2013年11月27日 (水)

摘草料理の庵 美山荘

1img_1356

今回の京都旅行のメインは京都花背にある摘草料理・美山荘でのお食事。 何年前になるか、シンガポールにいる時に、おすぎさんが日本に帰ってきて「美山荘に泊まったのよ、素晴らしかったのよ~」と教えてくれました。あれから・・・何年たったのでしょう。約6年位かな・・・シンガポールでHPを開いてみてから、ずーっとここでのお食事を夢見ていました。

京都市内からバスで北に約一時間半。個人では行きにくい場所だし、少しばかり値が張るし、友達も誘いにくい・・・ということでツアーに乗っかっていくことにしました。お馴染み、クラブツーリズム花倶楽部です。

このツアーもまた大満足のツアーでした♪

私は基本自作の旅が好き、でも一人でツアーにひょこっと参加するのも好きです。

だって、とっても気楽なんですもの・・・

But 勿論どんなツアcーでもいいという訳には行きませんがね。

1img_1362001

もう美味しく美味しく頂いて・・・いまだ興奮状態です。

だから、他のお寺の紅葉も書きたいけれど、美山荘書いちゃいます♪

1img_1364_2

あけび茶でございます。

1img_1370

1img_1373

手前の手ぬぐいを膝の上において

銀杏みそ朴葉焼 銀杏をこういう風にして食べるなんて・・・へ~~と、感心しました。

左の御盃に冷酒を頂きました。

丹後の甘口の冷酒が素晴らしく美味しく、すーっと体にしみていきました。

お酒はわざわざ頼まなくても、その後もついで頂いたりして程よく頂けました。

1img_1378 

1img_1380001

鯉のお造り こりっと身が引き締っています。 京ならではの白味噌の汁

1img_1382

女将がご挨拶にいらっしました。 その佇まい、身のこなし、語りの素晴らしいこと。久しぶりに美しい姿を見せて頂きました。 私、何だか知れないけど涙がじわっと込み上げてきました。人として美しい。自己主張しない身の在り方。そんなことが頭をよぎりました。

1img_1385

むかご 葛よせ 甘すぎず柔らかく煮てある こんなの初めて

女将の前に若女将もご挨拶なさいましたが、こちらも素敵。女優の様なオーラ。隣の男性のYさんなんて舞い上がってましたね~ このYさん、定年後趣味で懐石料理を作られるそうで、勉強になるから前から来たくて来たくて…とおっしゃってました。 

心地よい 「お・も・て・な・し」 を経験させて頂きました。

有難く、感謝です。

お料理以上のものを頂いた気がします。

1img_1386

女将が一人一人にお酒を勧めながらご挨拶。

1img_1391001

ひとつひとつ 味わうのがとっても楽しかった八寸 川エビの右上の菱の実が美味しかったのに感激 自然の恵みを頂く

1img_1395

お凌ぎ かぶら寿司 

口に入れるとご飯の柔らかさが意外でした。 美味しい。

って、どれもこれも最高ですけど・・・

数十分前に道の駅で迷って買わなかったかぶら寿司を後悔していたけど、買わなくてよかった。 帰りの新幹線でたべようかとおもったのです。これを食べたら食べれない!買わなくてラッキー!だった。

1img_1398

松茸の土瓶蒸し 

1img_1402001

子持ち鮎 杉板焼

1img_1400

若女将です

1img_1410

杉板を外すと中には子どもがいっぱいの鮎 

1img_1415

れんこん餅 黒皮茸の揚げたもの まい茸 なめ茸 ひら茸 炊き合わせ

1img_1419

山椒についていた匙。 栗の実で作ってあるんだそうです。

1img_1423

なんて美味しい栗ごはんなの~

1img_1424

お腹が・・・いっぱいに・・・

1img_1426

水菓子 柿の上に乗っているのはサルナシの実。

あー、夏に三頭山で見た見た! 

