2013年11月13日 (水)

新宿御苑菊花壇展

今日は星子の散策で、新宿御苑の菊花壇展に行ってきました。自分一人ではきっと菊花壇展には行かないから、誘ってもらって良かったです。

行ってみると面白かった♪

1img_0563

新宿御苑の新宿門では、門を入ったところに大きな大作り花壇がありました。

1img_0570
大菊 兼六雪峰

菊を眺めていると、やっと秋を感じてきました。今年は秋の風情が乏しい・・・もう冬を感じてますよね。

ここで大菊を眺めて、「ねー、この一輪がダメになったらどうするのかしらね?」とか「来年も咲かすのかしらね?」とか話題は尽きず・・・???を抱えながら入園しました。

そういえば、入り口横のインフォメーションセンターで、説明やビデオが見れる資料の展示コーナーがあるので、それを見てから入園することをお勧めします。

菊花壇展の場所は日本庭園です。

さ、行きましょう~~

回遊式の日本庭園に上屋(うわや)といわれる建物を設け、特徴あふれる花々を独自の様式を基調に飾りつけられています。(パンフレットより)

1img_0585
懸崖作り 花壇

1img_0597
伊勢菊、丁子菊、嵯峨菊花壇

一六作りといって、真ん中にひとつ、そのまわりに6個の花を作ります。

1img_0636
大作り花壇

やはりここが一番人気。大作り菊は菊花壇展の白眉といわれてます。

1img_0629

ラッキーなことにここで、菊を育てている菊職人さんからお話を聞くことが出来ました。14か月で育て上げるそうで、来年のものはもう育っていて、今1m2,30cm位だそうです。そして、今年のものは今年で終わりなんだそうです。

まずは、20株くらい作り、その中から10株選び、その中の3株を展示するそうです。

また、作り方は4本に枝分かれさせ、その4本からたくさんの分かれた茎を作っていくのだそうで、もし、一つの花が駄目になった時は各段に予備の花を育て、中の方に隠しているそうです。

かなりの栄養がいるらしく、4~5日に一度の水やり、その都度、かなりの栄養を加えているそうです。sadaさん曰く、フォアグラ菊だぁ~~笑 

青竹も重要な存在で、去年は竹屋を変えてさんざんだったよ~なんて言ってらっしゃいました。

1img_0624 

ひのきの鉢(すぎだな?すぎばち?っていったような・・・)、100万円ぐらいするそうですよ。

1img_0623

1img_0644
管物菊花壇

1img_0662
大菊花壇

思っていた以上に見ごたえある菊花壇展でした。

1img_0664

最近では、珍しくお天気のいい一日でした。

御苑では多くの人が寛いでいる姿が見られました。

1img_0638001

あっという間に時が経ち11か月ぶりの御苑。

新宿御苑はいつ来てものどかでいい散策場所です。

ほんのりピンクがかった可愛いいさざんかが印象的でした。

1img_0653001

十月桜や子福桜も咲き、ヒマラヤ桜が咲き始めていました。

1img_0675

あと2週間ぐらいで、この桜のお向かいのハナノキの紅葉が始まるかな~?

菊花壇展15日までです。それ急げ~~run

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

インフォメーションセンター@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_5131001

広大な大陸オーストラリア、移動手段は車だからなのでしょう。各町には必ずと言っていいほどインフォメーションセンターがあり、そばには必ずトイレ施設が整い、ちょっとしたお土産も買えるという場所になっています。ちっちゃな道の駅かな?イメージが全然違うけどね・・・

Img_8623

↑インフォメーションセンターのマーク バスに乗っててもよく目立ちました。

Img_5132002 

特に、ワイルドフラワーカントリーで有名なペレンジョリーの街には、ワイルドフラワーの情報を教えてもらえる貴重な存在のツーリストインフォメーションセンターがありました。私達もリース・レシュノルティアの咲いている場所を教えて貰ったり、色んな情報をゲットできました。お茶も飲めたり、きっとオーストラリアの花好きの人達に愛されてる存在なんですね♪

Img_5130_2 Img_5133
ごめん下さい~♪

念願のリース・レシュノルティアの場所も教えてもらったし、Let's GO!GO!

