーの仲間です。

Img_4172
コットンヘッド Cottonhead

Img_4122

↑花はこんなの。

Img_4152 Img_4118
グローブピーかな?

Img_4138

Img_4175002

みんな~!行きますよ~!

またまたEmiko コールです。

Img_4185

急がなきゃ~sweat01 

Img_4189001

次はどこ行くの~?

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

エバーラスティング@西オーストラリア・ワイルドフラワー

海外に出ると食事は少しばかり覚悟が要ります。ご飯が恋しい~!と、ついつい思う日が来る・・・意外に私は平気なんですがね。。。でも、少しばかりは覚悟!なーんて思っていたのに、一日目のランチは見事に期待を裏切られ、和食のお弁当でしたぁ。

Img_3927_2

鰹節が入ったおにぎりが2個ついてます。のりが別についていて、心配りが憎いです~ でも、多すぎて食べられない~~ 美味しいけど、多すぎ~~!!! 最後まで皆で言ってた言葉です。

Img_3929

さあて、食事後、このベンチの裏手の方へ散策に出かけました。

Img_3930001 Img_3933_2

まるでサボテンの様な風貌。でもれっきとしたユーカリです。葉っぱも固い。さすが乾燥地に強い植物です。

Img_3935
葉っぱが串刺し状態みたいなユーカリで豪快。西洋の騎士みたい。と思ったのは私だけ?

少し歩くと、たくさん目につき始めているグラスツリーに花が咲いていました。アボリジニの人達はバルガ(Balga)と呼んでいたそうです。グラスは草という意味。

Img_3968001
グラスツリー Common Grasstree

こんな花の集まりなんですよ。花序をアップしてみますね。

Img_3963

雄しべも伸びきって、受粉も終わりっていう感じですね。この次の段階はまた今度~ということで。。。

ここはどんなとこ?

こんな場所です。

Img_3971

光も通る気持ちのいい場所でした。

ふと足元にピンクの花が・・・

Img_3977

あら、これ、エバーラスティング? わー、エバーラスティングだ! などと一生懸命写していると、向こうの方で皆がガヤガヤ言ってます。なんじゃ~???

おおおーーーー!!!

エバーラスティングが群生してる~~

うひゃ、ほーー! 見たかった~!

Img_4024

麦藁の様なカサカサっとした手触りのかわいい花。

Img_4023001

何てかわいいんでしょう~♪

Img_4029 Img_4034
ピンクサンレイ Pink Sunray キク科

エバーラスティングEverlasting 永遠に続くという意味

いくつかの属と種があり、触るとカサカサした触感のものが多いので、ペ-パーデイジーとも呼ばれているそうです。日本でムギワラギクとかいうのがありますよね。あれに近いですね。

Img_4044001

お名残惜しいけど、行きますよ~~

ガイドEmikoさんの声に、仕方ない、行くか~!

Img_4052

離れがたい花ばかり・・・

予定の箇所の半分も行けない・・・と、初日、Emikoさんは、なかなか集まらない花おたく達に内心大いに呆れたのでしたぁ~happy02

木の上にはこんな子が・・・

Img_4070
Gala オーストラリアで一番ポピュラーなオウムですって

胸のピンクのオウムちゃんでした。

Img_4082
ポップフラワー Popflower

Img_4076
パープルタッセルズ Purple tassels

Img_3946
ブルーレシュノルティア Blue Leschenaultia

Img_4095 Img_4098
フリンジドリリーFringed Lily                    カレーフラワー Curry Flower               

Img_4102 Img_3955002
マメ科の黄色花  豆の花いっぱい見ました              ブルーレシュノルティア

キリがないのでこの辺で・・・

+++++

さー、行きますよー!

時間がないないsweat01 

まだまだ次が~~どんどんありますよ~

はぁーい! また、バスは移動し始めました。

旅はまだ移動初日、午後2時です♪

では

*****

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

念願のリースレシュノルティア@西オーストラリア・ワイルドフラワー

やっと、ネットが使えるホテルに着きました。
パースから北側の旅を終えて、ひたすらバスは走り、南氷洋の見える都市アルバニーに着きました。
今日から、南側の旅が始まりました。

オーストラリアは広い〜
めちゃくちゃ広いですね。

毎日、次から次へと新しい花が出て来て、大興奮!!!
めちゃくちゃテンションの高い旅になってます〜

おととい念願のリースレシュノルティアが見れました!!!

数株見れれば幸せと思っていたのに、道路の両脇には目を見張るばかりのかわいいリースのような花が沢山あるではないですか!

夢のような瞬間でした。

Img_5136

他には何も咲かないような赤い土の場所に咲いてました。

Img_5259 

Img_5270

ハイウェイでなくても時速110kまで出していいそうで、車がびゅんびゅん飛ばしていきます。皆注意してねー! 

Img_5303

遥か向こうに地平線が見えますか?

とにかく広い大平原が続きます。

Img_5199

オーストラリア人も必死で撮影してました。ちょっとへっぴり腰だけど、ちゃんと撮れたかな~?!

Img_5167

三つ子もいました。

Img_5204

Img_5245001

学名:  Lechenaultia macrantha
一般名:Wreath Lechenaultia または Wreath flower
     リースレシュノルティア リースレシュノーチア
 
      リースフラワー

クサトベラ科

ムレワからモラワ周辺でのみ見られる希少種。直径50〜60cmほどの放射状に広がった茎の周辺を、囲うように花が咲きます。その姿はまるで花のリースのよう。

カンタス航空HPより

Image_3

嬉しそうでしょ?!

そうなんです。最高に嬉しかったんです~笑

Img_5228

ではまた明日

連泊するので、明日も書けます。

ちょっと寒くて暖房いれてます。

では
*****

| | コメント (0)

より以前の記事一覧