1img_1428

とち餅 今年はとち餅にご縁があるのかな? 懐かしいとち餅の味がしました。

1img_1435

お薄で締めくくり 

皆の顔がうっとりしています~

お作法の美しい姿を見て、トイレに立った時 足運びを真似てみましたが、ぎくしゃくして様になりません。だめどすね。そういえば、トイレの床がぴかぴかに輝かれていました。

ゆっくり2時間以上かけて頂いたお昼。

もったいないくらいの極上のひと時でした。

また必ず行きます。 

今度は春かな・・・春は摘み草料理、本領発揮の季節ですものね♪

巷では 吉兆のお肉がどうのこうのと騒がれてますね。

情けないですね。

1img_1442

数奇屋建築の匠 中村外二(なかむら そとじ)が担当、設計: 吉村順三です。最高のコンビですね。

1img_1452 

穿いてらっしゃるのは「たちかけ」という花背の人達の日常着だそうです。今でもおばあさん達は、たちかけを穿いてる人もいらっしゃるとか。着物は短めに来てるの、と言ってらっしゃいました。

高雄のもっと奥の方、花背の里にあります。

一日4組さまお宿もあります。もともとはこのお隣の峰定寺の宿坊だったそうで、今4代目が頑張ってらっしゃいます。

ぜひ、皆さま 浮世を忘れに行きませんか?

古くから愛され続ける美山荘です。詳細はウイキペディアでhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%B1%B1%E8%8D%98 

摘草料理の庵  美山荘 HPhttp://miyamasou.jp/

では

*****

 

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

イタリアン・アクアパッツァ広尾

広尾のイタリアン、日高シェフのアクアパッツアに行ってきました。前から気になってたレストラン。イメージしてた通りのレストランで美味しいランチを頂きました。

Info110607 アクアパッツァHPより

一緒に行ったのは、幼稚園の時に一緒だった友達と大学時代に寮が一緒だった友達。この二人は偶然小学校が一緒だったんですって。。。二人とも長い年月を経て、今年になって縁が復活した友達です。

ゆ~っくりと食べながら、おしゃべりに花が咲いたこと!

Keikoさんは花や植物嫌いじゃないけど、あまり興味は・・・といいつつも、カンガルーポーの雄しべや雌しべの写真を見せたら、ええーっ!と、目からうろこ状態になっちゃって、ずーっと気にしてました。。。生け花に何度か使ったことあるけど、ええっ!ちっとも知らなかった。。。ですって。。。きっと植物の世界の門は開けたね~♪

Harumiさんはどんどん植物の世界が開けてて、私は置いていかれそうです~本当は虫好きなんですって!

一緒に花散策行きたいな。

+++++

ランチは 3500円のパスタランチを頂きました。

1image_10

アクアパッツアといえば、バーニャカウダ。

メルヘンチックな盛り付けがかわいい♪

1image_5001

前菜6種 盛り合わせ 右上、マンゴ-プリンじゃなくて温かいかぼちゃのスープsmile

1image_7002

サンマときのこのパスタ 

1image_6001_2

ドルチェ盛り合わせ♪ なんだか心わくわくのデザートでした♪ これに+ワイン+コーヒー

今日は、旅のお喋りで盛り上がって、バーニャカウダも残っちゃいました。食べることに集中できないほど喋るなんて・・・楽しいランチでした!

クロアチアやイギリス湖水地方の話も聞けました。

お喋りの後、根津美術館へ。

カメラを持ってなかったのが残念。

イチョウの黄色、そしてイロハモミジの紅葉。

葉色の濃い薄いが重なり合い、目を惹く景色を作りだしていました。

紅葉はこれからがますます楽しみですね。

アクアパッツア・広尾HPhttp://www.acquapazza.co.jp/index.html

根津美術館HPhttp://www.nezu-muse.or.jp/index.html

では

*****

| | コメント (4)

2013年9月15日 (日)

ヘベス@宮崎・日向

九州の記事を書こうと思っていたのに、昨日の夜は またまた爆睡してしまいました。それが、へべスで割ったビールが美味しくて!