楽しみ~~♪ 

リース・レシュノルティアについては前の記事をみて下さいね。

念願のリース・レシュノルティアhttp://sin-yokosketch2.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-aced.html

Img_5285

めちゃくちゃ嬉しかった日でした。

+++++

この日は他にもこんな花を見ましたよ。

綺麗な紫と黄色の一日でした。

Img_5097002

光の透過した紫色に惹かれました。

美しさの虜になって、パチパチパチパチ、シャッターを切りました。

素敵な花でしたダンピエラ

(ダンピエラと書きましたが、Emikoさんに指摘して頂き、ティンセルフラワーでした。ありがとうございます。)

Img_5025_2 Img_5095_2
ティンセルフラワー(学名Cyanostegia angustifolia)

薄紫の部分はガクで濃い紫の部分が花弁。受粉が終わるとこの花弁だけが落ちてしまいますが、ガクは長く残るので花が長く咲いてるように見えます。by Emiko

Img_5069 Img_5092

紫の濃淡に、突然黄色の雄しべですか・・・!

こりゃ、きっと虫さんにはたまらん色に見えるんでしょうね。

Img_5060001

ダンピエラの下には

かわいい黄色のエバーラスティングが広がっていました。

Img_5085001

Img_5108

花を見つつ、開拓者への宣教の為に作られた修道院の街ニューノーシア(new norcia)を訪れて、ヨークに向かいました。

Img_5341

Img_5351

ニューノーシア(New Norcia)は、厳格な風情を持つ、がっしりとした古い建物の並ぶ歴史的な町でした。ホテルもあるみたい・・・今度泊まってみたいな。

その後、バスはガンガン走りまくり、暗くなってヨークの街に着きました。

この町は 金鉱で栄えた町。

昔はさぞ、賑わいを見せた町だったことでしょうねdollardollardollar

キャッスルホテルというクラシックなホテルに泊まりました。

Img_9850_2

Img_9821

夕食も優雅でしたね。

内容はともかくね♪

Img_9830

行った人にだけわかる思い出のスープcoldsweats01 単刀直入にまずかったcoldsweats01 写真では普通に見えるお皿、でかーい!洗面器じゃないし・・・

朝の散歩で藤の花をみつけました。

Img_9848001

こんなとこに藤だぁ~

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

レシュール、また来るね@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_4815001

大好きだったレシュールを後にバスは走ります。

Img_4878

さようなら~! カンガルーもお別れの挨拶~paper

次々と観察地へ移動bus

この日はランも見ました。ラン発見ではやっぱり大声が出ます~。ここのランは色白の綺麗なランでした。やったぁーheart04

Img_4845003 Img_4859003
スプレンディッドホワイトスパイダーオーキッド                                     ?

Img_4842 Img_4824
ハイビスカス                               

お次のハイライトは

Img_4912 Img_4936001

フッカーズバンクシア。 やっとバンクシア登場~!

Img_4913
フッカーズ・ バンクシア(Hooker'sBanksia)
学名: Banksia hookeriana

パース 北部の沿岸部ジェラルトン(Geraldton) 近郊の限られた地域に自生するバンクシア です。

Img_4933 Img_4935

これぞ、オーストラリアだぁーーsign03

こんな面白い子も・・・

まつ毛の長いこの子。超かわいい~~ウーリードラゴン?でいいのかしら?

Img_4897001

ガイドEmikoさんに教えて頂きました。ラムズウール(学名Lachnostachys eriobotrya) でした。ありがとうございます♪

Img_4896 Img_4960001

Img_4901 

外も暗くなり、盛りだくさんな一日がまた終わりとなります。

Img_4990

この日の宿はモラワの街。古いバーの残る味のあ~~るモーテルでした。色んな意味でね。楽しい思い出の宿となりました。(電気がつかない~とか水が出ない~とかね。でも、問題なし~)

Img_4999001

Img_4993

お水を出す瓶も素敵。田舎のモーテルでもこれですものね。

お水もおいしい、生ビールも美味しい~

疲れて寝ました、おやすみなさいsleepy

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

レシュール・ナショナルパーク3 @西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_4735

続いて、レシュール国立公園です♪ ランチはどんなの~?楽しみにパックを開けてみると、「おいしそう~restaurant」 バーガーのパンにいろいろ挟んで食べました。日本の5倍という紫外線は気になるけど、外は気持ちいいね~sun 

空気がクリアー。

広いし、人は少ないし・・・きっと、ばい菌がいないのよ~ 私風邪ひいたことないもの~ とは、ガイドEmikoさんの言葉。 へー、そんなもの・・・確かに・・・と、納得してしまったのでした。