ビールを飲むと駄目です、起きていられません。coldsweats01

へベスとは・・・

これ

Img_3417

「すだち」より玉が大きく、「かぼす」より香りが優しく、「ゆずより皮が薄くたっぷり果汁がとれるというキャッチフレーズ

rumiさんと「南郷・道の駅」で見つけて、嬉しくなって宅急便で送りました。

他にも大好きなパッションフルーツやパパさんの大好きな極早生ミカンもGET!今、我が家でとってもおいしくいただいてます。

ガンガン絞って、ビールに入れるとおいしいぃいいいぃいぃ~

すっぱさが優しいんです。

Img_3423

ヘベスは漢字で書くと 

Img_3419

この缶ジュースでわかるかな? 平兵衛酢と書くんです。 今から180年ほど前、宮崎県日向市の富高という地区で見つけた長曾我部平兵衛じいさんにちなんでつけられました。日向市でしか栽培されていないんですって。。。めちゃくちゃ気に入ってしまいました。

今回のツアーでも毎晩ビールに入れて飲みましたよ。

ハウス栽培は 6月~7月末 露地栽培は8~10月 だそうで、来年も欲しいな・・・

ちょうどツアー中に、テレビでニュースになってたらしく、年間50万トンの出荷で、絞った後の搾りかすを餌に混ぜて豚にやると肉が柔らかくなるらしく、ヘベス豚のブランド化が話題になっています。

↓ヘベスについて 

http://www.youtube.com/watch?v=OKoEFe5A7nE&feature=player_embedded

+++++

右の日向夏ドリンクも美味しいけど・・・

今回、宮崎に着いて、rumiさんが買っておいてくれた この日向夏ジュースがとってもおいしかった~~これを飲みながら日南海岸をドライブしました。

これは、超お薦めです。宮崎旅行中、どこかでみたら飲んでみて下さいね。

果汁100%です~ 新発売らしいですよ♪

Img_9828

宮崎、ホントのんびりしてました。 横浜に着いた途端、人の多い事!!! 騒がしい事!!! おのずと、言葉も人も違ってきますね。 

シンガポールで聞きなれたrumiさんの宮崎弁が、またそばで聞こえているのが、とても心地よくて・・・母が亡くなってから、とてつもなく忙しくて、宮崎でそれも久しぶりの友達の運転する車で、すべてお任せでき、やっとほわーんと心が和みました。

では

*****

 

| | コメント (0)

2013年8月31日 (土)

食べ物いろいろ@仙台

今日は母の知り合いにお礼の手紙を書いてました。まだまだ色々あります、することが・・・

さて、今日は仙台での食べ物編。

Img_9685 Img_9687

牛たん弁当勢揃いです♪ 

一番おいしかったのは右上極上厚切り1350円。

Img_9694_2 

藻塩をかけて食べます。

2番目は下の網焼き牛たん弁当1050円。

Img_9693

少し甘いたれの味がついています。これ人気商品みたいですね。

そして最後3番目が上左1050円。

Img_9689

これも藻塩をかけて食べます。開けた途端、肉が薄っ!と、息子が言ってました。これは去年栗駒山で食べましたっけ・・・

どれも黄色い紐を引っ張った途端湯気が出てきて・・・熱い~!!!山寺へ向かう電車の中、狭い椅子で、置くところがなくてあっちっち~!!!持ってられない~!!! 

でもでも、美味しかったheart04

私は今度買う時は丸型のこばやし牛たん弁当にします。

Img_9764

お次は 駅で電車の待ち時間にずんだ餅。駅構内のずんだ茶寮で。

そして、最後は何と言っても塩釜のお寿司。

朝なら水産物仲卸市場も面白いけど、時は夕方4時半。

塩釜のお寿司屋さんは火曜日はお休みのお店が多くて。。。

そんな中、開いていて本塩釜駅から近いすしに行ってみることにしました。

Img_9780

Img_9774

せっかくここまで来たんだから、いいの食べよう~!と、特上にぎり寿司を食べました。

あと、私は塩で食べるほわほわの穴子と中トロ手巻きを追加~

何て美味しいの~☆ 大満足~☆

何十年ぶりかでこんなおいしいお寿司を食べました。

それに、食べたことのない子どもたちに食べさせたかったのは・・・ホヤ!

宮城に来たからには ホヤでしょ~ぅ 

それがラッキーな事に最後の一つだったの。

その上、ホヤはこの日で最期だったんですって・・・

Img_9772002

お店の大将の話によると、この辺は津波は2mだったそうです。「この辺はね、大潮になるとよく浸水するんでね、水の処理には慣れてるんですよ。だから、あっという間に片付きましたよ。」との事でした。

Img_9777

なんせ、電車の本数が少なくて・・・電車の時間が迫ってたのでお店の写真だけ急いで写して駅に急ぎました。

人柄のいい大将でした。

すし哲、また訪れたいお寿司屋さんです♪ 特に火曜日は貴重な存在です。

すし哲 http://www.shiogama-sushitetsu.com/

では

*****

| | コメント (0)

2013年8月23日 (金)

爆睡~☆

昨日、母の四十九日法要と納骨を済ませました。

帰ってきて、バタン!と眠りこけ、爆睡~☆

「おかあさん、このお米、無洗米?」という息子の声に目覚め、「なんで、こんな夜中に起きてるの!?」って言ったら、「なんなんだよ~!おかあさん、まだ9時だよ。」ですってsign03 あちゃま~、すっかり夜中3時の気分でしたぁ。

また即寝て二日分寝だめしましたhappy01

+++++

昨日は、納骨の後、鎌倉の華正樓で会食をしました。

両親と食べに行った思い出のある場所。母も喜ぶかな?とここに決めたけど、古くて汚くなってないかなと心配した建物も思った以上に綺麗に保持されていて、味もあっさりと美味しく、さすが老舗の華正樓でした。

元、華族の別荘である三階建ての和風建築はとても貴重です。

「外人連れてくるのにいいなぁ~」と、ぱぱさんが珍しく気に入ったご様子。

良かった、良かった!

遺影を飾る場所もちゃんと用意して下さり、法事には最適な場所でした。

法事で親戚が集まり和む。

これが死者の最後のプレゼントですね。

+++++

さて、今日は打って変わって、葉山の一色海岸の海の家で結婚式出席です。

海と新婚さん見てきます~yacht

下は、華正樓HPより 宣伝になるから載せていいかな・・・?

Kamakura_top_sample3

では

*****

| | コメント (3)

2013年8月18日 (日)

とち餅@水引集落

書きたいと思いながらなかなか書けないでいるとちの話題。

もう二週間前になりますが、尾瀬を歩いた後、帰りの電車の時間までに、私達を載せてくれたガイド星さんの運転する車はビューンビューンとぶっ飛ばして、ある集落へ向かいました。その名前は、南会津の水引集落

星さんもこの集落に家があります。800年前に平家落人が住みついたという説と、文安年間にこの地の湧き水にひかれて猟師が住みついたという説をもつんだそうです。

NHKのクローズアップ現代でも紹介された茅葺曲屋集落の会津らしい風情の残る集落です。

前沢曲屋集落や大内宿は重要保存地区に指定され、どうにかその様子が維持されていますが、水引の集落も存続については様々な問題を抱えているようです。土地の人にしてみては茅葺屋根を維持することは大変な事ですものね。

そんな中、離騒館という曲屋の民宿もありました。

Img_3933_2

「民宿の中を見ます?」 いつもなら、元気よく、「見たい~!!!」という私達も尾瀬散策の疲れが出てきたのか、その元気もなく 「夕飯時だから・・・」と珍しくお断りでしたぁ。曲屋は前の日にも見たしね・・・

それに、この水引集落に来たのは他に目的があるのです。

それは、、、、とち餅!!!