Img_4737

マウント・レシュールを眺めながら大きなパンを頬張って食べました。文句なく美味しい~

毎日のように、サンドイッチを食べましたが、どのランチパックにも果物が入っていたり、お菓子が入っていたり、ケーキが入っていたり、心くばりが感じられてよかったです。

日本のお弁当より私は好きだな~ ここで言うのもなんですが・・・某山のホテルのお弁当、開けてみると、コンビニのおにぎりが3個、セロファンに包まれたお姿のまま、どでーんと鎮座してましたことを思い出してしまいまする・・・あれは無かったな~~~

ついでにランチ編と行きますか~♪

すべて撮っているわけではないですよーー

ある日は、こんなキャンプサイトで

Img_5949001

Img_5936 Img_5932

Img_5930

カンガルーもランチが欲しそう・・・

Img_5953

ある日は

Img_8062

街のベンチで

ある日はお腹すきすぎて、さっさとバスの中で・・・

Img_5002001

ある日は 、レストランでBBQ

ある日は、船着き場で鴨やかもめと一緒に

Img_8874

Img_8853 Img_8861_2

「おい。おまえさん、リンゴ食べるかい。

食べれないでしょ~」なんて、Tさんが意地悪言ってます。

野生の動物には食べ物はあげないよ~

Img_8746001  

ペリカンもいた~~!!

Img_8869

Img_8871 Img_8872

飛んでった~~ 羽を広げると結構大きい~~!!

と、まあ、色んな思い出いっぱいのおいしいランチばかりでした。

+++++

話は戻って、ここはレシュール・ナショナルパーク

さて、ランチを食べたすぐそばに、こんな看板が立っていました。

Img_4751001_3 Img_4752004_2
画像保存して、ぜひ読んでみて下さい。久しぶりに辞書を出してきた~笑

さっと、眺めてみると

diversity とかendemicとかendanger とかの文字が目に入ったから、きっとここレシュール・ナショナルパークの動植物は、とても貴重な固有種で、その多様性は素晴らしい。しかし、その多くは絶滅の危機に瀕している・・・と、書かれてるような感じです。

西オーストラリア州の南西側は世界の25あるホットスポットの内の一つで、ここでしか見られない動植物の宝庫です。特に、レシュールは一番多くの固有の動植物が生存しています。 

右側は

植物とその花粉を運んでくれる生き物との関係が興味深く書かれています。

それにしても、イラストが素敵。

綺麗です。分かりやすいです。

日本にも、こういうセンスの看板が欲しい!

↓こんな物もありました。

Img_4746Img_4750001

他からの土を持ってこないように靴の土の掃除です。

Img_4748001

これいいですね~♪

Img_4765

Img_4688004 Img_4688002
Isopogon  アイソポゴン(イソポゴン)

Img_4771003Img_4776001 
コーンフラワーの一種

Img_4788 Img_4799

オー、毎日長いブログを書いてます。

よー、やるわ~

洗濯物干してきます~

+++++

きのう、バリ島で何をする?の相談会をしました。

その時、ひとつ我がままな願いいい?と、私。

二人が寝てる間に、日の出ツアーというの行っていい?

バトゥール山という山に3時半起きで日の出を見に行くのですnight

当然、あと二人の旅友は行かないと・・・当たり前のように思ってました。

それが、それが・・・

事の成り行きが信じられない事に・・・

旅友二人、今日は時間があるの~と、好日山荘にさっさと向かい、登山靴買っちゃいました!えっ、買っちゃっていいの? 1700mの山よ! 大丈夫? 

それも、最初は見た目でしょ~! やっぱ、見た目が大事よね、私達!と言ってた二人。お店の人が出してきてくれた靴を見て、キャーキャーと、「これはないでょ~!水道工事の靴よ、これ!」って言ってた登山靴。その登山靴を結局二人してご購入~。

履き心地いいのよ~これ~ですって。。。

え、さっき、これはないでしょ~~!言ってたじゃん!ありえないって!!!

あー、AB型の方はようわからん!!!

私、一緒に行こうなんて一言も発してませんから・・・

でも、一緒に行ってくれると楽しそう~!

私、グランドキャニオンで息子と一緒に日の出ツアー行ったことあるのよ。買ったからには登るよ~~!!!ですって。行けば行ったで素晴らしい経験が待ってるのよ~なんて、息荒くなってきましたぞ!