疲れても食い気だけは劣らぬ星子たちです。笑

昔ながらのとち餅を作っているお宅があるそうで、欲しい!食べたい! 何でもリクエストに優しく応えてくれる星さん。

「○○の息子だけど、とち餅ある?」「今日は無いの?なんでぇ~?冷凍したのが4個? じゃ、冷凍のでいいから4個取っといて・・・。」 

さっそく電話して下さり、どうにか4個ゲットできました。

着いてみると、本当に普通のお家。まさに、知る人ぞ知るとち餅ですね。

Img_3931001_2

Img_3930001 Img_3928001

とち餅、無事買えてホッとしてるハルさんと星さん(正面からご紹介)♪

この二人、同じ歳なんですよーーーいいペアでしょっ!

「欲しいときは早く言えよって怒られちゃったよ」ですって。。。。

とち餅を作るのはとても大変だそうで、検索してみたら作り方やトチノキの紹介されたHPがあったのでご紹介~。分かりやすい素晴らしくよくまとめられているHPです。

とち餅いろいろhttp://www.geocities.jp/kinomemocho/sanpo_tochinomi.html

トチの実と材http://www.geocities.jp/kinomemocho/sanpo_tochinomi.html

+++++

水引集落の土手では夕日を背に山百合が輝いていました。

Img_3942

見事なヤマユリです。

その下には、

Img_3945001_2 Img_3948002

オニユリが・・・。

むかごがついてました。

私が一生懸命、百合の花を写しているそばで、他の皆はブルーベリーを食らいついてましたぁcherry さあて、蕎麦と駒止湿原と尾瀬・大江湿原&尾瀬沼と前沢曲屋集落、そして最後に水引集落でとち餅&ブルーベリーでこの旅もいよいよ終わりです。

また楽しかったです。

ありがとうございましたぁ。また来ますね~scissors

Img_3961001

とち餅4個を会津高原尾瀬口の駅で分けあってるところです。珍しいものを手に入れられて嬉しいな☆ 都会っ子の私には初めてのとち餅。匂ってみると・・・うーん、独特の匂いが・・・これがトチの実の匂いかな・・・内心、複雑。。。

パパさん、意外に喜んで食べてくれました。良かった!

皆はどうだった?

奥会津高原、たちばな庵さんのとち餅、美味しかったですよ♪

素朴なとち餅、トチノキを見る度に思い出すでしょう。

+++++

至れり尽くせりご案内下さるガイド星さん。

会津高原アストリアホテルズの専属ガイドさんです。ここをクリック→***

ホテルのご飯はいまいちなんだけど、それを打ち消すくらいガイドは最高です♪

星さんは、通称クマさんです。

是非、皆様も尾瀬方面に行くときにはどうぞ!

では

*****

| | コメント (4)

2013年8月11日 (日)

イル・リフュージョ・ハヤマ@葉山

昨日は、花の写真を載せようとパソコンの前で千畳敷の時の写真を眺めていましたが、名前を思い出しながら頭の整理をしていたら、時間がなくなり一日が終わりました。

暑さの為に頭がボケボケです。

暑いですねsweat01

外は、息が出来ないほどの暑さに感じられます。

でもでも、昨日は嬉しい日でした。

来客があり、一緒にイタリアンレストランへ。

場所は、葉山。

今、私の中では葉山が面白いんです!

葉山の御用邸の近く、久しぶりに納得のいくレストランに出会いました。

名前は イル・リフュージョ・ハヤマ

和の民家がイタリアンレストランになっています。

Image_16001

カメラは持たずに行ったので、こんなのしかないですが、雰囲気だけでも読み取って下さいね。お玄関まで手すりがつぃているのが、オーナーの優しさを感じられる瞬間♪

Image_17

店内では、極力写真撮影はお控えください、と書いてあったので写しませんでした。

写真は食べログの写真をみて下さいね。http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140602/14036164/

+++++

三種類の前菜

・一番おいしかったのは、ムール貝 広島・宮島産だそうです。

・タコとセロリのサラダ

・水ナスのパルミジャーノサラダ

二種類のパスタ

・ウニのスパゲティ

・毛ガニのトマトソーススパゲティ 

メイン

・湘南豚のスペアリブ

デザート

自家製バニラジェラートのエスプレッソ・アフォガード

以上を3人でシェアーして大満足。

+++++

絶対おいしいです!

ぜひぜひ、いらしてみて下さい。

HPにこんな渡辺シェフの言葉が書かれていました。

葉山のゆったりと流れる時間の中でここでなきゃ食べられない、食べるとなんだか活力が戻って、幸せになって、しばらくしてふと思い出して「あ、あそこの料理を食べたいな」と思っていただけるような、そんなマンマ(イタリア語で“お母さん”)の味のような、しみじみした美味しさをご提供できたらな、と思います。

↓イル・リフュージョ・ハヤマ HP

http://www.ilrifugio-hayama.com/index.html

他にもたくさんの魅力的なレストランがたくさんある葉山。

その中でも、また確実にふらふらと行ってしまいそうです。

今度はランチに行ってみようかな・・・

+++++

駐車場はあるのですが、とても狭い路地なので、すぐそばの葉山警察署横のパーキングに止めて歩くといいですよ。

グラスワイン1200円を一杯飲んで、一人予算約6000円でした。

では

*****

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

たまには海

Img_3562

介護お疲れ様でした。

久しぶりにランチ行かない~?

どこか海外でも行かない~?

その相談をしない?

Img_3564_2

嬉しいお誘いにのって海を見ながら葉山でランチしてきました。

Img_3568

ここは、葉山ゲストハウス C33 というレストラン。

結婚式場として名前が売れてます。

Img_3574

色々話してて、旅行はクロアチアに行きましょう~! という事に決定。

安けりゃそれに越したことはない!という友達2名と、うーん、少しはましなホテルがいい~!という私とうまい具合に折り合いをつけて楽しんでこなくちゃ~~♪ よく考えたら、彼女たちは旦那様がまだ現役でした。私だって、数年前はお金が全然回らなかった・・・ 彼女たちに合わせましょう~

いずれにしろ、

10月にクロアチアに行くことになりました。

寒いかな?

うふふ、旅行の計画を練るのは、私の一番大好きな趣味。

たのしみがどんどん増えてます~♪

ランチの後、

本当に久しぶりの一色海岸の海の家までお散歩foot

Image_14

砂にまみれながら歩くのも久しぶりです。

この頃、山ばっかりだったからね・・・

夏休みだから、もっと凄い人出かと思ったら、そうでもなくのーんびりムードの浜辺でした。本でも持ってきて、ここで一日中のんびりするのもいいな。

Image_15

サーフィンの板のような上に立って、パドルで漕いで進むやつ、名前はなんていうのかな・・・? みんなやってました。はやりかな?

葉山ゲストハウス C33 http://www.hayama-c33.jp/index.html

では

*****

 

| | コメント (0)

2013年7月13日 (土)

まずはランチ

Img_2118001
蓼科三井の森 竜神池 向こうには八ヶ岳

恵泉蓼科ガーデンのお庭を紹介したいけど、その前にランチです♪

久しぶりのクラブツーリズムのバス旅行。前の晩のギリギリまで戸籍取り寄せ等の書類を作っていて、ランチはどこで食べるのかちゃんと把握してませんでした。

バスの中で、竜神亭で食べると初めて知りました。

なかなかいいじゃないですか~

三ツ井の森の「竜神亭」は帝国ホテル経営です。

うふ、味に間違いなし・・・です。

Img_2119

バスが早く着いたので、気ままに竜神池の周りをお散歩しました。

花はあまり咲いてなかったけど、これだけはたくさん見れましたよ。この間、薬用植物園でaraiさんが見たいと言っていたウバユリです。この間は葉っぱだけだったけど、蕾が出てきてますね。

Img_2123 ウバユリ

花が満開になる頃には葉が枯れてくる事が多いので、歯(葉)のない「姥」にたとえて名づけられたの~ ひどいでしょ~?!