バリ島はそうとう珍道中になりそうですdash lovely

では

*****

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

レシュール・ナショナルパーク@西オーストラリア・ワイルドフラワー

Img_4253001
朝一で、インド洋を見に・・・ジュリアン ベイへ
このずっと先はアフリカのどのあたりでしょう?
やっぱり空が高い。

夜中、物凄い雨の音で目覚めました。かなり降っている様子、例年、9月に入ると雨は少なくなるのですが、今年は8月あまり降らず、9月に入ってから雨が多いのだそうです。旅では お天気が気になりますよね。

朝起きてみると、どうにか雨は止んでました。

よっしゃー、この調子でお願いね!思わず天気の神様と交信です?!

私、晴れ女だから~!!!と、大きな声で豪語するTさん。

私も~! と、Mさん。

ほー、私の他に、晴れ女が2人もいるのね。じゃー、大丈夫だぁ!笑

さ、みんな笑顔で出発です~bus

Img_4320 Img_4299001
レッド&グリーンカンガルポー WAの州花です        キャッツポーCat's Paw

初めて野生のレッド&グリーンカンガルーポーを見ました。

花壇に並んだカンガルーポーもいいけど、どんな花でも、やはり本当の姿を見てやりたいものです。おおー、おまえさんはこんな所で生きてきたのね。荒野に吹く風に揺れる姿は頼もしいものでした。

右はキャッツポー 背丈はせいぜい20cm程度、色んな所で見れました。

どちらもハエモドルム科 ご親戚です。

Img_4353
ウインターベル  Winter Bell

もう一つ、これもご親戚。 少し枯れかけかな? 本当は赤い花かな?

Img_4354001

花の開き方が似てますね。このカンガルーポーの仲間は大きく分けて12種類あるみたいです。

さぁて、この日は レシュール・ナショナルパークに行きました。貴重な植物が自生する保護地域で、ジュリアンベイの東に広がっている国立公園です。

Img_4332

Img_4327

ここ、私大好きでした!こんなまっすぐの道がマウント・レシュールに向かって続きます。振り返ると遥か彼方にインド洋です~!周りは広野あるのみ。わぉっ!凄いよ~!凄いよ~!凄い景色だ~!と、皆の顔が輝きます!パチパチ写しましたが、その迫力を出せた写真は一枚もありませんでした。

Img_4527002

↓マウント・レシュールというのはこんな台形の山です。

Img_4650

今日も下を覗きこみながら、ブッシュの中を歩きます~shoe

Img_4339

辺りは、白いスモークブッシュと花序を突き出したグラスツリーで埋め尽くされ、独特な風景。わぁー、オーストラリアっぽい!感嘆の声ばかりあげてました。up

Img_4448002

いかにもカンガルーやエミューが出てきそうですね♪

Img_4528002

看板のカーボーイハットをかぶったおじさんのイラストいいでしょ~?! 日本の看板はこうはいかない・・・

ここでもたくさんの花を見ましたよ。

Img_4349
ピクシーモップPixie Mops ( Petrophile linearis )
妖精のモップという意味
 

Proteaceaeヤマモガシ科 Petrophile ペトロフィリの仲間です。

Petroはギリシャ語のpetra(岩)とphileo(愛する)から

Img_4441003

黄色い種類もありました。

Img_4648
ペトロフィリ・ブレビフォリア (Petrophile Brevifolia)

花が咲いてる写真が欲しいですね。誰かないかな?

Img_4446001 Img_4428001
Winged Stakkuhousia ウイングド・スタックホウシア 飛べるホウシアかな?

Img_4426
バイオレット エレメア Violet Eremaea  フトモモ

Img_4411001
ポージー トリガープラント 

トリガープラントって面白い仕掛けを持っている花なんですよ~。詳しくはまたね。

Img_4519
キャッツポー

Img_4676 Img_4684
ベルフラワー

あー、さすがに載せるの、疲れてきました。

この辺で

+++++

オーストラリアでは、「今は春。早春よ!」と、皆で言い合ってました。じゃないと、どうも感覚が慣れません。なのに、帰ってくると、いつの間にか 夏だった横浜も秋に変化していました。