気持ちいいお散歩をして空腹感が増しました。

Img_2127

2009年夏から、帝国ホテルの厨房スタッフ7人と、ホール3人で運営しています。上のガラス張りのところがレストラン空間。

ランチは ハンバーグで2000円のコースでした。

Img_2130 Img_2134_2

レタスだけに見えるけど、下にいろいろ入っていてハーブのサラダでした♪

Img_2131001

柔らかくておいしい~ そして感心したのがマッシュポテト。久しぶりに王道フレンチのハンバーグを食べた気がします。

Img_2136001_2 Img_2129001

デザートがこれまた美味しい。あちこちで美味しい!の声が上がってました。

プリンの上にアイスクリーム。美味しさだけは、食べてみなくちゃわかりませんよねーごめんなさいねcoldsweats01

そして、負けずとおいしいと声が上がったのが、コーヒー。このところスタバのコーヒーとかうちのぱぱさんの買ってくる安売りコーヒーしか飲んでないので、なんて美味しく感じたことか・・・

この間 パパさんが珍しく セール品2パックに、まともな定価のパックを1つ買ってきたので、「あれー、珍しいじゃん!たまには美味しいのが飲みたくなった?」って聞いたら、「いいや、セール品が2パックしかなかったんだよ。」ですって~~!あちゃー、人はそう簡単に変わるわきゃないですね~~think 美味しくないんですけど・・・パパさん。。。

ま、私は私専用を買うからいいですけど。。。

 もしかして、ランチで一番おいしかったのはコーヒーかもcafe って?!それじゃ失礼ですね。すべて満足でしたhappy01 

疲れてる体に優しいオーソドックスな味でした。

Img_2141

真正面に八ヶ岳・阿弥陀岳が見えて素敵な眺望です♪

残念ながら、去年登った硫黄岳と横岳は見えなかった・・・懐かしいな。

でも、あれからたった一年しか経ってないのね。色んなことがあって、もう2、3年経ったような気分です。

Img_2140

ウエイターさんもいいかたで、優雅なランチタイムが過ごせました。

また行ってみたいレストランですrestaurant

Img_2143

クリックしてみて下さいね。

三井の森 竜神亭 食べログHPhttp://tabelog.com/nagano/A2004/A200403/20009373/

では

*****

| | コメント (2)

2013年6月21日 (金)

Toshi Yoroizuka @恵比寿

P6190433_2

P6190438

ミャンマー料理の「びるまの竪琴」で教えてもらったのは、

すぐ近くのパティッスリー Toshi Yoroizuka

「すぐそこだからね~、でもトシには会えないよ~cake 」

会えなくてもいいの、有名なお店はどこでも行ってみたい。ミーハーな私ですの。テレビでは、奥さまの川島なおみさんと一緒によく見かけるけど、ケーキは実際に見たことがない。。。どんなケーキかしら?

P6190436
この日のchef's week スペシャルは イバラキングというメロンのショートケーキでした。

行ってみると、その日のちょうど2時から シェフズ ウイークが開催されたばかりらしく、お客さんで賑わってました。

そして、キッチンを覗くと・・・なななんとsign03 

鎧塚さまがケーキを作ってらっしゃいましたぁsign03

びるまの竪琴さーん、トシがいましたよ~~~ 笑

ラッキー! シェフズウイークなので、今週だけはトシがいるみたい・・・birthday

興味ある方はGO、GOrun

お店に出てらしたところをパチリと撮ろうとすれば撮れましたが、落ち着いた歳の熟女のすることではございません。ブログ種には、もったいないチャンスでしたが、撮影は遠慮いたしました。

なかなかオーラありましたよ♪

買って帰った人達、美味しかった???

私は、あまりにお腹いっぱいでケーキ購入はパスしました。

小田原の一夜城にあるお店はカフェやレストランがあるとか・・・

今度行ってみようっと!早川駅からお散歩しながら行くのがちょうどいいみたい。

↓パティッスリー Toshi Yoroizuka HP

http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/

では

*****

| | コメント (0)

より以前の記事一覧