今日は、目の前の小学校で大運動会。 賑やかな歓声を聴きながら、ブログを書いています。木々も少し色付いてきています。気分を秋に変えなくちゃ~です。

でもでも、日曜日からバリ島に行きます。

また今度は夏に戻らねば・・・

体に気をつけます。

今年は夏が異常に暑かったから、みんな体が弱ってます。

皆さまも 秋バテしないようにお過ごし下さいね。

長旅だったのに、不思議なほど疲れていません。

このままの元気をバリ島まで繋げる予定です~annoy

+++++

そうそう、パースのガイドのEmikoさんからメールを頂きました。余りの植物熱心なお客にお疲れの様子でしたが、彼女らしく元気復活してらっしゃるみたいでした。

もし間違っている名前があったら、ご指摘頂けると期待してます~♪

では

*****

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

九州、花の観察ツアー

Img_3393
 2013.9.11  紫のヒゴタイ 素敵でした。

九州の花旅から帰ってきました。

とっても楽しかったです。

でも、頭は少し疲れました。

何故かって・・・

ほとんどの植物が初めての植物。

名前を覚えるのが大変で・・・

ノートに記した名だけでも91種類。

驚きです~笑

多くの絶滅危惧種にも出会えました。

今はどれほど凄い事だったのかも分かっていない私ですが、きっと何年後かには、ほー、それも私見たわ~!等と自慢げに言っているのかもしれませんね。

今回もとても素晴らしい植物マニアの方達とご一緒出来ました。

ご縁を大切にして、マイペースで花を楽しんでいきます。

Img_3210

最後に訪れた九重連山のふもと長者原・タデ原湿原。 

開けた景色が気持ちいい~

Img_3232001

3日間、高橋先生を先頭にこんな感じで歩きました。一枚こういう写真があると、懐かしくなって、ふと微笑んでしまいます。

また、少しずつ書いていきますね。

今日は真面目に主婦をします。笑

では

*****

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

作並温泉で

作並温泉での朝、宿の周りをマクロレンズをつけて歩いてみました。

せっかく重いのを持ってきたから、写さねばね。

Img_4157

宿の近くにこけし店が。東北らしくてパチリcamera

広瀬川に架かる橋では

Img_4168

クマシデ?の木に実がたくさんなっていました。イヌシデ、アカシデとクマシデ。よく似てますが、ざっと見た雰囲気的にクマシデのような気が・・・違うかな・・・?

あとは・・・歩けど歩けど、なーんにも咲いてない。

でも、これだけはたくさん見れました。

Img_4148

ゲンノショウコ。 

Img_4153001

実になりかけてました。

ゲンノショウコの実は面白いですよね。

先がはじけて御神輿のような形になるのでミコシグサとも呼ばれます。

Img_9167

二年前に撮った写真です。下から上の方にめくれ上がるのですね。

御神輿に見えますか?

せっかくマクロレンズ入れていったけど、結局ゲンノショウコしか写せませんでした。でも、朝一人でのお散歩、清々しい空気が気持ち良かったです♪

+++++

今日はネットでレンズを注文しました。

少々迷っていましたが、これから海外に行く機会も増えて広大な景色が撮りたいので、CANON ズーム広角レンズ 17~40mmのレンズにしました。楽しみです~♪

では

*****

| | コメント (0)

2013年7月30日 (火)

思いがけず尾瀬

特急スペーシアで尾瀬から帰ってます。
今日は朝起きると、大雨警報が出ていました。
残念ですが、田代山は中止にして、尾瀬沼まで行ってきました。
でも、大好きな大江湿原に行けてハッピー♩

お天気も帰りにはピッカーン!と晴れ渡りいい一日でした。
ニッコウキスゲも少し残っていて、今回も魅力的な尾瀬でした。
詳しくはまた〜

Image

Image_3
いい笑顔でしょ?!

Img_3880001

では
*****

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

駒止湿原

Image

会津高原のホテルの部屋より
初めてI pad でブログ書いてます。

雨は少々降りましたが、久しぶりの駒止湿原はコバノギボウシでかわいく紫色に染まっていました。

カキランやコオニユリ、キンコウカもきれい。

Image_2

Image_3


明日は田代山です。

では
*****

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

乗鞍&千畳敷のお花畑

乗鞍と千畳敷から帰ってきました。 アルパインツアー・ネイチャリング事業部の花の観察会ツアー、そして高橋先生のツアーです。

沢山の高山植物をみてきて、頭は興奮気味です。

Img_2454

↑乗鞍・畳平はチングルマや黒百合の花がぎっしり~

嬉々として大興奮のお花畑が広がってました。

Image_1001

帰るときに写した木曽駒が岳・千畳敷です。

久しぶりの真っ青の青空だそうです。

とてもいいツアーでした♪

詳しくは また明日

では

*****

| | コメント (0)

より以前の記事一覧